By Akira / 最後の更新 2021年08月13日

システムで予約済みパーティションとは

システムで予約済みパーティションが削除した、または非表示にしたことを解決する前に、このパーティションが何であり、その対応の機能が何であるかを知っておこう。

Windows 7以降、Windowsをクリーンディスクにインストールすると、ディスクの先頭にシステムで予約済みというパーティション(約100MBのサイズ)が作成されます。その後、システムディスク、その他の必要なディスクが作成されます。通常、システムで予約済みパーティションはWindows 8では350MBのサイズであり、Windows 10では500MBのサイズです。必要に応じてシステムで予約済みパーティションを増やすことができます。

システムで予約済みパーティションは、Windowsでドライブ文字が割り当てられないため、「ディスクの管理」のみで表示されます。保存されたファイルが誤って削除または変更されないようにするために、他のドライブのようにエクスプローラーに表示されません。一般的には、このパーティションは2つの部分で構成されます。

ブートマネージャーとBCDファイルです。コンピューターが起動すると、Windowsブートマネージャーはブート構成データ(BCD)ストアからデータを読み取り、システムディスクからオペレーティングシステム(OS)を起動します。通常、ブート・システムボリューム情報、およびbootmgrファイルとBOOTSECT.BAKファイルが含まれます。そのため、パーティションが削除したか、非表示にしたら、コンピューターを起動できません。

BitLockerドライブ暗号化に使用されるスタートアップファイルです。BitLockerでハードディスクを暗号化する必要がある場合は、暗号化されていないシステムで予約済みパーティションに保存したファイルからWindowsが起動します。そして、システムディスクの暗号化を無効にして、正常に起動できるようにします。

▼問題:システムで予約済みパーティションが削除してしまったか、非表示にしてしまったか?

Win10を最新バージョンにアップグレードできず、「Windows 10をインストールできませんでした。システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした。」というエラーが出ます。

さらに悪い場合は、Windowsが起動できず、パソコン画面に「オペレーティングシステムが見つかりません」というメッセージが表示されます。

通常、違って削除してしまったのは、システムで予約済みパーティショが非表示になる理由ですが、あるドライブから別のドライブにクローンした後にパーティションが消える場合があります。

システムで予約済みパーティションを修復する方法

注:データの損失は、不適切な操作によって引き起こされる場合があります。開始する前にバックアップしてください。システムの起動が拒否する場合は、「Windowsを起動せずにハードディスクをバックアップ」を参照してください。

方法1.システムパーティションの再構築

WinPEコマンドプロンプトを使用するために、Windowsインストールディスクまたは他の起動可能なデバイスが必要となります。

1. Windowsインストーラーからお使いのコンピュータを起動します。「Windowsをどこにインストールしますか」のステップで、キーボードでShiftキー+F10キーを合わせて押してコマンドプロンプトを表示します。

2. プロンプトで、システム予約領域ではなくシステムディスクにブート構成ファイル(BCD)を作成するには、引用符なしで「bcdboot c:\windows /s c:」と入力し、Enterキーを押します。完了したら、「ブートファイルが正常に作成されました。」というメッセージが表示されます。

3. プロンプトで、引用符なしで「bootrec /fixmbr」と入力し、Enterキーを押します。

4. コマンドの入力後にこのエラーメッセージ「要素が見つかりません」が表示される可能性があります。

次に、Diskpartを使用して、パーティションをアクティブにする必要があります。(エラーメッセージが出ない場合は、手順6に進みます。)

5. パーティションをアクティブにするために、次のコマンドを入力してください。

diskpart

list disk

select disk n(nはシステムディスクのドライブ番号です)

list partition

select part 1

active(正しいメッセージは次のとおりです:DiskPartは現在のパーティションをアクティブにしました)

exit(diskpartを閉じる)

パーティションをアクティブとしてマーク

6. 次の2つのコマンドを入力してBCDファイルを再構築します。

bootrec /fixboot

bootrec /rebuildbcd

7. インストレーションを追加してWindowsを起動するように求められたら、Yと入力し、Enterキーを押します。これから、コマンドプロンプトを終了して、コンピューターを起動します。

