By Akira / 最後の更新 2022年04月20日

状況:Windowsはフォーマットを完了できませんでした

  • USBメモリーおよびSDカードはデータの保存と転送に役立つので、よく使われています。しかし、使用前にWindows 7/8/10/11でUSBメモリーまたはSDカードをフォーマットしようとする時、「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」というエラーメッセージが出てきて、USBメモリーまたはSDカードをフォーマットできないかもしれません。

    エラーメッセージ

上図のように、このエラーメッセージが短すぎます。「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」という問題についての詳細情報は何もありません。

なぜフォーマットが完了できませんでしたか?

解決方法を紹介する前に、まず「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」エラーの原因を紹介します。たいてい、以下の5つの原因と考えられます。

❶ドライブはウイルスに感染しました。

USBメモリまたはSDカードがユーザーによって様々なコンピュータに接続されることがあります。ほかのドライブからウイルスに感染する可能性があります。

❷ドライブが物理的に損傷しています。

物理障害はストレージデバイスにアクセスできない重要な原因となります。しかし、修復出来るかどうかが分からない場合、修理専門店に頼む必要がありません。USBメモリは安いから、新しいものを買いましょう。

❸ドライブは書き込み禁止になっています。

USBメモリまたはSDカードが書き込み禁止になっているのは、フォーマットを完了できない原因となるかもしれません。このディスクに何かをコピーすれば、書き込み禁止になっているかどうかすぐ分かります。もし、「ディスクは書き込み禁止になっています。書き込み禁止を解除するか、別のディスクを使ってください。」と表示されたら、ディスクは書き込み禁止になっていると分かります。

❹ドライブに不良セクタがあります。

不良セクタとはハードディスクまたはフラッシュメモリなどの記憶媒体において、何らかの障害によって利用できなくなったセクタのことです。不良セクタは、フォーマット操作とデータ回復操作に影響を与えます。不良セクタがあれば、第三者のソフトウェアを使用して修正したほうがいいと思います。

❺ドライブが空です。

フォーマットは未割り当て領域ではなくパーティションに基づいているため、空のドライブは「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」の原因となるかもしれません。もし、ドライブにパーティションがなければ、フォーマット失敗は当然だろう。パーティションを作成する詳細な情報は、こちらをクリックします。

Windowsはフォーマットを完了できないことを修正する方法

Windowsはフォーマットに失敗する様々な原因によって、一つ以上の対処法を考えていて、以上の問題を解決してみましょう。

一般的なフォーマット方法でお使いのメモリ(USBメモリー、SDカード、microSDカードなど)をフォーマットできない場合、以下の方法を試して、それをフォーマットできるはずです。また、ご存知のように、メモリのフォーマットはメモリ内のすべてのデータを消すので、事前に重要なファイルをバックアップしておいたほうがいいです。

ここでは、USBメモリーのフォーマットを例として他のフォーマット方法を詳細に紹介したいです。まずはUSBメモリーをコンピューターに接続し、そして以下のステップバイステップガイドに従ってください:

方法 1. ディスクの管理でフォーマット

「ディスクの管理」はWindowsに標準搭載されているツールで、パーティション&ディスクの管理を行えます。USBメモリーまたはSDカードは、認識可能なファイルシステムがないか、またはファイルシステムが全くないので、ファイルエクスプローラに表示されませんが、「ディスクの管理」に表示されます。そのため、「ディスクの管理」でメモリをWindowsでサポートされているファイルシステムでフォーマットできます。

手順 1. 「ディスクの管理」を開きます。Windows 10の場合、スタートボタンを右クリックして、「ディスクの管理」を選択します。或いは、実行ボックスに「diskmgmt.msc」と入力し、「ディスクの管理」を起動します。

Diskmgmt.msc

手順 2. フォーマットする必要があるUSBメモリーを右クリックして、「フォーマット」を選択します。

フォーマット

手順 3. 次の画面でファイルシステムの形式を選択し、「OK」をクリックして、フォーマットを開始します。

OK

※【補足】挿入したUSBメモリーは、何のファイルシステムがない未割り当て領域として表示された場合、それを右クリックして、「新しいシンプルボリューム」オプションを選択します。そして、新しいシンプルボリュームウィザードに従って、新しいパーティションを作成するうちに、このメモリをファイルシステムでフォーマットします。

未割り当て領域

方法 2. Diskpartでフォーマット

DiskpartもWindowsに内蔵されているツールで、コマンドプロンプトからディスク&パーティションを管理できます。「ディスクの管理」と比べて、Diskpartはユーザーにより多くの権限を与えます。

Diskpartを開くために、実行ボックスに「diskpart.exe」と入力するか、または管理者特権のコマンドプロンプトに「diskpart」と入力します。Diskpartユーティリティを起動した後、コマンドプロンプト上で以下のdiskpartコマンドを利用してUSBメモリーをフォーマットします:

list disk

select disk n(nはフォーマットしたいUSBメモリーのディスク番号です)

clean(このコマンドは選択されたディスク上のすべてのデータを削除します)

create partition primary

format FS=FAT32

assign letter X:(XはUSBメモリーに割り当てられたドライブ文字で、自分の好みにより変更できます)

未割り当て領域

これで、USBメモリーを削除して、FAT 32ファイルシステムで再フォーマットします。それをNTFSファイルシステムでフォーマットしたい場合、「format FS=FAT32」を「format FS=NTFS」コマンドに置き換えればいいです。

方法 3. 無料パーティション管理ソフトでフォーマット

上述の方法でまだフォーマットできない場合、サードパーティ製のパーティション管理フリーソフトAOMEI Partition Assistant Standardを使ってみることができます。

こちらからダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. このソフトを無料でダウンロードし、インストールし、起動します。

手順 2. ホーム画面で、USBメモリーを右クリックします。ドロップダウンメニューから「詳細処理」→「パーティションをチェック」オプションを選択します。

エラーチェック

手順 3. 次の画面で、「chkds.exeを実行してパーティションのエラーをチェックし、修正します」を選択して、「はい」をクリックします。

チェックと修正

手順 4. チェックが終わると、USBメモリーを右クリックして、「パーティションをフォーマット」を選択します。

パーティションをフォーマット

手順 5. そして、一つのファイルシステムを選んで「はい」をクリックします。

ファイルシステム

手順 6. 最後は仮想結果を確認して問題なければ「適用」をクリックして、すべての操作を実行します。

適用

AOMEI Partition Assistant Standardはパーティション&ディスクの管理に対して多くの強力な機能を提供しています。例えば、パーティションの作成、削除、フォーマット、チェックなどです。しかし、パーティションの復元、分割、消去、拡張、GPTディスクとMBRディスク間の変換など、もっと高度な機能を楽しみたいなら、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードする必要があります。

最後に

一般的に、以上の手順を実行した後、USBメモリーまたはSDカードはフォーマットできるはずですが、「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」というエラーメッセージがまだ表示されるなら、メモリには物理的なダメージがある可能性があります。こういう場合、メモリを修理センターに持って行って、もう一度それが動作するようにダメージを修復する方法があるかどうか聞いてみます。