By Akira / 最後の更新 2022年04月15日

Windows to Go USBドライブを作成する理由

ポータブルWindows 10は、さまざまなコンピューターで作業する必要がある一部のユーザーにとって非常に便利です。ポータブルWindows 10を使用すると、あらゆる場所の任意のコンピューターで独自のシステムを使用できます。これは、人々の使用習慣に満足しています。したがって、多くのユーザーはUSBスティックを使用してWindows 10を実行したいと考えています。これにより、USBスティックをPCに接続して、プレインストールされたバージョンのWindows 10で起動できます。

さて、USBメモリにWindows 10をインストールする方法はあるのでしょうか?

USB

Windows to Go USBドライブを作成する方法

ここでは、WinToUSBを使用するか、AOMEI Partition Assistantソフトウェアを使用して、USBフラッシュドライブにWindows 10をインストールする2つの有効な方法を提供します。

WinToUSBの使い方

WinToUSBは、外付けハードドライブまたはUSBフラッシュドライブに完全な機能のWindowsオペレーティングシステムをインストールして実行することができる優れたWindows To Go Creatorです。WinToUSBソフトウェアを使用すると、ISO、WIM、ESD、SWM、VHD、VHDXイメージファイルまたはCD/DVDドライブから直接ポータブルWindows 10を作成したり、既存のWindows OSインストールからUSBフラッシュドライブにWindows 11/10/8.1/8/7をクローンするためにそれを使用することができます。

WinToUSBを使ってUSBメモリにWindows10をインストールする手順は以下のどおりです:

1. Windows10がインストールされたパソコンにUSBドライブを接続します。

2. WinToUSBをダウンロード・インストールし、管理者として実行します。

3. メインインターフェイスで、ISO、WIM、ESD、SWMと書かれたボタンをクリックし、検索ボタンをクリックして、開いたダイアログボックスからWindows 10インストールISOファイルを選択する必要があります。

Windows ISOファイル

4. WinToUSBは、Windows 10のインストールISOの中からインストール可能なOSをスキャンしてリストアップします。ここで、インストールするWindowsのエディションを選択し、「次へ」をクリックします。

Windowsのエディションを選択

5. 「複製先のディスクを選択」のドロップダウンリストから先ほど用意したUSBフラッシュドライブを選択します。USBドライブがリストに表示されていない場合は、「リフレッシュ」ボタンをクリックして、USBドライブの表示をリクエストします。

リフレッシュ

6. 選択したデバイスのすべてのデータが破壊されることを知らせるウィンドウがポップアップ表示され、続行するためにフォーマットするかどうかを尋ねられます。デバイスをフォーマットするパーディション形式を選択し、「はい」をクリックします。

パーディションスタイル

7. フォーマット後、次のスクリーンショットに移動します。ここで、インストールモードを選択し、「次へ」をクリックします。

インストールモード

8. その後、ポータブルWindows 10がUSBフラッシュドライブにインストールされます。このプロセスには数分かかることがあります。

開始

9. その後、すでにポータブルなWindows 10が作成されているので、どのパソコンに挿しても、BIOSを変更してWindows 10のUSBドライブから起動することができます。

bios

以上が、WinToUSBを使用してUSBドライブにWindows 10をインストールする方法の手順です。しかし、時々、WinToUSBが動作しない問題に遭遇することがあります。

2. WinToUSBの代替ソフトAOMEI Partition Assistantの使い方

Windows 10をインストールするもう一つの方法は、AOMEI Partition Assistantを使用することです。正直なところ、AOMEI Partition Assistantを使ってポータブルWindows 10を作成するのはWinToUSBよりずっと簡単です。

ディスクパーティション管理ソフトウェアAOMEI Partition Assistant Professionalは強力な「Windows To Go Creator」機能を備えています。Windows To Goのすべての制限を打破します。誰でも簡単にWindows 10 OSをUSBメモリにインストールして、起動可能なUSBドライブを作成することができます。

1. CD/システムイメージファイルを使って、USBフラッシュドライブやリムーバブルハードディスクにWindows 11/10/8/7システムをインストールすることができるようになります。WindowsのインストールディスクまたはISOファイルを持っている場合、簡単な手順でUSBフラッシュドライブにWindows 10をもたらすために、この方法を選択することができます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロード、インストール、起動します。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

ステップ 2. 左側の「全てのツール」→「Windows To Go Creator」をクリックして開きます。

Windows To Go Creator

ステップ 3. Windows向けかMac向けか選択します。一般的に「パーソナルコンピュータ用のWindows To Goを作成」を選びます。

パーソナルコンピュータ用のWindows To Goを作成

ステップ 4. WindowsのISOファイルを使用してポータブルなWindows 10を作成するには、ここでは最初の方法を選択し、「次へ」をクリックします。

ポータブルなWindows 10を作成

ステップ 5. ここでは、先に用意したUSBドライブを選択します。そして、「参照」をクリックして、WindowsのISOファイルを選択します。そして、「続行」をクリックします。

USBドライブの選択

ステップ 6. プログラムがUSBドライブ上のすべてのデータを削除し、それをフォーマットすることを思い出させるウィンドウがポップアップ表示されます。重要なデータがある場合、開始する前にUSBドライブ上のファイルをバックアップしてください。「はい」をクリックします。そして、起動可能なUSBドライブを作成するために開始されます。

開始

2. また、現在のシステム(Windows 7/8/8.1/10/11)をUSBフラッシュドライブやリムーバブルハードディスクに移行し、すべてのデータと現在のシステムにインストールされているソフトウェアを完全に保持することができます。つまり、現在のシステムでWindows To Goを作成することができます。WindowsのISOファイルやインストールディスクを持っていない場合、この方法は、USBドライブにWindows 10をもたらすための最良の選択です。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを起動し、「すべてのツール」→「Windows To Go Creator」をクリックします。

Windows To Go Creator

ステップ 2. 「現在のシステムでWindows To Goを作成」を選択し、「次へ」をクリックします。

現在のシステムでWindows To Goを作成

ステップ 3. このウィンドウで現在のシステムについての詳細な情報が見えます。「次へ」をクリックします。

詳細な情報

ステップ 4. ここで、以下のリムーバブルデバイスから、現在のシステムを移行するターゲットバスを選択します。USBドライブ以外に、SSD/HDDも使用できます。

ターゲットバスを選択

まとめ

WinToUSBと比較すると、AOMEI Partition AssistantのWindows To Go Creatorの使用はより簡単です。AOMEI Partition AssistantはWinToUSBの良い代替品です。実際、AOMEI Partition Assistantはハードドライブのパーティション分割、パーティションのサイズ変更、OSのSSDへの移行、MBRディスクのGPTへの変換などをサポートします。ぜひダウンロードしてお試してみましょう~

Windows ServerユーザーはAOMEI Partition Assistant Serverエディションを使ってください。