By Akira / 最後の更新 2021年12月27日

なぜ起動ドライブをSSDにクローンするのか?

古い起動ドライブをソリッドステートドライブ(SSD)に交換することは、Windows PCのパフォーマンスと実行速度を向上させる最良の方法の1つです。これを達成するために、Windowsをクリーンインストールすることができます。しかし、これは多くの時間とエネルギーを費やすことになりますね。

これらの面倒な手順を避けるために、起動ドライブをSSDにクローンすることを試してみてはいかがでしょうか。この操作により、再インストールすることなく、Windowsシステムに関するすべてのデータをSSDに移動できます。移動が完了したら、ホストの古いHDDをSSDに交換し、BIOSの設定でPCの最初の起動順序をSSDに変更するだけです。

ssd

また、以下のような状況で、多くの人々は起動ドライブをSSDにコピーすること選びます:

同じシステムを別のパソコンに構築しようと思っています。
パソコンのOSが起動しない故障に備えて、Cドライブのクローンまたはコピーをバックアップとして作成しようと思っています。
Cドライブの空き容量不足またはHDDの低性能なので、パソコンの動作が遅く・重くなる場合、OSを再インストールせず、SSDに移行しようと思っています。

WindowsをSSDに移行するための優れたソフト

起動パーティションまたはドライブをSSDに簡単かつ迅速に転送するには、AOMEI Partition Assistant Professionalというソフトを使用することを強くお勧めします。そのソフトの「OSをSSDに移行」の機能を利用して、OSを再インストールせずに新しいHDD/SSDに移行できます。移行したHDD/SSDからPCを起動できます。ユーザーフレンドリーなインターフェイスを備えて、経験の浅い初心者でもマウスを数回クリックするだけで完了します。

また、ハードディスクのOS以外のデータをSSDに移動させたい場合は、ディスクからSSDへのクローン作成も可能です。

ここでは、AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードして、以下の手順に従って、ブートドライブをコピーしましょう~

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

再インストールせずに、起動ドライブをSSDにコピーする方法

まずは、SSDをPCに接続し、認識することを確認し、AOMEI Partition Assistant Professionalというプログラムをインストールし、起動する必要があります。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。メイン画面でディスクパーティション情報が表示されます。左側にある「OSをSSDに移行」をクリックし、ポップアップウィンドウで「次へ」をクリックします。

OSをSSDに移行

ステップ 2. 次のウィンドウで、ターゲットSSDの未割り当て領域を選択し、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

ステップ 3. このウィンドウで、移行先のパーティションのサイズ、位置、それにドライブ文字などを変更することができます。もちろん、デフォルト設定を維持してもいいです。

移行先

ステップ 4. 設定が完了した後、「次へ」をクリックして「OSブート」に関するノートを読みます。

OSブート

ステップ 5. 「完了」をクリックしてメインインターフェイスに戻ります。ここで、変更をプレビューすることができます。変更を実行するには、「適用」ボタンをクリックして保留中の操作をコミットしてください。

適用

ヒント:
この操作は、システムパーティションと関係あるので、操作はPreOSモードで完了されます。
MBRとGPTディスクの間にOSを移行する場合は、OSの移行を完了したら、BIOSに入て、起動設定を変更してください(ブート設定については、お使いのマザーボードまたはコンピュータのマニュアルをチェックしてください)。
移行先のディスク上に未割り当て領域がない場合は、無用のパーティションを削除したり、大規模なパーティションを縮小したりすることによって、未割り当て領域を生成してください。

まとめ

AOMEI Partition Assistantの「OSをSSDに移行」を使用して、いくつかの手順だけで起動ドライブをSSDにクローンすることができます。かなり便利かつ容易でしょう。

クローン機能のほか、AOMEI BackupperはGPTディスクの変換、SSDの安全消去など、もっと多くの機能を備えます。ぜひ、それをダウンロードして試みてみましょう~