ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年07月30日

Windows Server 2012 BCDエラー

私がマシンを起動すると、Windows「PCのブート設定データがないか、エラーがあります」というメッセージが表示され、起動に失敗しました。実は、私は昨日コンピュータにいくつかのアプリケーションを追加しましたが、今朝起動するまで何も間違っていません。追加したアプリが何か問題あるかもしれないと思います。しかし、マシンは1年前に私に属していなかったので、Windowsインストールディスクを持っていません。このマシンを正常に動作させるにはどうすればよいですか?

Windows Server 2012 BCDエラー

BCDエラーは、実際にはWindows Server 2008(R2)でも発生する一般的なエラーです。Serverのオペレーティングシステムを除いて、DellのラップトップブートBCDエラー、HP、LenovoまたはゲートウェイBCDエラーの修正方法に関するヘルプ記事もあります。次に、BCDとは何ですか、なぜエラーが発生するのですか?

ブート構成データ(BCD)とは

Wikipediaによると、ブート構成データ(BCD)ストアは、ブート時のコンフィギュレーションデータ用のファームウェアに依存しないデータベースで、新しいWindowsブートマネージャとして使用されます。

異なるブートモードでは、BCDストアの位置が異なります。従来のBIOS起動の場合、BCDファイルはアクティブなパーティション(通常はシステムパーティション)の/Boot/BCDにあります。UEFIブートの場合、ファイルはEFIシステムパーティションの/EFI/Microsoft/Boot/BCDにあります。したがって、一部のユーザーは、Windows Server 2012でUEFIブートエラーBCDまたはEFI/Microsoft/Boot/BCDエラーも受け取ります。

なぜWindows Server 2012でBCDエラーが発生するのですか?

通常、システムパーティションを拡張することによってトリガーされる最初の再起動時にこのエラーが発生することがあります。不適切な操作は、Boot/BCDファイルを破損する可能性があります。

また、アプリケーションまたはプログラムを追加した後にエラーが発生します。ブート構成データはサードパーティの統合用に設定されているため、誰でも診断や回復オプションなどのツールを実装できます。そのため、悪質な第三者のソフトウェアによってBCDストアが破損する可能性があります。

さらに、破損したMBRまたはBCDストアを含むUSBドライブからブートすると、BCDエラーが発生する可能性があります。また、Serverのインストール中にエラーが発生する場合もあります:

● Server 2012のBCDエラーの種類では、これらのエラーはPXEブートまたはSCCMで発生する可能性があります。

● あなたのPCを修復する必要があります。

● Windowsブート構成データファイルに有効なOSエントリが含まれていません。

● ブート構成データの読み込み中にエラーが発生しました。

● 複数回試行した後、PCのオペレーティングシステムが起動できなかったため、修復する必要があります。

次に、Windows Server 2012およびServer 2008でBCDエラーを修復するにはどうすればよいですか?

Windows Server 2012 BCDエラーを修復手順

異なる条件で異なるソリューションが必要です。Windowsインストールディスクまたは修復ディスクで十分に幸運な場合は、最初の部分の手順を参照してください。そうでない場合は、次のパートで何を得ているかを見てください。

WindowsインストールディスクでBCDエラーを修復

Windowsインストールディスクをコンピュータに挿入して起動します。ServerのBCDを再構築するには、以下の手順に従ってください。

1. インストールインターフェイスで、言語、時刻、およびキーボード入力を選択し、「次へ」をクリックします。

2. 左下にある「コンピュータを修復」をクリックします。

3. トラブルシューティング>コメントプロンプトでCMDを開始します。次に、「bootrec/rebuildbcd」と入力して「Enter」キーを押します。プロセスが完了するのを待ちます。

コメントプロンプト

4. コマンドプロンプトを閉じ、「オプションを選択」インターフェイスに戻って「続行」をクリックします。開始するには任意のキーを押すように促すプロンプトが表示されます。任意のキーを押してサーバーを再起動します。BCDファイルを再構築して、サーバーを適切に起動する必要があります。

ヒット:それでも問題が解決しない場合は、次のコマンドを入力してから、BCDファイルを再構築してください。

● bootrec /fixmbr

● bootrec fixboot

● bootrec /scanos

Windowsインストールディスクの助けを借りてBCDエラーを修正するのは簡単です。それにもかかわらず、支援するディスクがない場合はどうなりますか?Windows Server 2012用に通常のシステムバックアップまたはディスクバックアップを作成した場合は、すべての機能が動作している状態にサーバーを戻すことができます。その場合は、起動可能なメディアを作成してServer 2012を起動するだけです。

もちろん、プロのツールの助けを借りて、Server 2012にディスクなしでブートBCDエラーを修正することができます。

破損したMBRを修正してBCDエラーを修復

MBRの破損または破損によってBCDエラーが発生した場合は、Windows Server 2012のMBRを修正する必要があります。AOMEI Partition Assistant Serverは、Server 2008とServer 2012のMBRを再構築するのに役立つ、全面的なディスクパーティションマネージャです。それはコンピュータ初心者とIT専門家の両方のため、CUIとGUIを提供します。すべてのWindows Serverエディションをサポートしています。このソフトウェアでエラーを修正する方法を知りましょう。

用意:

● 機能的なPC:Server 2012は起動不可能なため、AOMEI Partition Assistant Serverをインストールするには、機能するWindowsベースのPCを準備する必要があります。

● USBメモリまたはCD/DVDディスク:AOMEI Partition AssistantをそのPCにインストールした後、Server 2012を起動できるように、そのPC上のソフトウェアでブータブルメディアを作成する必要があります。

1. PCにUSBメモリを接続します。そのPCにAOMEI Partition Assistant Serverをインストールして起動します。メインインターフェイスで、左側のペインで「ブータブルCD/USBを作成」をクリックし、手順に従って作成を完了します。CD/DVDへの書き出しとISOファイルの書き出しも利用できます。作成する前に、Server 2012の特定のドライバを追加することもできます。

ブータブルCD/USBの作成

2. ブータブルメディアをServer 2012に挿入し、マシンを起動します。ローカルディスクに戻った場合は、BIOSで起動優先度を起動可能メディアに変更する必要があります。

3. PCをログインすると、AOMEI Partition Assistant Serverが自動的に起動します。修復したいディスク(通常はこの場合はシステムディスク)を右クリックし、「MBRを再構築」を選択します。

MBRを再構築

4. ポップアップウィンドウでWindows Server 2012(Windows 7/8/10/2011/2012オプション)のMBRタイプを選択し、「はい」をクリックします。

MBRタイプを選択

5. 「適用」をクリックしてから「続行」をクリックして、保留中の操作を実行します。その後、修復のためにサーバーを再起動します。

MBRの再構築を適用と続行

ヒット:

● Windows Server 2012を正常に起動したら、「CHKDSK」を実行して他のエラーが存在するかどうかを確認できます。

● Windows Server 2008でブートBCDエラーを修正するには、手順4でWindows Vista/2008オプションを選択する必要があります。

まとめ

Windows Server 2012のブートBCDエラーが発生した場合は、Windowsインストールディスクを使用して簡単に修正できます。MBRが破損しているためにエラーが発生した場合は、それに応じてMBRを修正する必要があります。

AOMEI Partition Assistant Serverは、Windows Serverの多くの実用的な問題を解決できる包括的なソフトウェアです。たとえば、データを失うことなく、ServerでMBRをGPTに変換できます。