By Asher / 最後の更新 2022年06月13日

サーバー移行ツールとは?

Windows Server移行ツールは、あるWindows Serverから別のWindows Serverにデータを移行する機能を提供します。通常、これを使用して、サーバー機能、OS、設定、およびWindows Serverファイルをサーバー間で移行できます。これは一般的に、ユーザーがシステムまたはハードウェアをアップグレードしたいときに実行されます。

多くの人は、サーバー移行ツールを使用してWindows Server OSを別のサーバーに移行したいと考えていますが、このユーティリティの使用方法を知りません。次の内容では、手順を紹介します。このツールの使い方を見てみましょう。

サーバー移行ツールでWindows Server OSを移行する方法

詳細な手順はちょっと複雑です。データの損失を防ぐために、重要なファイルを事前にバックアップしてください。次の方法にスキップして、より簡単な方法で移動することもできます。

第一歩:Windows Server移行ツールをインストールする

まず、ソースサーバーコンピューターとターゲットサーバーコンピューターにWindows Server移行ツールをインストールする必要があります。

手順 1. サーバーデスクトップで、「スタート」をクリックして、検索ボックスに「サーバーマネージャー」と入力して開きます。

手順 2. ウィンドウの右上にある「管理」をクリックし、「役割と機能の追加」を選択して、「次へ」をクリックします。

サーバーマネージャー

手順 3. ターゲットサーバーを選択し、「機能」>「Windows Server移行ツール」をクリックして、「次へ」をクリックします。

Windows Server移行ツール

手順 4. 「インストール」をクリックして、このツールをターゲットコンピューターにインストールします。完了後、同じ手順を実行して、ソースサーバーコンピューターにWindows Server移行ツールをインストールする必要があります。

第二步:ターゲットサーバーに展開フォルダーを作成する

次に、Windows Server移行ツールを実行しているターゲットサーバーに展開フォルダーを作成する必要があります。

手順 1. 「Win+R」を押して操作を開き、「cmd」と入力してコマンドプロンプトを開きます。

手順 2. 次に、smigdeploy.exeツールがあるディレクトリに切り替える必要があります。次のコマンドを実行します。

cd%Windir%\System32\ServerMigrationTools\

コマンド

手順 3. 次のコマンドを入力し、ターゲットサーバー上のWindows Server MigrationToolのパスを確認します。

SmigDeploy.exe /package /architecture X86 /os WS08 /path

パス

注意:このコマンドは、フォルダーを作成し、x86システムでWindows Server 2008を実行しているコンピューターにコピーするためのものです。コマンドの「path」は、ソースコンピューター上の展開フォルダーのパスを表します。

第三歩:サーバー移行ツールを登録する

ターゲットコンピューターで作成した展開フォルダーをソースコンピューターのローカルドライブにコピーします。展開したフォルダーのOSのアーキテクチャがソースコンピューターのOSのアーキテクチャと一致していることを確認してください。

手順 1. ソースサーバーコンピューターでコマンドプロンプトを開きます。

手順 2. コマンドプロンプトで、ディレクトリをターゲットサーバーに作成した展開フォルダーに設定します。

手順 3. コマンドプロンプトにコマンド「.\Smigdeploy.exe」と入力して、サーバー移行ツールを登録します。

コマンド

第四歩:データをターゲットサーバーに転送する

すべての準備が完了したので、手順に従ってServer 2016などのサーバーを新しいハードウェアに移行できます。

手順 1. 次に、ソースサーバーで「サーバーマネージャー」>「ツール」をクリックして、Windows Server移行ツールを開きます。

手順 2. 必要に応じて、次のコマンドを実行します。

Export-SmigServerSetting-User All-Group–Path C:SysAdminExportMigUsersGroups–Verbose(ソースサーバーからローカルユーザーとグループを移行します。)
Import-SmigServerSetting–User Enabled–Group-Path C:SysAdminExportMigUsersGroups–Verbose(ターゲットサーバーからローカルユーザーとグループを移行します。)

これは、サーバー移行ツールの使用方法です。これを使用して、Server 2008 r2をWindows Server 2016に移行できます。でも手順が複雑です。したがって、サーバー移行ツールの代替ソフトを使用することをお勧めします。

サーバー移行ツールの代替ソフトでWindows serverを移行する

AOMEI Partition Assistant Serverは、OSとファイルを別のサーバーに移行するための最良の選択です。また、シンプルな操作インターフェースなので非技術と技術のコンピュータのユーザーにとってすべて簡単に操作することができます。さらに、このユーティリティは、Windows Server 2003、2008(R2)、2012(R2)、2016、2019、2022及びSBS、2003、2008、2011に対応します。これで、ターゲットサーバーのハードディスクをソースサーバーに挿入し、AOMEI Partition Assistant Serverをダウンロードして、手順に従って操作してください。

Serverの無料デモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Partition Assistant Serverをインストールし、起動します。メインインターフェイスで「OSをSSDに移行」をクリックすると、ウィンドウがポップアップし、「次へ」をクリックします。

OSをSSDに移行

手順 2. 次に、ターゲットディスク上の未割り当て領域を選択し、「次へ」をクリックします。

未割り当て領域を選択

手順 3. 次に、ターゲットディスク上のパーティションのサイズを変更することができます。デフォルト設定を保持することもできます。「次へ」をクリックします。

パーティションのサイズを変更

手順 4. OSブートに関する情報が表示されます。起動の問題が発生した場合は、ソースディスクをコンピューターから切断するか、ターゲットディスクディスクとソースディスクのソケットを交換することができます。

ブートオペレーティングシステムに関するメモ

手順 5. 「適用」>「続行」をクリックして保留中の操作をコミットします。

適用

しばらくすると、システムパーティションがターゲットディスクに移行され、ディスクを新しいサーバーに挿入し、起動してみて、移行が成功したかどうかを確認してください。

サーバーのオペレーティングシステムパーティションのみを移行するだけでなく、このサーバー移行の代替ソフトを使用して、システムパーティションやその他のWindowsファイルを新しいサーバーに移行することもできます。このタスクを実行するには、サーバーがインストールされているハードディスクを右クリックして「ディスククローン」を選択し、指示に従ってWindows ServerディスクをSSD/HDDに簡単にクローンできます。

ディスククローン

結論

この記事では、サーバー移行ツールとサーバー移行の代替ソフトAOMEI Partition Assistant Serverを使用してWindows Server OSを別のサーバーに移行する方法を具体的に紹介します。 明らかに、AOMEI Partition Assistant Serverの操作がはるかに簡単です。

さらに、AOMEI Partition Assistant Serverをお勧めするもう1つの理由は、Windows ServerのCドライブ容量の増加、Windows ServerのMBRの修復、MBRからGPTディスクへの変換、GPTからMBRディスクへの変換など、サーバーを適切に管理できる他の機能があることです。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。