By Akira / 最後の更新 2022年04月21日

Windows 10でUSBドライブが検出されないのはなぜですか?

USBデバイスは日常業務で広く使用されています。異なるデバイス間でデータを保存および転送するために使用できます。起動可能なメディアとしても使用できます。ほとんどのユーザーは「Windows 10でUSBが認識されません」という状況に遭遇する可能性があります。

USB

この問題は、以下の理由で発生する可能性があります:

☞ 物理的な損傷

☞ ウイルスやマルウェアの攻撃

☞ USBポートの故障

☞ 古いUSBドライバ

☞ USBに不良セクタがある

☞ USBファイルシステムの損傷

☞ BIOSでUSBコントローラーが無効になっている可能性がある

では、この問題を解決する方法がありますか?以下を読み続けてください。

Windows 10でUSBが認識されない問題の解決策

Windows 10でUSBが認識されない問題に遭遇したら、落ち着いて、いくつかのトラブルシューティングを行ってください。最初に別のUSBポートまたはケーブルを試して、認識できるかどうかを確認できます。そうでない場合は、次の方法を試すことができます。

1. 高速スタートアップをオフにする

Windows 10では、前回シャットダウン時のメモリや周辺機器などの情報を一時的に保存する、高速スタートアップが有効になっています。この保存された情報を読み込むことでPCの起動は速くなりますが、周辺機器の接続や設定の変更を行ったりすると、PCがUSBメモリなどを正常に認識しなくなる場合があります。

では、以下の手順に従って、高速スタートアップをオフにします。

1. 「スタート」ボタンを右クリックし、表示されるメニューから「電源オプション」をクリックします。

2. 「電源とスリープ」が表示されます。画面右、または画面下の「電源の追加設定」をクリックします。

電源の追加設定

3. 「電源オプション」が表示されます。「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。

電源ボタンの動作を選択する

4. 「システム設定」が表示されます。「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックして、「シャットダウン設定」にあって、「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外します。

高速スタートアップをオフにする

5. 次に、「変更の保存」ボタンをクリックして、PCを再起動します。

2. ドライブが有効になっていることを確認する

ドライブが無効になっている場合、Windowsには表示されません。以下の手順に従って、ドライブが無効になっているかどうかを確認し、必要に応じて有効にします。

1. Windowsキー+Xを押して、リストからデバイスマネージャーを選択します。

デバイスマネージャー

2. 「ディスクドライブ」を展開します。このカテゴリの下で、ドライブ名の上に下向きの矢印が付いたアイコンがある場合、ドライブは無効になっています。有効にするには、ドライブ名を右クリックし、「有効」をクリックします。

有効

3. ドライブを更新する

ドライブが古いのは、Windows 10がUSBドライブを認識しない原因にもなっている可能性があります。したがって、ドライバを更新できます。

デバイスマネージャーを起動します。リストされているハードウェアの横に黄色のビックリマークがあるかどうかを確認します。横に黄色のビックリマークがあるデバイスを右クリックし、「ドライバーの更新」を選択し、「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」を選択します。しばらくすると更新が自動で完了します。

ドライバーの更新

4. 非表示のデバイスをアンインストールする

Windows 10に表示されていないUSBドライブがデバイスマネージャーで非表示になっている場合があるので、デバイスマネージャーから非表示のデバイスをアンインストールする方法を見てみましょう。

1. デバイスマネージャーを起動します。「表示」をクリックして、「非表示のデバイスの表示」を選択します。

非表示のデバイスの表示

2. 次に、すべてのセクションを展開し、すべてのグレー表示されたエントリを右クリックして、「削除」をクリックします。

非表示のデバイスをアンインストール

3. それが終わったら、PCを再起動し、USBハードドライブを再接続します。

ディスク管理ソフトを使用してUSBドライブを管理する

USBドライブがパーティション分割、初期化、または文字の割り当てを実行しない場合、Windowsでは検出されません。したがって、それを分割してドライブ文字を割り当てる必要があります。

AOMEI Partition Assistant Professionalは、Windows 11/10/8/7用に設計された専門的なディスクパーティションソフトウェアです。また、ディスクを管理するための多くの機能をサポートします。ディスクのパーティション分割、ドライブ文字の割り当て、ハードドライブのフォーマット、NTFSからFAT32への変換などを行うことができます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
ヒント:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

1. USBドライブを初期化する

1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードして開きます。USBドライブを見つけて、右クリックします。「ディスクを初期化」を選択します。

2. ポップアップウィンドウでは、2つの選択可能なオプションがあります。MBRまたはGPTスタイルにディスクを初期化することができます。「はい」をクリックして続行します。

3. 「適用」をクリックして変更を保存します。

ディスクを初期化

2. USBドライブをパーティション分割する

ドライブがパーティション化されていない場合、実際には未割り当て領域として表示されます。その上に新しいパーティションを作成してみることができます。

1. USBフラッシュドライブを右クリックして「パーティションを作成」を選択します。

2. ドライブ文字を指定したり、スライダバーを移動するかまたは新規パーティションのサイズを入力することでパーティションサイズを調整することができます。そして「はい」をクリックします。

3. 「適用」をクリックして変更を実施します。

パーティションを作成

3. ドライブ文字をUSBに割り当てる

1. USBドライブを右クリックして、「ドライブ文字を変更」を選択します。

2. ドライブレターを指定し、「はい」をクリックします。

3. 「適用」をクリックしてドライブ名の変更を実行します。

ドライブ文字を割り当てる

初期化、ドライブ文字の割り当て、パーティション分割を作成した後もWindows 10でUSBドライブが検出されない場合は、フォーマットを実行します。

4. USBドライブをフォーマットする

1. パーティションを右クリックして、「パーティションをフォーマット」を選択します。

2. ポップアップウィンドウで、パーティションラベル、ファイルシステム、それにクラスタサイズ(どのクラスタサイズがいいか分からない場合、デフォルトサイズを使うことをお勧めする)を設定することができます。「はい」をクリックして変更を確認します。

3. メイン画面に戻り、仮想結果をビューすることができます。問題なければ「適用」をクリックし操作を実行します。

パーティションをフォーマット

まとめ

要約すると、上記のいくつかの方法で、PCがUSBを認識できない問題を解決することできます。状況に合ったものを見つけてください。

また、USBメモリの管理と言えば、AOMEI Partition Assistantは、最高のディスク&パーティション管理ソフトの1つとして、簡単に使えるだけでなく、その機能も豊富で強力です。例えば、USBにパーティションの作成/分割/リサイズ/結合/削除/フォーマット/コピーなどを実行できます。また、このパーティションマネージャーは初心者にとっても本当に優しいです。簡潔なUIと分かりやすいウィザードを使用すれば、全ての作業が問題なく続行できます。

Windows Serverユーザーの場合は、Server版をお試しください。