ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月05日

Windowsが正常に起動せず、「Invalid Partition Table」エラーメッセージが表示されます?リラックス!ここでは、ステップバイステップでWindows 10/8/7でパーティションテーブルを修復する方法を紹介します。

悩み:Invalid Partition Table!

数日前、主なドライブのクローンを作成し、パーティションを削除し、Windows 10の再インストールを実行しましたが、失敗してしまったのです。そのため、パーティションを再度削除し、バックアップを同じドライブに再度クローンしましたが、「Invalid Partition Table」エラーがWindowsのロード前に黒い画面で表示されます。誰かパーティションテーブルを修復する方法を知っていますか?お教え頂けませんか?

Invalid Partition Table

詳細:「invalid partition table」

豆知識:

● パーティションテーブル(partition table)とは、ハードディスクの記憶領域内にパーティションに関する情報を記録したものである。ハードディスクの記憶容量全体を、複数のパーティションに分割(論理的に分割)して利用することができるため、それぞれのパーティションに関する情報(アクティブパーティションであるかどうかを示すブート識別子、パーティションの開始位置と終了位置、パーティションのID、ファイルシステムの種類を示すシステムIDなど)を記録したものがパーティションテーブルである。

● BIOSで管理される古いパソコン(PC/AT互換機)などの場合はMBR(マスターブートレコード)の一部として記録されており、一つの装置にパーティションを4つまで作成することができる。一方、EFI/UEFIが導入された新しい設計のパソコンなどではGPT(GUIDパーティションテーブル)が用いられ、最高で128個までのパーティションに分割することができる。

ほとんどのWindows起動問題の主な原因は破損したパーティションテーブルとMBRに繋がります。「invalid partition table」とは、パーティションテーブルが破損または欠落し、オペレーティングシステムがブート元のパーティションを見つけられないことを意味します。そのため、ブートプロセスは停止しています。

パーティションテーブルを修復する方法は?

通常、パーティションテーブルを修復するには、Windowsインストールディスクを使用する必要があります。しかし、ほとんどのユーザーは持っていません。ここでその対応の解決方法を紹介します。

状況 1. インストールCD/DVDがある場合、パーティションテーブルを修復!

WindowsのインストールCDまたはDVDが利用可能になっているなら、CDまたはDVDを使用してコマンドプロンプトにアクセスし、Windows 10/8/7の破損したパーティションテーブルを修復することができます。

ステップ 1. インストールディスクをお使いのパソコンに接続し、パソコンをディスクから再起動します。

ステップ 2. 起動後、コマンドプロンプトを実行します。

● Windows 7パソコンでは、「CD/DVDから起動するにはいずれかのキーを押してください…」というメッセージが表示されます。では任意のキーを押しディスクから起動します。言語とキーボードレイアウトを選択してから、[次へ]をクリックします。OSを選択して[次へ]をクリックします。[システム回復オプション]画面で、[コマンドプロンプト]をクリックします。

● Windows 8/8.1/10パソコンの「ようこそ」画面で、[コンピューターを修復する]→[トラブルシューティング]→[コマンドプロンプト]を順にクリックします。

ステップ 3. コマンドプロンプトが正常にロードされたら、次の2つのコマンドを実行します:

bootrec /FixMbr

bootrec /FixBoot

状況 2. このソフトウェアでインストールCD/DVDを持っていない場合もエラーを修復できる!

Windowsセットアップメディアを持ってなければ、AOMEI Partition Assistant Pro版を使用して簡単にパーティションテーブルを修復できます。このソフトウェアの[MBRを再構築]機能を使用すると、簡単かつ安全に破損したパーティションテーブルを修復することができます。

Windows 10/8/8.1/7/XP/Vistaで利用可能ですので、お気軽に試してみてください。次は、Windows 10/8/7で破損したパーティションテーブルを修復する方法です。

ステップ 1. 損傷したMBRディスクのあるコンピュータにAOMEI Partition Assistant Proの体験版を無料ダウンロード、インストール、実行します。

ステップ 2. 作業中のコンピュータに空のUSBを挿入し、ソフトウェアを介してブータブルメディアを作ります。(ブータブルCD/USBには、AOMEI Partition Assistant Pro版がインストールされています)。ここで、ブータブルUSBを例とします。

ブータブルメディアを作ります

ステップ 3. 作成したブータブルUSBを起動エラーのあるコンピュータに接続します。BIOSで起動順序を変更し、USBメモリから起動します。ログインすると、AOMEI Partition Assistantが自動的に起動します。

ステップ 4. そのメインインターフェースで、システムディスクを右クリックし、[MBRを再構築]を選択します。

MBRを再構築

ステップ 5. この画面では、適切なMBRタイプを選択し、[はい]をクリックします。

MBRタイプを選択

ステップ 6. メインインターフェイスに戻り、[適用]と[続行]をクリックして保留中の操作を確定し、パーティションテーブルを修復しましょう~

パーティションテーブルを修復

結論

Windows起動時の「Invalid partition table」エラーについては、Windowsインストールディスクの有無にかかわらず、パーティションテーブルを修復する方法があります。二つの中で、AOMEI Partition Assistant Proのほうが操作しやすいです。このツールではシステムディスク上のMBRを修復するだけでなく、外付けHDD上のMBRも修復できます。