By AOMEI / 最後の更新 2021年04月29日

「Windowsが起動しない」ということ

HPコンピュータの電源を入れたときにWindowsが起動せず、次の画面のようにプロンプトメッセージが表示される場合があります。

Windowsが起動しない

メッセージでは、Windowsファイルが破損または紛失すると、Windowsが起動しなくなるということが分かります。では、その対処法は何ですか?次へ進みます。

「Windows 10が起動しない」というエラーを修復!

このエラーを修復するために、我々はインターネット検索により、操作可能な解決策を三つまとめてこの記事に書いてあります。ご参考になれば幸いです~

解決策 1. スタートアップ修復を起動

上の画面のように、2つのオプションが提供されています。[スタートアップ修復の起動](推奨)と[Windowsを通常起動する]です。

この記事を読んでいる方は大体二番目の方法を試してみたが、起動に失敗したと思いますので、ここで一番目の方法(スタートアップ修復の起動)を一緒に試してみましょう~この方法でWindowsファイルが破損しているかどうかを確認し、エラーを修復します。

キーボードの「↑」キーや「↓」キーなどの矢印キーを使って[スタートアップ修復の起動(推奨)]を選択し、ヒントに従って起動エラーを修復します。任意の見つかった問題がスタートアップ修復によって自動的に修正されます。ちなみに、チェックと修復のプロセスは数分かかりますよ~

スタートアップ修復の起動(推奨)

解決策 2. コマンドプロンプトを使う

上の解決法でエラーを修復できない場合、またはスタートアップ修復の無限ループ(くるくる回ってる)に陥ている場合は、次のガイドに従ってセーフモードに入り、「Windows 10が起動しない」というエラーを修復します。

ステップ 1. お使いのコンピュータを再起動し、Windowsのロゴが表示される前にF8キーを押します。矢印キーを使用して「セーフモード」を選択し、「セーフモード」インターフェースに入ります。

ステップ 2. キーボードでWinキー+Rキーを同時に押し「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスが開き、「cmd」と入力して[OK]をクリックします。

ステップ 3. DOSプログラムに以下の3つのコマンドを直接入力して実行します:

bcdedit /set {default} osdevice boot

bcdedit /set {default} device boot

bcdedit /set {default} detecthal 1

bcdedit /set {default} osdevice boot

ステップ 4. セーフモードを閉じて、コンピュータを再起動してください。

解決策 3. AOMEI Partition Assistantで起動エラーを修復

上記の2つの解決策を試しても「Windows 10が起動しない」というエラーを修復しない場合は、サードパーティ製のツールAOMEI Partition Assistant Professionalを利用する必要があります。

このディスクパーティション管理ソフトを使用すると、数回のクリックだけでWindows PEに基づいてブータブルCDまたはUSBメモリを作成することが可能です。

WinPEのブータブルメディアで破損したディスクをチェックして修復することで、Windowsの起動失敗の状況を簡単に取り除くことができます。

では次、AOMEI Partition Assistantを使用してWinPEブータブルメディアを簡単に作成しましょう!

● WinPEブータブルメディアを作成する前に…

空のCD/DVD/USBを機能しているWindowsパソコンに接続します。USB/CD/DVDなどをお持ちでない場合は、AOMEI Partition Assistantで起動可能なISOファイルを作成できます。これでこのファイルはCD/DVDに書き込むことができます。

お使いのコンピュータがWindows XP、Windows 2003、Windows Vista、およびWindows 2008で実行されている場合は、Windows AIK(自動インストールキット)をダウンロードしてから、オペレーティングシステムを新しいハードウェアに設定して展開する必要があります。

Windows 7/8/8.1/2012およびServer 2008 R2では、Windows AIKをダウンロードしてインストールしなくても、Windows PEブータブルメディアを直接作成できます。

● AOMEI Partition Assistantで起動可能なWinPEメディアを作成!

(1)正常に機能しているパソコンにこのソフトをダウンロードします。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

(2)ソフトウェアをインストールして実行し、左側の「ウィザード」の下にある[ブータブルCD/USBを作成]をクリックし、操作を確認後[次へ]をクリックします。

ブータブルCD/USBを作成

(3)三つの方法が表示されます。必要に応じて1つ選んでください。ここではUSBを例として選びます。[続行]をクリックします。

USBドライブを選択

注意:USBがフォーマットされ、その上のすべてのデータが削除されますので、無料のバックアップ専門ソフトAOMEI Backupper Standardでバックアップを取っておいてください。

(4)処理には数分かかります。

完了

パート1. システムパーティションのエラーをチェック

ステップ 1. 起動に失敗したパソコンに作成したブータブルUSBメモリ(AOMEI Partition Assistantが含まれています)を接続します。

ステップ 2. USBメモリからパソコンを再起動します。その後、AOMEI Partition Assistantのインターフェースが表示されます。

ステップ 3. それからシステムディスクを右クリックし、[詳細処理]→[パーティションをチェック]をクリックし、パーティションエラーをチェックして修正します。

パーティションエラーをチェックして修正

パート2. MBRを再構築

システムディスクにエラーが見つからない場合は、システムディスクのMBRを再構築し、Windowsの起動エラーを修復できるかどうかを確認します。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantのメインインターフェイスで、システムディスクを右クリックして[MBRを再構築]を選択します。

システムディスクのMBRを再構築

ステップ 2. 現在のOSに適したMBRタイプを選び、[はい]をクリックしてください。

OSに適したMBRタイプ

ステップ 3. [適用]→[続行]をクリックし、MBRの再構築を開始します。

MBRの再構築を開始

結論

ここまで、Windows 7/8/10パソコンでWindowsが起動しないことを修復してしまったのです。もう分かるでしょう。上記の三つの方法を比較すると、AOMEI Partition Assistantが最も操作しやすい、安全な方法だと思われます。

その他にも、RAWドライブの修復、破損したSSDの修復、USBメモリの0バイトなど他の多くのディスク問題を解決できます。4Kアライメントを行い、SSDを完全に消去することで、SSDのパフォーマンスを最適化することもできます。今すぐAOMEI Partition Assistant Proをダウンロードしてそのような高度な機能を体験してみましょう~!

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較