ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年03月19日

ユーザからの悩み

新しいパーティションを作成し個人データを格納するために、Cドライブを200 GBから100 GBに縮小したいと考えています。Windows 10の[ディスクの管理]でCドライブを縮小する場合、[縮小する領域のサイズ(MB)(E)]の欄に縮小したい容量分のサイズを入力しても、Cドライブを縮小できないことです。

「移動できないファイルが格納されている場所までも含めて、ボリュームを縮小することはできません。」というメッセージも表示されます。こんな場合、Cドライブには128 GBの空き容量があるのですが、[ディスクの管理]でCドライブを縮小できまん。縮小限界を破ってCドライブを縮小してまう方法がありますか?もしあれば、是非教えてください!

Windows 10でCドライブを縮小できない

解決策1:移動できないファイルを無効化する_Cドライブを縮小できないことを解決

実際には、[ディスクの管理]に表示されたメッセージ通り、一部のシステムファイル、hiberfil.sysやpagefile.sysなどの移動できないファイルがあると、Cドライブをそこまでしか縮小できません。これらのファイルは、Windowsの内蔵ツール[ディスクの管理]によって自動的に移動されることはできませんので、移動できないファイルを手動で無効にする必要があります。

これらのファイルが隠しファイル化してしまったので、[保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)]をクリックしてチェックを外し、[すべてのファイルとフォルダを表示する]にチェックを入れ、隠しファイルをエクスプローラで表示させる必要があります。

では次、Windows10でCドライブのパーティションにある移動できないファイルを無効にする方法を解説しましょう。(Cドライブを縮小後、再度機能を有効にすることをお勧めします)

※Windows10/8/7でCドライブを縮小できないことを解決するには、システムの保護を無効にする:

→Winキー+Rキーを合わせて押す→[SystemPropertiesProtection.exe]と入力→Enterキーを押す

→Cドライブをクリック→[構成]をクリック

SystemPropertiesProtection.exe

→[システムの保護を無効にする]を選ぶ→[適用]をクリック→[OK]をクリック→再起動

システムの保護を無効にする

※Windows10/8/7でCドライブを縮小できないことを解決するには、ハイバネーション(hiberfil.sys)を無効にする:

→[スタート]をクリック→検索ボックスに[CMD]と入力→[CMD]を右クリック、[管理者として実行]を選択

→[powercfg.exe /hibernate off]と入力→Enterキーを押す→再起動

powercfg.exe /hibernate off

※Windows10/8/7でCドライブを縮小できないことを解決するには、ページファイル(pagefile.sys)を無効にする:

→Winキー+Rキーを合わせて押す

→[SystemPropertiesPerformance.exe]と入力、Enterキーを押す

→[詳細設定]をクリック→[仮想メモリ]下の[変更(C)]をクリック

SystemPropertiesPerformance.exe

→[すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する(A)]を外す

→Cドライブをクリック→[ページングファイルなし(N)]を選ぶ→[設定]をクリック

→[OK]をクリック→再起動

ページングファイルなし(N)

※Windows10/8/7でCドライブを縮小できないことを解決するには、カーネルメモリダンプを無効にする:

→[スタート]をクリック→[コントロールパネル]を選択

→[システムとセキュリティ]をクリック→システムをクリック

→[システムの詳細設定]をクリック→[起動と回復]下の[設定]をクリック→[デバッグ情報の書き込み]下のドロップダウンメニューから[なし]に設定

デバッグ情報の書き込み

注意:上記の設定が完了したら、コンピュータを再起動します。

ここまで、Windows10でCドライブを縮小し、その上のパーティションサイズを変更するようになります。

*そのディスクで[ディスククリーンナップ]と[ディスクデフラグ]を実行してCドライブから空き容量を増やすことができます。

*Cドライブのパーティションサイズを変更した後、移動できないファイルを再度有効にすることを忘れないでください。

次は、もっと簡単な方法を教えます~

解決策2:AOMEI Partition AssistantでCドライブを縮小できないことを解決

Cドライブ上の移動できないファイルを無効にした後、パーティションサイズが変更され、Cドライブが縮小されましたが、半分までしか縮小できなくて、空き領域を充分利用できません。幸いなことに、強力で信頼性の高いサードパーティ製ソフトウェア--AOMEI Partition Assistantを利用することで問題をすぐ解決できます。

Windows[ディスクの管理]でCドライブを縮小できない場合、このソフトを利用し、移動できないファイルを無効化せずにCドライブのパーティションを縮小することができます。ずいぶん時間を節約します。Windows 10/8/7/XPをサポートしますが、Windows Server 2016やWindows Server 2012など搭載パソコンを使っているなら、AOMEI Partition Assistantサーバ版を利用してください。

Windows 10/8/7でCドライブを縮小するには、AOMEI Partition Assistant Proの体験版を無料ダウンロード、インストール、実行する必要があります。その後、以下の手順に従ってください(ここではWindows 10を例として、Cドライブの縮小を解説します)。

NOTE:パーティションサイズを変更する前に大切なデータをバックアップすることを強くお勧めします。ここで簡単にバックアップを実行できる専門バックアップソフトーーAOMEI Backupperをお勧めします。今ダウンロードすると、30日間無料利用できます!

ステップ 1. Cドライブを右クリックし、[パーティションをリサイズ]を選択します。

Cドライブパーティションをリサイズ

ステップ 2. この画面では、スライダを左にドラッグし設定を調整するか、[パーティションのサイズ]欄に値を変更することで、Cドライブのパーティションを縮小します。[はい]をクリックします。

Cドライブのパーティションを縮小

PS:(注意すべきこと)

  • Cドライブを指定する場合は、[このパーティションを移動したい]の前にチェックボックスをオンにします。

  • このパーティションを移動したい

  • お使いのディスクがSSDならば、[詳細]をクリック< [SSDの性能を最適化するために、パーティションを整列する]の前にチェックを入れ、SSDの良好な状態を保ちます。

SSDの性能を最適化する

ステップ 3. メインインターフェイスで保留中の操作を確認し、[適用]をクリックし、続行し、Cドライブを縮小します。

適用を操作

AOMEI Partition AssistantでCドライブを縮小した後、未割り当て領域を取得します。

NOTICE:

  • このプログラムはAOMEI Partition AssistantのPreOSモードで実行されるため、再起動が必要です。

  • データを格納する、または別のOSをインストールするために新しいパーティションが必要な場合は、HDD上の未割り当て領域を利用して新しいパーティションを作成することができます。または、Cドライブから新しいパーティションを作成します。

  • 未割り当て領域を利用して別のHDDパーティションを拡張する場合は、[パーティションのマージ]機能で同じディスク上の任意のパーティションにその未割り当て領域を追加することができます。

結論

Windowsで移動できないファイルのせいでCドライブを縮小できない場合、これらのファイルを無効にしてCドライブを縮小することができますが、AOMEI Partition Assistantの方が良いでしょう。簡潔なインターフェースにより、このツールは操作しやすいです。ただ三回クリックだけで、未割り当て領域を使って新しいパーティションまたは拡張パーティションを作成することができます。さらに、このAOMEIソフトは、MBRからGPTへの変換、空き領域の割り当て、パーティションアライメント、パーティションタイプの変更やシリアル番号の変更など他の機能も提供します。

便利でしょう~~このソフトはパソコンによくある問題を効率的に解決できます。時間を節約するには、AOMEI Partition Assistant Pro完全版を強くお勧めします。詳細については、見てみましょう~