ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月03日

ヒント: AOMEI Partition Assistant が、データを失うことなく、MBRとGPTとの間でディスクパーティションスタイルを変換できるオールインワンで信頼性の高い MBR/GPTディスクコンバータや管理ソフトウェアです。

PCのフォーラムでこのことについての議論が沢山あります。ここで、いくつかを例として挙げます:

● 私はWindows 8パーティションの隣の100GBを持つパーティションにWindows7をインストールしようとしています(デュアルブート)。ディスクもうまく動作しています。しかし、「選択されたディスクはGPTのパーティションの形式であります」というエラーで私はパーティション(ディスク0のパート5)を選択することはできません。

● パーティションにWindows Server 2008 R2をインストールしようとしました。パーティションを選択したら、「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクは GPT のパーティションの形式であります」と表示されます。

● ZenbookにWindows 7を消去し、Windows8をインストールしようとしますが、「このディスクに Windows をインストールすることはできません。選択されたディスクは GPT のパーティションの形式であります」という迷惑なエラーメッセージが表示されます。

Windowsシステムを再インストールするときに「選択されたディスクは GPT のパーティションの形式であります」という問題に会ったユーザーが沢山います。この問題を分析する前に、いくつかの定義を明確にする必要があります。 まず、2つのパーティション・スタイル‐GPTとMBRのことを知る必要があります。

MBRとGPTは、ハードディスクの形式です。 MBRは、マスターブートレコードの略で、2TBまでの4つのプライマリパーティション、または3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションをサポートできます。パソコンのマザーボードのほとんどは、BIOSのみをサポートしており、MBRにインストールされているので、多くのユーザーが、常にMBRディスクにWindowsシステムをインストールします。

GPTは、GUIDパーティションテーブルの略称です。これは、オペレーティングシステムとプラットフォームファームウェアとの間のポートであるEFIの一部です。 GPTは、MBRディスクの2TBの制限を破って大容量の空間を充分に利用することができます。 そして、GPTディスクは、無制限のパーティションをサポートします。各GPTパーティションは、固有の識別GUIDとパーティションコンテンツタイプを有しています。そして、より多くのプライマリパーティションを持つことができます。ただし、Windowsの実装は、128のパーティションに制限しています。

上記の説明から見れば、MBRよりGPTディスクの方が優れるんでしょう、残念ながら、ほぼのコンピュータがEFIマザーボードを持っていないし、GPTディスクを使用することはちょっと無理です。特定の場合では、それはGPTディスクの最大不足です。前述したように、多くの人がGPTディスクにWindowsシステムをインストールすることはできません。

それがなぜですか?上記の分析内容に基づいて、GPTからWindowsを起動するために、マザーボードは、UEFI(EFIブート&BIOSブート)をサポートする必要があります。そうでなければ、起動するようにMBRを使用する必要があります。詳しい情報については:こちらをご覧ください 。

「最も簡単な方法」にご注意ください。フォーラムで検索すれば、利用できる方法が沢山見つけられるんですけど、ここで、我々は最も簡単な方法「MBRにGPTを変換」をお勧めしたいと思います。

いくつかの技術やコンピュータのフォーラムでは、技術者は、プログラムコードによって実行されるDiskpartを使用してMBRにGPTを変換するというアドバイスを与えました。具体的な手順は、以下のとおりです。

● WinディスクまたはUSBブータブルハードドライブを使用してシステムインストールのインターフェイスに入ります。そして、「Shift+F10」キーを押してコマンドプロンプトを開きます。

● 「DiskPart」(引用符を入力しないでください、以下も同様に)を入力してから「Enter」キーを押して操作インターフェイスに入ります。

● 「list disk」を入力してハードディスクのプロパティを確認します。選択するハードディスクの容量にもっと注意を払ってください。通常、ディスク0は、ハードディスクで、ディスク1は、wins7をインストールしたUSBドライブです。

● 「select disk 0」を入力してディスク0をターゲットとして選択します。

● 「clean」を入力して現在のハードディスクのパーティションをクリーンアップします。

● 「convert mbr」を入力してMBRにGPTを変換します。

● 「create partition primary size = xxx」を入力してプライマリパーティションのサイズを作成します。

● 「format fs = ntfs quickl」を入力してすぐにNTFSにディスクをフォーマットします。

● 「exit」を入力して操作を終了します。

● 「exit」を入力してコマンドプロンプトをシャットダウンします。

操作を終了した後、コマンドプロンプトをシャットダウンして通常の方法でコンピュータにWindowsシステムをインストールします。手順は簡潔であるようですが、最大の不足は、すべてのデータとファイルがクリーンアップされるということです。GPTディスクのファイルをバックアップしなかったら、それは大変になります。また、プログラムについての専門的な知識を持っていない場合は、この方法が推奨されていません。

コンピュータ専門的な知識の欠如している一部のユーザーにとっては、サードパーティ製のソフトウェアを使用してMBRにGPTを変換することが最高のチョイスになります。多くのサードパーティ製のソフトウェアのうち、AOMEI Partition Assistant Professionalは、ディスクを変換できる最良のツールです。最も強力な機能がデータを失わずに、GPTとMBRの間でディスクを変換することです。

詳細手順は?上述のようにAOMEI Partition Assistant Professionalというエディションは、MBRとGPT間での変換が簡単に行えます。次はGPTディスクをMBRディスクに変換する詳細手順を見てみましょう:

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Proをダウンロードしてインストールします。そして起動します。 (以下の画像を参照してください)

AOMEI Partition Assistantをダウンロード

ステップ 2. MBRディスクに変換したいGPTディスクを右クリックして「MBRディスクに変換」を選択します。

MBRディスクへ変換を選択

ステップ 3. ポップアップウィンドウで変換操作を確認して「はい」をクリックしてください。

はいをクリック

ステップ 4. すると、メイン画面に戻ります。ここで、保留中の操作が表示されます。確認後、問題なければ「適用」をクリックして変更をコミットしてください。

適用をクリック

かなり簡単でしょう?この強力なパーティションコンバータでは、パーティションを簡単に最適化することができます。そして論理パーティションにプライマリを変換したり、NTFSにFAT/ FAT32を変換したり、SSDにOSを移行したりすることができます。されに、「Windows To Go Creator」という機能を使用して、ポータブルWindows8を作成することができます。それは確かに強力なディスクパーティションコンバーターです!