ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月28日

書き込み禁止について◎Transcend

ディスクが書き込み禁止状態であると、新しいデータをUSBメモリに追加することはできなくなります。書き込み禁止により、ドライブ/SDカード上の内容の変更を防ぐことができます。一方、Transcend USBメモリの書き込み禁止の解除に失敗したと言ったことがある人は多いです。まあ、実は、Transcend製品だけでなく、他のブランドのペンドライブ(USB)をフォーマットする時にも同じ問題を抱えているかもしれません。

エラー

もし書き込み禁止状態におけるペンドライブ(USB)があれば、ファイルをコピーできません。また、ドライブをフォーマットしたら、数回のフォーマットの後、「このディスクは書き込み禁止になっています。書き込み禁止を解除するか、別のディスクを使ってください。」という書き込み禁止についてのエラーメッセージが出ます。こんな状況でTranscend USB書き込み禁止の解除方法を知らずにペンドライブ(USB)を直接捨てる人が少なくないです。皆さん、落ち着いてください!今、この記事では、Transcend USB書き込み禁止の解除方法を見つけることができます。

USB/SDカード/ディスクドライブの書き込み禁止を解除する方法

注:任意の一つに当てはまります。ここでは、USBメモリを例として説明します。

USB書き込み禁止を解除するには、次の方法があります。フォーマットすると、すべてのデータが削除されますので、必要に応じて予めバックアップイメージを作成してください。

方法1:コマンドプロンプトを介してUSBメモリの書き込み禁止を解除

ステップ 1. USBドライブには物理的なスイッチがあり、書き込み禁止をロックまたはロック解除することができますので、スイッチがロック解除位置にスライドされていることを確認してください。もしUSBメモリ上の書き込み禁止スイッチがオフのままで、まだエラーメッセージが届けば、またはUSBフラッシュドライブに物理スイッチがなければ、次の手順に進みます。

ステップ 2. キーボードで「Windows+R」キーを押します。ポップアップウィンドウに「diskpart」と入力し、Enterキーを押します。

Diskpart

ステップ 3. 「list disk」と入力し、Enterキーをクリックします。コンピュータに接続されているすべてのディスクが表示されます。

ステップ 4. どちらがUSBドライブであるかを確認し、そしてディスク#(#はディスクの番号)を入力し、Enterキーを押します。

ステップ 5. 「attributes disk clear readonly」と入力し、Enterキーを押します。

List Disk

その後、Diskpartコマンドプロンプトを閉じ、Transcend USBを再挿入し、書き込み禁止状態であるTranscend USBをフォーマットしたかどうかを確認してください。そうでない場合、以下の方法を採用してください。

方法2:Windowsのレジストリを編集してUSBメモリの書き込み禁止を解除

ステップ 1. まず、またキーボードで「Windows+R」キーを押します。今度は「regedit」と入力し、Enterキーを押します。

Regedit

ステップ 2. 左側のパネルからこのパスに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\StorageDevicePolicies

右側で、「WriteProtect」をダブルクリックします。Transcend USBの書き込み禁止を解除するには、値を1から0に変更します。

値を変更

    注意:StorageDevicePolicies」が見つからない場合は、「Control folder」→「新規」→「キー」を右クリックします。StorageDevicePoliciesで名前を付けて開きます。

新規とキー

空白を右クリックします。「新規」→「DWORD(32ビット)の値を選択します。WriteProtectで名前を付けます。

[DWORD](32ビット)

その後、前と同じように値を変更し、ペンドライブ(USB)をチェックすることができます。ここまでまだできなければ、AOMEI Partition Assistantと呼ばれる強力なサードパーティ製のツールを使用するようお推奨します。

方法3:AOMEI Partition Assistantを使用してUSBメモリの書き込み禁止を解除

AOMEI Partition Assistant Standardは、ディスク/パーティションの管理を強化するために開発された専門的なソフトウェアです。最初の2つの方法と比較すると、このツールを使用して書き込み禁止状態であるTranscend USBドライブをフォーマットすることは非常に便利になります。ちなみに、Windows 7/8 / 8.1 / 10(32ビットと64ビットの両方)をサポートしています。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロード、インストール、起動します。書込み禁止状態であるUSBドライブを右クリックし、パーティションの「パーティションをフォーマット」を選択します。

パーティションのフォーマット

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、パーティションラベル、ファイルシステムおよびクラスタサイズを設定できます。

設定

ステップ 3. 保留中の操作は実行前にメインインターフェイスに表示されます。「適用」をクリックする前にいつでもやり直すことができます。

適用

USB・ディスクドライブ・SDカードの書込み禁止の解除の他に、AOMEI Partition Assistantは、未割り当て領域を使用して未割り当て領域でパーティションを拡張OSを新しいハードドライブに転送の機能をサポートします。

その他の問題を解決する場合、右欄の「人気記事」をご参照ください。もしより多くのディスクパーティション問題の解決方法を知りたいなら、一番上の「三浦大和」をクリックし、百篇以上の文章を参照することができます。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。