By Comnena / 最後の更新 2022年03月31日

Acronis True Imageについて

Acronis True Image

Acronis True Imageはアクロニス社のストレージバックアップおよび管理ソフトウェアです。従来のバックアップソフトウェアとは異なり、オペレーティングシステム(OS)を起動したままハードディスクドライブ(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)などのコンピュータストレージのバックアップができるソフトウェアソリューションです。

OSなどのシステム領域、アプリケーションソフトウェア(アプリケーション)、各種設定、ユーザードキュメントファイルなどをすべて保存し、ストレージを丸ごとイメージファイル化するため、PC全体のバックアップ、または復元が数分でできます。OSやアプリケーションのクリーンインストールに比較すれば大幅に作業を減らし、時間を節約します。バックアップファイルさえあれば新しいハードディスクにも復元が可能です。初心者でも使用できる操作性が高いソフトウェアとして、Acronis True Imageは全世界における賞受賞歴があります。

補足:Acronis True Image WD Editionはウェスタン・デジタルが自社製品HDD・SSDユーザーのみに対し、ネット上にて公開・提供しています。「Acronis True Image Home 2010」をベースに開発された。2020年9月現在は2016ベースのバージョンと2020ベースのバージョンが平行して提供されており、同社の一ブランドとなったサンディスクおよびG-Technologyブランドの製品も対象になっています。

Acronis True Image SSDクローンを作成する方法

Acronis True Image SSDクローンは、既存のWindowsシステムHDDを新しいSSDにクローンすることです。これは複雑ではなく、以下の手順に従ってクローンができます。

手順 1. SSDをコンピューターに接続します。検出できることを確認してください。このプログラムを起動して、「ツール」と「ディスクのクローン作成」をクリックします。

ディスクのクローン作成

手順 2. 自動(推奨)または手動モードのどちらを使用するかを選択します。次に、「次へ」をクリックします。

自動(推奨)または手動モード

自動:パーティションは、ターゲットドライブに合わせて比例してサイズ変更されます。
手動:必要に応じてディスクパーティションのレイアウトを変更します。

手順 3. ソースHDDを選択します。次に、「次へ」をクリックします。

ソースHDDを選択

手順 4. ターゲットドライブとしてSSDを選択し、「次へ」をクリックします。

ターゲットドライブとしてSSDを選択

手順 5. 「除外する対象」手順で、クローンしないファイルとフォルダを指定します。

手順 6. 終了ステップで、構成された設定がニーズに合っていることを確認します。次に、「続行」をクリックします。

手順 7. プロセスが完了するのを待ちます。次に、このプログラムは、実行する次のステップを通知します。

次のステップを通知

★ヒント:
このプログラムでダイナミックディスクをクローンすることはできません。
クローンしたドライブには、Windows内に文字がないことに注意してください。このドライブから新しいデバイスを起動すると、文字が自動的に割り当てられます。
Acronis True Imageで小さいSSDにクローンする場合は、ターゲットドライブにソースドライブの内容を収めるのに十分な容量があることを確認してください。

Acronis True ImageでHDDをSSDにクローンすることはできますが、Acronis True Imageがハードドライブを見つけられない、Acronisクローンディスク操作が失敗するなど、操作中に多くの問題が発生する可能性があります。HDDをSSDにクローンするための信頼性が高く柔軟なツールが必要な場合は、Acronis True Imageの代替手段を使用することをお勧めします。

Acronis True Image優れた代替品

Acronisクローンディスク操作が失敗した場合は、別のディスククローンソフトウェアであるAOMEI Partition Assistant Professionalを利用できます。これは、Crucial、Samsung、Kingston、SanDisk、Seagate、WD、Intelなどを含む複数のHDD/SSDブランドをサポートする優れたクローンソフトウェアです。さまざまな要件を満たす2つのクローン方法を提供します。

ディスククローン:HDD全体を別のHDD/SSDにクローンします。
OSをSSDに移行:Windowsオペレーティングシステムのファイルとプログラムを別のHDD/SSDに複製します。

AOMEI Partition Assistant Professionalは、Windows 11/10/8.1/8/7/XPをサポートしています。このソフトウェアを使用すると、ブートドライブをSamsung SSDに簡単にクローンしたり、データドライブをSamsung SSDにクローンしたりできます。

まず、AOMEI Partition Assistant Proデモ版を無料でダウンロードしてください!

Proのデモ版Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ディスククローンを例にして、クローン方法を紹介します。

手順 1. ターゲットSSDをWindows PCに接続し、AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。交換したいHDDを右クリックし、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

手順 2. ディスクのクローン方法を選択するには、ここで「ディスクの高速クローン」を選択して、「次へ」をクリックします。

ディスクの高速クローン

ヒント:SSDのサイズが現在のディスクよりも小さくない場合は、「セクター単位のクローン」を選択して未使用のセクタを含むすべてのセクタを現在のシステムディスクからSSDにコピーすることができます。

手順 3. 次に、SSDをターゲットディスクとして選択します。「SSDの性能を最適化」オプションをチェックして、「次へ」をクリックします。

SSDの性能を最適化

手順 4. AOMEI Partition Assistantを使用すると、ターゲットディスクのパーティションを編集できます。ここでは「コピー先に合わせる」を選択して「次へ」をクリックします。

コピー先に合わせる

手順 5. 保存先ディスクからの起動方法に関する注意事項がポップアップで表示されます。必要であればよく読んで、「完了」をクリックします。

起動方法に関する注意事項

手順 6. 最後に、「適用」と「続行」をクリックして、M.2 SSDクローン作成を開始します。

適用

手順 7. クローンしたSSDから起動する:コンピューターを再起動し、特定のキー(F2、F10、F12、DEL、ESCキーなど)を押してBIOSに入り、BIOS内の起動順序を変更して、クローンしたSSDから起動します。

SSDから起動

ノート:ハードドライブスロットが1つしかないラップトップまたはデスクトップの場合は、コンピューターをシャットダウンしてバッテリーを取り外し、ドライバーを使用して古いハードドライブ(HDD)をSSDに交換してから、コンピューターを起動します。

まとめ

この記事では、Acronis True ImageでSSDにクローンを作成する方法を学習しました。ただし、ハードドライブをクローンするためのより信頼性が高く柔軟な方法が必要な場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalが最適です。簡単な操作手順と包括的な機能を備えています。

また、このソフトウェアはGPTへMBRを変換、SSDへOSを移行、CDブータブルを作成、ベーシックへダイナミックディスクを変換できます。

Server 2022/2019/2016/2012/2008/2003でM.2 SSDをクローンするには、AOMEI Partition Assistant Serverは助けることができます。