Windowsインストールディスクを持っていない場合、またはコマンドライン操作に精通していない場合は、以下の2番目の方法を使用することができます。

方法2.プロのツールで失われたシステムで予約済みパーティションを修復する

AOMEI Partition Assistant Professionalは、誤って削除してしまったシステムで予約済みパーティションを復元できます。また、マスターブートレコード(MBR)が破損した場合のブートエラーを修正できます。32ビットと64ビットの両方のWindows 10/8/7を完全にサポートしますので、試してみてください。

注意:今使っているコンピューターは正常に起動できないため、まず正常に機能できる別のWindows PCにこのソフトウェアでブータブルメディアを作成する必要があります。次に、作成した起動可能なデバイスを今使っているコンピューターから起動します。

Proのデモ版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

1. 正常に機能できるWindows PCにAOMEI Partition Assistantをインストールし、実行します。USBメモリをPCに接続します。ソフトウェアのインターフェースで、左ペインの「ブータブルCD/USBを作成」をクリックします。ウィザードに従って完了し、USBドライブを取り外します。

2. 作成したブータブルUSBを元のコンピューターに接続します。電源を入れ、DelまたはF2を押してBIOSに入ります。起動順序をUSBメモリに変更し、F10を押して変更を保存して終了します。

3. ログインすると、ロードされたAOMEI Partition Assistantソフトウェアが表示されます。左側の「パーティションを復元」をクリックします。表示された画面で復元したいディスクを選択します。

パーティションの回復

復元したいディスクをい選択

4. 高速スキャン(推奨)または完全スキャンから検索方法を1つ選択します。「次へ」をクリックしてから、スキャンを開始します。

パーティション復元の復元方法

5. 結果から削除されたパーティションを選択し、「続行」をクリックしパーティションの復元を実行します。「おめでとう!操作は正常に完了しました。」という情報が後に表示されます。「完了」をクリックしてプロセスを終了します。その後、このソフトウェアを閉じてコンピューターを再起動できます。

非表示となったシステム予約済みパーティションを選択

復元の完了

ヒント:
● 「高速スキャン」でパーティションが見つからない場合は、手順5で「完全スキャン」を選択して、もう一度試してください。
● 復元しようとしているパーティションにパーティションがある場合、選択したパーティションが既存のパーティションと重複しているというメッセージが表示される可能性があります。
● 「パーティションを復元」ウィザードは、セクターあたり512バイトのベーシックディスクと、NTFS/FAT32ファイルシステムでフォーマットされたパーティションのみを復元しかできません。
● この問題を解決するには、まずAOMEI Partition Assistantを使用して既存のパーティションを削除し、次に「パーティションを復元」ウィザードを使用してパーティションを復元する必要があります。

システムドライブの起動問題を修正する場合は、ディスクを右クリックし、「MBRを再構築」を選択してCD/DVDなしでMBRを修復してください。

2番目の方法を使用して、Windows Server 2008 R2、2012 R2、SBS 2011でシステムで予約済みパーティションが削除してしまったか、非表示にしてしまったことを修正したい場合は、AOMEI Partition Assistant Serverエディション(特にサーバーオペレーティングシステム用に設計されたバージョン)を使用してください。

概要

WindowsでHDD/SSDのシステムで予約済みパーティションが削除した、または非表示にした場合は、Windowsインストールディスクでいくつかのコマンドラインでシステムパーティションを再構築できます。または、誤ってパーティションをフォーマットまたは削除してしまったら、パーティションの復元を行うことができます。AOMEI Partition Assistant Professionalは、コンピューターのブートエラーを修正するためにMBR部分を再構築することもサポートします。

更に、AOMEI Partition AssistantはCドライブのサイズ変更、空き領域の割り当て、パーティションの移動、データを失うことなくパーティションを結合、OSをSSDに移行、MBRとGPTの変換、SSDの安全消去などをサポートしています。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較