By Comnena / 最後の更新 2022年09月22日

SanDisk SSDについて

SanDisk Extreme

SanDiskはSSD(ソリッドステートドライブ)がユーザーにより優れたコンピューター体験をもたらすことを宣言します。SSDは従来のHDDより高度な技術で確かにより良い性能をもたらします。SanDisk SSDはいくつかのシリーズを含みます。例えば、ポータブルSSD SanDisk Extreme 900/510/500、2.5” Internal SanDisk Ultra II /Extreme Pro/Plus/Ready Cache SSD、SanDisk Ultra II mSATA SSD for mSATA formです。
SanDisk SSDはWindows OSと強い互換性があります。それはPCでSanDisk SSDの使用数が増加している理由です。そのため、SanDisk SSDに換装しても、頼もしいSanDisk SSDクローンソフトウェアが必要です。

最高のSanDisk SSDクローンソフトは何ですか?

多くのユーザーは、「SanDisk SSDにはクローン作成ソフトウェアが付属していますか?」と質問するかもしれません。SanDisk SSD Notebook Upgrade Tool Kitにはクローンソフトウェアが付属しており、ユーザーがデータ、アプリケーション、およびオペレーティングシステムをクローンするのに役立ちます。このキットには、ステップバイステップの説明と、ドライブを接続するための高速USB3.0-SATAケーブルが含まれています。約25ドルを支払うことで、このクローンソフトウェアを使用して、すべてのデータを1つのハードドライブからSanDiskSSDドライブに移行できます。

SanDiskデータ移行ツール

このほかにも、SanDisk SSDクローンソフトは2つあります。この2つのSanDisk SSDツールとその使い方についても、以下で詳しく説明します。

SanDisk SSDツール1:Acronis True Image WD Edition

Acronis True Imageはアクロニス社のストレージバックアップおよび管理ソフトウェアです。従来のバックアップソフトウェアとは異なり、オペレーティングシステム(OS)を起動したままハードディスクドライブ(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)などのコンピュータストレージのバックアップができるソフトウェアソリューションです。

OSなどのシステム領域、アプリケーションソフトウェア(アプリケーション)、各種設定、ユーザードキュメントファイルなどをすべて保存し、ストレージを丸ごとイメージファイル化するため、PC全体のバックアップ、または復元が数分でできます。OSやアプリケーションのクリーンインストールに比較すれば大幅に作業を減らし、時間を節約します。バックアップファイルさえあれば新しいハードディスクにも復元が可能です。初心者でも使用できる操作性が高いソフトウェアとして、Acronis True Imageは全世界における賞受賞歴があります。

注意:「Acronis True Image WD Edition 」はSanDisk/Western Digitalの製品にのみ対応しています。

Acronis True ImageでSanDisk SSDにクローンします

次に、Acronis True Image WD EditionでSanDisk SSDにクローンする手順を示します。

手順 1. SanDisk SSDをコンピューターに接続します。検出できることを確認してください。このプログラムを起動して、「ツール」と「ディスクのクローン作成」をクリックします。

ディスクのクローン作成

手順 2. 自動(推奨)または手動モードのどちらを使用するかを選択します。次に、「次へ」をクリックします。

自動(推奨)

手順 3. ソースHDDを選択します。次に、「次へ」をクリックします。

ソースHDDを選択

手順 4. ターゲットドライブとしてSanDisk SSDを選択し、「次へ」をクリックします。

SanDisk SSDを選択

手順 5. 「除外する対象」手順で、クローンしないファイルとフォルダを指定します。

手順 6. 終了ステップで、構成された設定がニーズに合っていることを確認します。次に、「続行」をクリックします。

手順 7. プロセスが完了するのを待ちます。次に、このプログラムは、実行する次のステップを通知します。

プロセスが完了

Acronis True ImageでHDDをSanDisk SSDにクローンすることはできますが、Acronis True Imageがハードドライブを見つけられない、Acronisクローンディスク操作が失敗するなど、操作中に多くの問題が発生する可能性があります。HDDをSSDにクローンするための信頼性が高く柔軟なツールが必要な場合は、他のSanDisk SSDクローンソフトを使用することをお勧めします。

SanDisk SSDツール2:AOMEI Partition Assistant Standard

別の無料のSanDisk SSDクローンソフトであるAOMEI Partition Assistant Standardは「ディスククローン」と「パーティションクローン」の機能があるため、ハードドライブのブランドに関係なく、すべてのデータを1つのパーティションまたはディスク全体から別のSSD/HDDに移行することができます。これは、Crucial、Samsung、Kingston、SanDisk、Seagate、WD、Intelなどを含む複数のHDD/SSDブランドをサポートする優れたクローンソフトウェアです。

また、「ディスクの高速クローン」機能で小容量のSanDisk SSDに大きいサイズのディスクをクローンできます。これで、SanDisk SSDクローンソフトウェアを無料でダウンロードできます。そして、データ移行タスクを完了するための手順に従います。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

AOMEI Partition AssistantでSanDisk SSDにクローンします

次に、AOMEI Partition AssistantでSanDisk SSDにクローンする手順を示します。SanDisk SSD(ターゲットディスク)上のすべてのデータは移行中に消去されるため、必要なファイルを事前にバックアップしてください。

手順 1. 新しいドライブを適切にインストールした後、Windowsはそれを検出できることを確認してください。そしてAOMEI Partition Assistant Standardをインストールし、起動します。クローンしたいディスクを選択して右クリックし、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

手順 2. この例では2つのディスククローン方式から「ディスクの高速クローン」を選択して、使用された部分だけをクローンします。

ディスクの高速クローン

手順 3. SanDisk SSDをターゲットディスクとして指定します。「SSDの性能を最適化」をオンにします。

ターゲットディスクを指定

手順 4. 次のウィンドウでターゲットディスク上のパーティションサイズを編集できます。

ディスク編集

手順 5. ここで結果をプレビューできます。問題がなければ、「適用」>「続行」をクリックして操作を実行します。

適用

★ヒント:
システムディスクをSanDisk SSDドライブにクローンする場合、クローン作成後にターゲットSanDisk SSDからコンピューターを正常に起動するには、ソースディスクを削除するか、BIOSで起動設定を変更する必要があります。
データをMBRシステムディスクからGPTに、またはGPTからMBRに、GPTからGPTに移行する場合は、Professional版にアップグレードしてください。

まとめ

グラフィカルユーザーインターフェースを持つ無料SanDisk SSDクローンソフトウェアAOMEI Partition Assistant Standardを使用して他のドライブにデータを簡単に移行できます。一方でこのソフトウェアを使用して、SanDisk SSDにデータを移行することもできます。ご覧のように、ディスクとパーティションのクローンの他に、それはFAT32とNTFS間で変換、ドライブ文字を変更、不良セクタをチェック、パーティションをリサイズ/フォーマット/作成/削除/結合できます。これらの機能で、Cドライブを縮小、パーティションまたはディスクをFAT32に再フォーマットできます。

AOMEI Partition Assistant ProfessionalとAOMEI Partition Assistant Serverは無料ソフトウェアの高度なバージョンです。どちらも、1つのパーティションから空き容量を他に割り当て、MBRとGPT間でシステムディスクを変換、ダイナミックディスクやボリュームを管理するなどの機能があります。前者は、1つのライセンスで2 PCにこのソフトウェアをインストールし、後者はWindows Serverユーザーのためにデザインされます。