ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月06日

SSD未割り当て領域とは何ですか?

未割り当て領域とは、ハードディスクにおいて、パーティションが割り当てられていない領域のことです。SSD未割り当て領域はSSDにある割り当てられていない領域です。この場合はそこで我々のデータを保存することができません。つまり、利用不可能な状態です。不要なパーティションを削除すると、パーティションはこのような領域になります。

幸いなことに、未割り当て領域を既存のパーティションに統合したり、その上でパーティションを直接作成したりすると、新しい情報を保存できるようになります。このために、プロなディスクパーティション管理フリーソフトAOMEI Partition Assistantをお推奨いたします。

どのようにSSD未割り当て領域を活用?

SSD未割り当て領域を利用可能にしたい場合は、未割り当て領域を新規パーティション(ボリューム)として再び使用する必要があります。パーティション(ボリューム)の書き込みや読み込み機能が有効ですから、SSD未割り当て領域を使用しないと、無駄だと思われます。

しかし、方法は何ですか?

このSSD未割り当て領域上で新規パーティションを作成し、または他のパーティションに統合することです。Windows自体はSSDの未割り当て領域を有効にする機能を備えていますが、制限があります:未割り当て領域を隣接しているパーティションに拡張しかできません。SSDの未割り当て領域はターゲットパーティションの後ろにおけることです。

こんな場合、どこにあっても統合できるディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistantを使用すると、他のパーティションを削除して空き領域を作成してからターゲットパーティションに追加することはしなくてもいいです。

Windows10/8/7でSSD未割り当て領域をパーティションに統合

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロード、インストールおよび起動します。SSD未割り当て領域を右クリックし、[パーティションを結合]を選択します。

パーティションの結合

ステップ 2. Windowsの[ディスクの管理]とは異なり、ターゲットパーティションと未割り当て領域をチェックすることだけでいいです。ここでCドライブを例とします。[はい]をクリックします。

ディスクの選択

ステップ 3. 次の絵のように、Cドライブが拡張されました。確かにそうならば、[適用]をクリックして統合操作を有効にします。

適用

SSD未割り当て領域でパーティションを作成

ステップ 1. AOMEI Partition Assiatant標準版をダウンロード、インストールおよび起動します。未割り当て領域を右クリックし、[パーティションを作成]を選択します。

パーティションの作成

ステップ 2. スライダをドラッグし、新規パーティションのサイズを設定します。もう一つ方法は数字(値)を入力することです。[はい]をクリックします。

新規パーティションのサイズ

ステップ 3. [適用]をクリックしてパーティションの作成を実行します。

確認

ここまで、SSDの未割り当て領域を既存のパーティションに統合したり、新規パーティションを作成したりすることは完了しました。SSDの未割り当て領域を充分に再利用しました。これでSSDパーティションがいっぱいになっていることなども解決されました。

その他に、この無料版はラベルの変更、パーティションの移行/リサイズ/フォーマットなどディスクの基本管理をサポートします。

もし読者様はSSDの完全消去(パフォーマンスの向上、ディスクの転売など)、MBRの修復(起動エラー)、高速分割(一つパーティションを複数に分割)、パーティションを割り当てる(Cドライブの拡張など)、ブータブルCD/USBを作成(どこでも自分のシステムを使用)、OSをSSD/HDDに移行など(ディスク換装、データ移行)のような問題を解決するつもりがあれば、このソフトのPRO版とサーバ版を使用するのは効率よいと思います。詳細はこちらへ

パソコンの長時間使用と共に、ディスクエラーがよく起こるかもしれません。上記の機能を利用することで、ユーザの生活や仕事に便利を与えると思います。では、試してみましょう~