By Akira / 最後の更新 2022年11月11日

GPTとMBRについて

MBRとGPTは、ハードディスクの形式です。MBRは、マスターブートレコードの略で、2TBまでの4つのプライマリパーティション、または3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションをサポートできます。パソコンのマザーボードのほとんどは、BIOSのみをサポートしており、MBRにインストールされているので、多くのユーザーが、常にMBRディスクにWindowsシステムをインストールします。

GPTは、GUIDパーティションテーブルの略称です。これは、オペレーティングシステムとプラットフォームファームウェアとの間のポートであるEFIの一部です。GPTは、MBRディスクの2TBの制限を破って大容量の空間を充分に利用することができます。そして、GPTディスクは、無制限のパーティションをサポートします。各GPTパーティションは、固有の識別GUIDとパーティションコンテンツタイプを有しています。そして、より多くのプライマリパーティションを持つことができます。ただし、Windowsの実装は、128のパーティションに制限しています。

詳しい情報については:こちらをご覧ください。

エラーの原因

クリーンインストールを実行したい場合や、起動時にコンピュータにクラッシュが発生した場合は、コンピュータにWindowsをインストールまたは再インストールする必要があります。しかし、Windowsをインストールするパーティションを選択するときに、「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません。」というエラー情報が表示されます。

原因の一つはブートモードの設定が間違っています。例えばブートモードがLegacyになっている場合は、GPTパーティションを認識できないため、エラーになります。

また、もう一つの原因は、マザーボードがLegacyとUEFIまたはCSMブートの両方ではなく、Legacy BIOSのみをサポートしているためです。Legacy BIOSはGPTパーティションを認識できないため、WindowsをMBRディスクにのみインストールできます。この状況でGPTディスクをMBRディスクに変換する必要があります。

方法1.BIOSでブートモードを変更する

もしBIOSではUEFIマザーボードがありますが、ブートモードの設定が間違っている場合、以下の操作でUEFIに設定してください。

ステップ 1. BIOSに入ってブートモードの設定を確認してください。ほとんどのマザーボードはLegacyブートとUEFIブートの両方をサポートするので、手動で変更できます。BIOSに入ってブートモードをCSM Bootに設定するか、あるいは「Both」オプションがあれば選択します。

ステップ 2. 変更が完了したら、F10キーを押して、変更を保存します。

方法 2. DiskpartでGPTディスクをMBRディスクに変換する

もしBIOSではUEFIマザーボードがない場合、GPTディスクをMBRディスクに変換することしかないです。Windows 11/10/8/7などでDiskpartを使用してGPTからMBRにディスクを変換することができます。

「スタート」ボタンをクリックし、検索ボックスに「cmd」と入力し、プログラムを右クリックし、「管理者として実行」を選択し、プロンプトを開き、「diskpart」と入力し、「Enterキー」を押し、Diskpartプログラムを開きます。次に、構文を使用してGPTディスクからMBRディスクに変換できます。ここでは、ディスク1をMBRディスクに変換することを例とします。

ステップ 1. Diskpartコマンドに「list volume」と入力し、GPTディスクにボリュームがあるかどうかを確認します。次に、すべてのボリュームが表示されます。

ステップ 2. 「list disk」と入力し、「Enterキー」を押します。ここで、コンピュータ上のディスクがすべて一覧表示されます。ここで変換するディスクを覚えておいてください。

ステップ 3. 「select disk 1」と入力し、「Enterキー」を押し、ディスクが選択されます。

ステップ 4. ディスクを選択した後、Diskpartコマンド「convert mbr」と入力し、「Enterキー」を押し、GPTからMBRディスクに変換します。

MBRに変換

操作を終了した後、コマンドプロンプトをシャットダウンして通常の方法でコンピュータにWindowsシステムをインストールします。手順は簡潔であるようですが、最大の不足は、すべてのデータとファイルがクリーンアップされるということです。GPTディスクのファイルをバックアップしなかったら、それは大変になります。また、プログラムについての専門的な知識を持っていない場合は、この方法が推奨されていません。

コンピュータ専門的な知識の欠如している一部のユーザーにとっては、サードパーティ製のソフトウェアを使用してMBRにGPTを変換することが最高のチョイスになります。多くのサードパーティ製のソフトウェアのうち、AOMEI Partition Assistant Professionalは、ディスクを変換できる最良のツールです。最も強力な機能がデータを失わずに、GPTとMBRの間でディスクを変換することです。

詳細手順は?上述のようにAOMEI Partition Assistant Professionalというエディションは、MBRとGPT間での変換が簡単に行えます。次はGPTディスクをMBRディスクに変換する詳細手順を見てみましょう:

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Proをダウンロードしてインストールします。そして起動します。(以下の画像を参照してください)

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

AOMEI Partition Assistantをダウンロード

ステップ 2. MBRディスクに変換したいGPTディスクを右クリックして「MBRディスクに変換」を選択します。

MBRディスクへ変換を選択

ステップ 3. ポップアップウィンドウで変換操作を確認して「はい」をクリックしてください。

はいをクリック

ステップ 4. すると、メイン画面に戻ります。ここで、保留中の操作が表示されます。確認後、問題なければ「適用」をクリックして変更をコミットしてください。

適用をクリック

まとめ

以上は「選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません。」エラーを修復する三つの方法になります。かなり簡単でしょう?ご参考になれば幸いです。

また、AOMEI Partition Assistantを利用して、パーティションを簡単に最適化することができます。そして論理パーティションにプライマリを変換したり、NTFSにFAT/FAT32を変換したり、SSDにOSを移行したりすることができます。されに、「Windows To Go Creator」という機能を使用して、ポータブルWindows8を作成することができます。それは確かに強力なディスクパーティションコンバーターです!