By AOMEI / 最後の更新 2021年04月08日

Windowsエラーコード:0xc00000e9

  • 先週、外付けUSBドライブのようなリムーバブル記憶装置がデバイスを使用中に取り外された時、「エラーコード:0xc00000e9」というメッセージが表示されてエラーは起きました。力を尽くしているのに何も変わらないままにしています。この場合はどう対処すべきでしょうか?

DiskpartでFAT32にフォーマット

確かに、「0xc00000e9」エラーはユーザーにとって頭を抱えている問題ですよね。でも心配しないでください。この記事では、0xc00000e9エラーが起こす時の5つの対処法を紹介します。初心者でも気軽に操作できるほど簡単です。

0xc00000e9エラーが発生した原因

Windowsエラー0xc00000e9をよりよく解決するには、引き起こす原因を知る必要があります。下記は、考えられる一般的な理由をまとめます。

ウイルスまたはマルウェアは、レジストリファイルまたはオペレーティングシステムの起動に関与するデータを破損しました。
リムーバブル記憶装置を不適切に接続または切断しました。
ドライバは古くなっているか互換性がありません。
ハードディスクが故障しているか、ハードディスクとシステムの間に接触がありません。
常にプログラムのインストール、アンインストール、および再インストールを行うとシステムファイルが失われました。
システムファイルの整合性が壊れました。

Windows 10/8/7で「0xc00000e9」エラーを解決する5つの方法

ここで5つの解決策があり、自分の場合によって最も最適な方法を実行しましょう。

方法 1. すべての周辺機器/外付けデバイスを取り外す

前述したように、HDDが間違って動作しているか互換性がないことはWindowsエラーを引き起こす原因の1つとなります。修復するために、コンピュータの電源を切って、ハードディスク、キーボードなどを外し、コンピュータを再起動することをお勧めします。

エラーが表示されなくなったら、周辺機器/外付けデバイスを1つずつ元に戻すことができます。それからどのデバイスが問題を引き起こしているか見つけることが出来るでしょう。故障したデバイスを特定したら、それを正常なデバイスと交換するか、ドライバを製造元が推奨する最新バージョンに更新することができます。

方法 2. ハードディスクエラーをチェックする

ディスクの中で不良セクターがあれば、「エラーコード0xc00000e9」と表示されるかもしれません。だから、不良セクターをチェックアウトする必要もあります。

手順 1. PCの電源を入れ、WindowsのインストールDVDを挿入してから、コンピュータを再起動します。

手順 2. 言語と地域を選択してから「コンピュータを修復する」をクリックします。

手順 3. Windows 10(またはWindows 8.1、Windows 8)のインストールメディアで、「トラブルシューティング」>「コマンドプロンプト」を選択します。Windows 7インストールメディアの「システムの回復オプション」で、最初の項目を選択し、オペレーティングシステムとしてWindows 7を選択して、「次へ」>「コマンドプロンプト」をクリックします。

手順 4. コマンドプロンプトで「chkdsk /f /r」と入力し、「Enter」を押します。

手順 5. そして「Y」と入力して「Enter」を押します。

ディスクをチェック

方法 3. ファイルシステムをチェックする

上記のようにコマンドプロンプトウィンドウを開けます。「sfc /scannow /offbootdir=d:\ /offwindir=d:\windows」と入力してWindowsファイルシステムの整合性を確認します。

チェックシステムファイル

方法 4. Windows BCDファイルを修復/再構築する

場合によっては、ブートローダー設定(BCD)修復が役立ちます。これを行うには、コマンドプロンプトウィンドウで次のコマンドを実行してコンピュータを再起動する必要があります。

bootrec.exe /fixmbr
bootrec /fixboot
bootrec /scanos
bootrec /rebuildbcd

BCDを修復

方法 5. ディスクなしで0xc00000e9エラーを修正する

【 推奨 】ご覧のとおり、ほとんどの方法ではWindowsインストールCDが必要です。持っていない場合はどうしますか?そのような場合は、サードパーティ製のプロなパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant Professional版を利用することができます。それを使用すると、起動可能なUSBフラッシュドライブを作成し、そこからコンピュータを起動し、Windows PE環境で不良セクタをチェックしてMBRを再構築できます。AOMEI Partition Assistant Professional版は有料だけど、無料体験版を提供しています。購入する前に、無料体験版をダウンロードして、Professional版の強力な機能を試してみてください。無料体験完全無料30日間無料体験Windows 10/8/7/Vista/XPをサポート

詳細ガイド:

>起動可能なUSBフラッシュドライブを作成するには:空にしたUSBメモリーを動作中のWindowsコンピュータに接続し、AOMEI Partition Assistantを開起動して、左側のウィザード列の下の「ブータブルCD/USBを作成」をクリックし、ウィザードの指示に従って処理を終了します。

ブータブルCD/USBを作成

>ブータブルUSBから「0x00000e9」エラーが出たコンピュータを起動するには:BIOSを起動して起動順序を変更し、コンピュータを起動可能なUSBドライブから起動するようにします。ログインすると、AOMEI Partition Assistantが自動的に実行されます。

パーティションの不良セクターをチェックするには:

手順 1. AOMEI Partition Assistantのメインインターフェイスでシステムパーティションを右クリックして「詳細処理」>「パーティションをチェック」の順にクリックします。

パーティションエラー

手順 2. 「Chkdsk.exeを実行してパーティションのエラーをチェックし、修正します」を選択してから「はい」をクリックしてチェックプロセスが完了するまで待ちます。

エラーをチェック

MBRを再構築するには:

手順 1. システムディスクを右クリックして「MBRを再構築」を選択します。

MBRを再構築

手順 2. ポップアップウィンドウでwindow 10バージョンを指定してから「はい」をクリックします。

MBRタイプを指定

手順 3. 最後にツールバーの「適用」をクリックして操作を始めます。

続行

終わりに

上記の5つの方法により、「Windowsエラーコード0xc00000e9」を解決できるでしょう。実には、AOMEI Partition Assistant製品は「パーティションをチェック」、「MBRを再構築」の他に、「パーティションを作成/フォーマット/削除/分割/結合」や「OSをSSDまたはHDDに移行」などのより高級な機能も含まれています。興味があれば、もっと詳しく→各AOMEI Partition Assistantバージョンの比較