By三浦大和 / 最後の更新日時 2019年08月22日

WindowsをSSDにインストールできない

ソリッドステートドライブ(SSD)にWindows 10/8/7をインストールすると、パソコンを確実に高速化します。しかし、WindowsをSSDにインストールできない場合、SSDを使えなくてとても残念です。この記事では、SSDについて三つの状況と解決方法を解説します。

状況1:Windows BIOSでSSDが認識されない場合

通常、SSDをパソコンに接続すると、BIOSによって自動的に検出されます。ただし、システムBIOSによってSSDが検出(自動検出)されない場合、以下の項目をチェックします。

1.SSDにSATAケーブルを接続するかを確認します。別のSATAケーブルを利用することができますし、SSDをSATA変換アダプタに接続し、BIOS接続が故障しているかを確認することもできます。

2.SATAポートが有効であるかを確認します。BIOSセットアップでポートがオフにした場合があります。新しいSSDをシステムに接続すると、BIOSでSSDを表示するには手動でSSDをオンにする必要があります。

SATAポート

3. SSDに故障が起きるかを確認するために、SSDを別の作業中のパソコンに接続します。

状況2:Windows 10/8/7のセットアップ(初期設定)でSSDが認識しない場合

SSDがBIOSに検出されない(自動検出)場合は、次の手順を参考にして対処してください:

1.BIOSが起動し、SATAをAHCIモードに設定します。Windows8/10をSSDにインストールできない場合は、[セキュアブート]を有効にします([セキュアブート]が利用できるなら)。

2. Windowsのセットアップ(初期設定)でSSDがまだ認識されない場合は、SHIFT + F10を押してコマンドプロンプトを開きます。

3. 「diskpart」を入力します。

4. 「list disk」を入力すると、パソコンに接続されているディスクが表示されます。

5. 「select diskN」を入力します(Nはディスク番号です)。例えば、システムでディスクを(ドライブ型名)ドライブに挿入したら、「select disk 0」を入力します。

6. 選択したディスクに大切なデータが保存しないことを確認します。「clean all」を入力し、Enterキーを押し、SSDのデータを消去します。

7. 処理が完了したら、「exit」を入力し、コマンドプロンプトを閉じます。Windowsのセットアップ画面に戻ります。

Diskpart Clean All

その後、WindowsのセットアップでSSDが表示されます。このクリーンプロセスによってディスクの寿命が低下すると思われると、SSDをSecure Erase機能で完全消去します。

状況3:このディスク(SSD)にWindowsをインストールすることはできません

WindowsでSSDが認識されても、「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクはGPTのパーティションの形式であります」というエラーメッセージが表示される場合、SSD(GPT)にWindowsをインストールすることはできません。BIOS設定を変更するか、ディスクをMBRパーティションスタイルに変換して、エラーを修正します。

WindowsのセットアップGPT

お使いのコンピュータがUEFIブートモードをサポートしている場合、BIOS設定でUEFIモードを有効にすることができます。Legacy BIOSブートモードのみが表示されている場合は、以下の手順を参照にしてSSDをMBRディスクに変換します。

1. Shift + F10を押し、コマンドプロンプトを表示します。

2. 次のように入力します:

diskpart

list disk

select disk N[Nはディスク番号です]

clean

convert mbr

3. プロセスの完了をお待ちください。完了したら、Windowsのインストール画面に戻り、Windowsをインストールします。

「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクにはMBRパーティションがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。」と出たら、UEFIモードを無効にし、レガシーモードを有効にします。または、SSDをGPTディスクに変換します。

WindowsのセットアップMBR

前述のように、diskpart.exeを使ってディスクをMBR/GPTに変換すると、ディスク上のデータが完全に消去されます。SSDが消去されないように、サードパーティ製のソフトウェアAOMEI Partition Assistant Pro版で、データ損失なしでディスクをMBR/GPTに変換します。

体験版を無料ダウンロードし、SSDを補助記憶装置としてパソコンに接続します。

では、AOMEI Partition Assistantを使用してSSDをGPT/MBRに変換するには:

1. このソフトウェアを開きます。

2. SSDを右クリックし、[GPTディスクに変換]を選択します。SSDがMBRであれば、[GPTディスクに変換]を選択します。

GPTディスクへ変換

3. タスクを確定し、[適用]をクリックし、この変更を適用します。

適用

このソフトウェアを使用すると、ブータブルメディアを作成することができます。ブータブルメディアを持ち歩いて、Windowsシステムがインストールされていないコンピュータをも利用できます。新規のインストールの代わりにSSDにHDDをクローンしたい場合は、このソフトウェアも使用できます。

最後、WindowsがSSDにインストールできなくても、パニックに陥る必要はありません。自分の状況に基づいて上述のステップに従ってエラーを修正することができます。

便利でしょう~~時間を節約するには、AOMEI Partition Assistant Pro完全版を強くお勧めします。だって、そのソフトを使用すると、問題をすぐ解決できます!簡単かつ安全ですので、お客様の大切なデータを守ります。