By Comnena / 最後の更新 2021年05月06日

豆知識GPTはGUIDパーティションテーブルの略で、以前のMBR(マスターブートレコード)と比較して、ディスクをパーティションするためのより良い機能を提供します。また、Windows 32-bitオペレーティングシステムを除いて、ほとんどのWindowsオペレーティングシステムで広く使用できるようになります。

GPT保護パーティションエラーについて

内蔵または外付けHDDをWindows XP(またはそれ以降)、32-bitオペレーティングシステムに接続すると、ドライブにアクセスできない場合があります。この時、ディスクの管理では、ドライブにGPT保護パーティションがあると報告されています。

保護されたディスクを右クリックすると、使用可能なオプションがないことがわかります。つまり、ドライブを再パーティション化および再フォーマットすることはできません。実は、このドライブは、以前はWindowsまたはMacコンピューターのGPTパーティションで初期化されていました。

gpt保護パーティション

DiskpartでGPT保護パーティションを解除する方法

以上の状況が発生した時、ディスクの管理またはDiskpartが必要です。GPT保護パーティションと表示されるドライブを見つけます。そして、Diskpartを使用してGPT保護パーティションを削除します。

注意:Diskpartは、ディスクからすべてのデータとパーティション構造を削除します。したがって、重要なデータがある場合は、事前にファイルをバックアップする必要があります。

具体的な方法は以下:

手順 1. GPT保護パーティションのディスク番号を見つけて覚えておいてください。

1) 「コンピューター」または「PC」を右クリックし、コンテキストメニューから「管理」を選択します。

2) ポップアップウィンドウで「ディスクの管理」を選択します。

3) GPT保護パーティションを見つけ、そのディスク番号を覚えておいてください。

手順 2. Windows 7/8/10でGPT保護パーティションを削除します。

1) 検索ボックスに「cmd」と入力し、「管理者として実行」を選択します。

2) コマンドプロンプトでdiskpartと入力し、Enterキーを押します。

3) 次のコマンドを順番に入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

>>list disk

>>select disk n(nはGPT保護パーティションのディスク番号です。)

>>clean

>>convert mbr

>>exit

gpt保護パーティション

Diskpartを使用して、GPT保護パーティションをクリーンアップし、GPT保護パーティションをMBRに変換することをお勧めします。ただし、常に成功するとは限らず、次のようなエラーメッセージが表示されます。

✦ 指定したディスクをMBRに変換できません。

✦ 変換する空のGPTディスクを選択してください。

データを失うことなくGPT保護パーティションを解除する方法

DiskpartはGPT保護パーティションを削除できますが、その前提は管理者として実行することです。多くのユーザーはDiskpartコマンドプロンプトについてよく知らないので、重大な問題が発生する可能性があります。そして、Diskpart Cleanコマンドではデータを失う可能性があります。ディスクをMBRに正常に変換するとも限りません。

したがって、データを失うことなくGPT保護パーティションを正常に解除するには、AOMEI Partition Assistant ProfessionalなどのGPT保護パーティション削除ツールを使用することをお勧めします。

AOMEI Partition Assistant Professionalは、Windows PCユーザー向けに開発されたディスク管理のソフトウェアです。ディスク上のデータを消去することなく、GPT保護パーティションを削除することができます。Windows 10/8/7/XPを含むほぼすべてのWindows OSをサポートします。

では、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用してGPT保護パーティションを削除する方法を紹介します。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードし、インストールして起動します。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 2. GPT保護パーティションを右クリックし、「MBRディスクに変換」を選択します。

gpt保護パーティション

ステップ 3. 「はい」をクリックして、ディスクをGPTからMBRに変換することを確認します。

gpt保護パーティション

ステップ 4. 「適用」をクリックします。

gpt保護パーティション

ステップ 5. 「適用」をクリックした後、操作全体が表示され、問題がなければ、確認し、「続行」をクリックして「GPTをMBRディスクに変換」操作が行われます。

gpt保護パーティション

PS:Windows ServerでディスクをMBRからGPTに、またはGPTからMBRに変換する必要がある場合は、AOMEI Partition Assistant Serverを試すことができます。

まとめ

diskpart cleanコマンドは、GPT保護パーティションを削除するのに役立ちます。ただし、データは永久に失われる可能性があります。さらに、Diskpartを使用してGPT保護パーティションをMBRに正常に変換するとは限りません。

データを失うことなくGPT保護パーティションを削除するには、AOMEI Partition AssistantのようなGPT保護パーティション削除ツールが必要です。初心者であっても、すべての手順は非常に簡単です。さらに、このソフトウェアはパーティションを移動、SSDへOSを転送、CDブータブルを作成、FAT32からNTFSに変換など、より多くの機能を提供します。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。最後までありがとうございます。