By 三浦大和 / 最後の更新 2020年10月30日

富士通SSDについて

SSD(ソリッドステートドライブ)は、HDD(ハードディスクドライブ)に比べて、新たな記憶装置として多くの利点を有します。例えば、読み書き速度が速くて、より安定して、より頼もしくて、より安全です。SSDは、従来のHDDの最適な代替品でなければなりません。したがって、より多くのパソコンユーザーは、より良い性能を得るためにHDDからSSDに切り替えることを望んでいます。

また、富士通(Fujitsu)はエンタープライズ向けストレージ技術の世界的なリーダーであり、2014年6月ごろに民生用SSD市場に参入しました。富士通SSDは多くの利点を持っています。

  • SATAIII 6GB/秒の転送速度

  • Intel MLC同期チップ

  • 高信頼性、および高性能

  • SMART、TRIM機能をサポート

  • 高温耐性、無音作業環境

  • 耐衝撃性ポンプは、データの安全性を保つ

  • フラッシュメモリ技術革新

  • 3年間の製品保証

富士通SSD

OSを富士通SSDに移行する理由&方法

上述のように、富士通SSDは多くのメリットがあります。それらのメリットにより、多くのユーザーがOSを富士通のSSDに移行してより良いパフォーマンスを得ることを望んでいます。しかし、OSを富士通のSSDに移行する方法は何ですか?

OSを富士通SSDに移行するには、ディスクパーティション管理専門ソフトAOMEI Partition Assistantを利用することができます。そのProfessional版(有料)の「OSをSSDに移行」機能は、OSをSSDに移行するのにかなり役立ちます。Windows 10/8/7/Vista/XPでもうまく動作します。さらに、ディスクパーティション管理ソフトでもあるため、ディスクを初期化/分割/消去したり、パーティションを作成/削除/結合したりするために使用することもできます。そのほか、空き領域の割り当て、ブータブルメディアの作成、Windows To Go Creatorなど、もっと強力な機能も備えます。

AOMEI PAでOSを富士通SSDに移行する手順

AOMEI Partition Assistant Professionalを使用してWindowsオペレーティングシステムを富士通SSDに移行する前に、次のことを準備する必要があります。

●Windows OSが搭載されているパソコンです。ほぼすべてのWindowsバージョンは、AOMEI Partition Assistantによってサポートされています。
●AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードしてインストールします。

準備が整い次第、AOMEI Partition Assistantを使用してOSを富士通SSDに移行する詳細方法・手順は次の通りです。

ステップ 1. 富士通のSSDをパソコンに接続し、Windowsで検出できることを確認してください。

ステップ 2. AOMEI PA Proを起動して、左側の「OSをSSDに移行」をクリックします。「OSをSSDに移行」ウィザードが開くので、OS移行操作を確認したあと「次へ」をクリックします。

※実はこのウィザードは、SSDへのOS移行だけでなくHDDへのOS移行にも役立ちます。

OSをSSDに移行

ステップ 3. 次には、富士通SSDの未割り当て領域を移行先として選択する必要があります。そして「次へ」をクリックします。

移行先のSSDを選択

ステップ 4. この画面では、移行先のSSD上のシステムパーティションのサイズ、位置、およびドライブ文字を変更できます。そして「次へ」をクリックします。

移行先のSSDを編集

ステップ 5. 移行先のSSDまたはHDDからOSを起動する方法についての注意事項が表示されます。それをよく読んだあと「完了」をクリックします。

起動に関する注意点

ステップ 6. 最後はメイン画面に戻ります。仮想結果を確認して、問題なければ「適用」をクリックします。

仮想結果

結語

ここまでOSを富士通のSSDに移行する最善の方法をご紹介しました!ただ数回クリックで完成できますので、とても便利でしょう~~パソコン初心者でも簡単に操作できると思います。

もしご不明な点がございましたらご連絡ください。弊社のメールアドレスは:[email protected]。ここまでありがとうございました。