By Akira / 最後の更新 2022年06月02日

MBR2GPTツールについて

MBR2GPTは、Windows 10 v1703以降のバージョンに組み込まれているディスク変換ツールです。Windows 10で、ディスク上のデータを変更または削除せずにMBRディスクをGPTディスクに変換することをサポートします。

MBR2GPT.EXEは、Windows 10バージョン1703以降を実行しているコンピューターのWindows\System32ディレクトリにあります。Windowsプレインストール環境(Windows PE)コマンドプロンプトから実行するように設計されていますが、/allowFullOSオプションを使用してWindows 10オペレーティングシステムから実行することもできます。

MBR2GPTツールを使用すると、MBR形式のシステムディスクをGPT形式に変換できます。バージョン1507、1511や1607などのような以前のバージョンのWindows 10がインストールされているシステムディスクを変換できます。ただし、Windows 10バージョン1703またはそれ以降のバージョンの状態で起動する場合、MBR2GPTを実行してオフライン変換を実行しなければなりません。

MBR2GPT変換ツールの使用方法

MBRディスクと比較して、GPTディスクには多くの利点があります:

MBRディスクは最大4つのプライマリパーティションのみをサポートしますが、GPTディスクは制限を打ち破り、最大128のプライマリパーティションを作成できます。
MBRディスクは、最大2TBの容量をサポートします。ディスク容量が2TBを超えている場合、そのMBRディスは完全に使用されることはできません。GPTディスクは2TB以上のディスク容量をサポートしますが、大容量のディスクに適しています。

また、GPTディスクの利点により、MBRディスクをGPTディスクに変換して使いやすくしたいと考えているユーザーは多いかもしれません。変換する前に、次のことを知る必要があります:

MBR2GPTツールはWindows 10 v1703以降のバージョンに組み込まれているため、今のオペレーティングシステムでサポートされていることを確認する必要があります。

MBR2GPT変換ツールを使用するには、次の2つのコマンドに精通して、さまざまな状況に対処する必要があります:

mbr2gpt /convert /disk:n:nはGPTディスクに変換するディスク番号を示します。このコマンドは、Windows PEで作業している場合に適しています。
mbr2gpt /convert /disk:n /allowfullOS:nはGPTディスクに変換するディスク番号を指します。このコマンドは、完全なOS環境で作業している場合に適しています。

次に、MBR2GPTディスク変換ツールを使用して、上記のコマンドでMBRディスクをGPTディスクに変換できます。例えば:

MBR2GPT

ただし、MBR2GPTディスク変換ツールを使用する場合は、常に問題が起こります。例えば、MBR2GPTの紛失、MBR2GPTの失敗などのエラーが発生する場合があります。また、MBR2GPTディスク変換ツールは、GPTディスクをMBRディスクに変換することをサポートしていません。まあ、そのような状況では、MBR2GPTディスク変換ツールの最良の代替を見つけなければいけないかなぁ~と思います。

MBR2GPTディスク変換ツールの最良の代替

AOMEI Partition Assistant Professionalは、MBR2GPTディスク変換ツールに代わる最高の専門代替品です。MBRとGPTの間でディスクを変換でき、操作中にデータが失われることはありません。つまり、MBRを安全にMBRからGPTに変換したり、GPTをMBRに変換したりすることができます。

ここで、AOMEI Partition Assistant Proのデモ版を無料ダウンロードしてWindows PCにインストールして起動します。インターフェースで「GPTディスクに変換」の機能でシステムディスクをMBRからGPTに変換し始めます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ステップ 1. AOMEI PA Proをインストールし、起動します。そして、変換したいMBRディスクを右クリックして「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、「はい」をクリックして続行します。

注意事項

ステップ 3. 「適用」をクリックして操作を実行します。すると、ディスクはGPTパーティションスタイルに変更されます。

適用

補足:
OSディスクをGPTに変換する前に、コンピューターがUEFIをサポートしていることを確認する必要があります。そうでないと、変換後にディスクが起動しません。
MBR OSディスクをGPTパーティションスタイルに変換した後、UEFIモードで起動するようにファームウェアを再構成します。
Windows 32ビットはGPTディスクでは動作しません。32ビットOSをMBRからGPTに変換する場合、変換前にシステムを64ビットにアップグレードします。
Windows Serverユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Serverを利用してください。

まとめ

AOMEI Partition Assistantは、MBR2GPTディスク変換ツールの最良の代替手段です。その理由の1つは、操作中にデータを安全に保持できることです。また、このソフトを利用して、Cドライブを未割り当て領域の左側に隣接させて、拡張することができます。今すぐダウンロードしてお試しください。

さらに、操作の間違いのせいでデータが失われる場合に備えて、データをバックアップすることをお勧めします。ここでバックアップ専門ソフトAOMEI Backupperをお勧め、読者様の重要なデータを安全に保管すれば本当に幸せだと思います!