Byゆき / 最後の更新日時 2020年10月20日

私は私の3TBのSeagate Barracudaドライブ上の1つのパーティションを拡張しようとしていました。「ディスクの管理」で、ベーシックからダイナミックにディスクを変換する必要があることと聞かれました。そして、私変換しました。しかし失敗しました。それが「無効なダイナミック」と表示されました。

また、WindowsやLinuxのライブCD中のデータにアクセスすることはできません。これは何々のコンピュータフォーラムでネチズンによって聞かれる質問です。もし、同じことはあなたに起こったら、心配しないでください。

この記事を読んだら、解決方法を見つけられます。まずは、ベーシックディスクとダイナミックディスクについての概念を明確にしなければなりません。

ベーシックディスクとダイナミックディスクについての簡単な紹介

ベーシックディスクとダイナミックディスクは、Windowsでハードディスクの構成タイプの2種類です。ほとんどのPCは、簡単に管理できるベーシックディスクから構成されています。シニアユーザーとIT専門家はよくダイナミックディスクを使用しています。彼らはしばしば、性能および信頼性を向上させるために、複数のハードディスクを使用してデータを管理しています。

ベーシックディスク

多くの場合、ベーシックディスクは、プライマリパーティション、拡張パーティションそれに論理パーティションを使用してデータを整理します。フォーマットされたパーティションは、ボリュームと呼ばれています(専門用語では「ボリューム」と「パーティション」は、通常、交換に使用されます)。ベーシックディスクは、最大4つのプライマリパーティション、または3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションをサポートできます。拡張パーティションは、複数の論理ドライブを含めることができます(128個の論理ドライブまで)。ベーシックディスクの中のパーティションが他のパーティションとデータを共有したり、データを分割したりすることができません。ベーシックディスク中の各パーティションは、ディスクの独立したエンティティです。

ダイナミックディスク

ダイナミックディスクは、機能にはベーシックディスクのプライマリパーティションのと似ていて、複数のダイナミックボリューム(約2000)を含んでいます。 Windowsの一部のバージョンでは、パフォーマンスを向上させるために、複数の独立したダイナミックパーティションをダイナミックボリュームにマージしたり、複数のパーティションにデータを分割したり、異なるパーティション間で、データをクローン(イメージと呼ばれる)したりすることができます。マイクロソフトの公式サイトからのヒント:Windows Vista EnterpriseやWindows Vista Ultimateのみがダイナミックディスクをサポートしています。

どうしてダイナミックディスクが無効になりましたか?

コンピュータのハードディスクは、意図的にまたは意図せずにユーザーによってダイナミックディスクにベーシックディスクから変換することがあります。前述したように、ダイナミックディスクのデータ管理は、ベーシックディスクとは全く異なるものです。ベーシックディスクは、マニュファクチャーによってサポートされていて、広く使用されているパーティションテーブルでパーティションを管理します。パーティションテーブルは、Windows、Linux、Macそれにアンドロイドと完全に互換性があり、さらにいくつかの音楽プレーヤー模サポートしていますが、ダイナミックディスクが狭く使用され、互換性も狭いです。ベーシックディスクと比較して、ダイナミックディスクの方には、問題がよく出てきます。

ダイナミックディスクが無効になった状況

ユーザーがシャーシまたはシャーシのアクセサリを変更すれば、ダイナミックディスクは無効になります。またはリムーバブルダイナミックディスクを別のコンピュータに挿入し、リムーバブルディスク内のデータを読み込めなければ、無効になります。また、デュアルシステムをインストールし、一つが正常にダイナミックディスクを表示できますが、他の一つが表示できません。以上の全ての状況で、コンピュータがダイナミックディスクを読み取ることができません。

ダイナミックディスクが無効になった二つの重要な原因

まず、一部のWindowsオペレーションシステムは、ダイナミックディスクをサポートしません。例えば、Windows 7 Starter や Windows XP Homeとか。お使いのコンピューターがそれらの一つである場合、ダイナミックディスクが認識されることがありません。たとえそれを読みこもうとしても、それが「無効なダイナミックディスク」と表示されます。

そして、ダイナミックディスクの情報の一部はレジストリに保存されます。別のシステムにダイナミックディスクを追加するときに、ダイナミックディスクがシステムレジストリに情報をインポートする必要があります。同時に、ポートされたディスクをマークするために、システム情報もインダイナミックディスクにインポートされます。インポートの処理中に、オペレーティングシステムの互換性は、「無効なダイナミックディスク」という問題を引き起こすことがあります。

ダイナミックディスクが無効になった問題を解決するソリューション

ダイナミックディスクとベーシックディスクについての知識をある程度で身につけた後、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換することは無効なダイナミックディスクの問題を解決することにより良い方法になります。 Windowsシステムに内蔵された「ディスクの管理」を使用してユーザーがベーシックディスクにダイナミックディスクを変換することができます。しかし、前提があります。ダイナミックディスクが空でなければなりません。そうでなければ、すべての重要なデータを損失することがあります。多くの人が外付けハードディスクにデータを保存する方法が一番の選択であると言いましたが、データのコピーは時間のかかるんでしょう。それでは、どのように安全かつ簡単に変換しますか?

AOMEI Dynamic Disk Managerは、この問題を安全かつ簡単に解決できるソフトです。そして、ダウンロードして試してみることができます。これは、windows環境に基づいて、物理や仮想ディスク両方向けの強力で信頼性の高いダイナミックディスクとダイナミックボリュームの管理ソフトウェアです。それでは、AOMEI Dynamic Disk Managerで、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換してみましょう。

AOMEI Dynamic Disk Managerでダイナミックディスクをベーシックディスクに変換

AOMEI Dynamic Disk Managerをダウンロードしてインストールして起動します。これは、任意のデータを失うことなく、ベーシックにダイナミックディスクを変換する操作のために設計されたツールです。

インターフェイスにはディスクのプロパティが表示されています。ダイナミックディスクを右クリックして、「ベーシックディスクに変換」オプションを選択するか、左側のツールで「ベーシックディスクに変換」ウィザードバーを選択します。

convert-to-basic-disk

前述したように、ただ、一回のクリックだけで、データを損失することなく、ベーシックディスクにダイナミックディスクを変換することができます。このソフトウェアを使用して、当然のことながら、再びベーシックディスクをダイナミックディスクに変換することができます。チュートリアルについては:「削除することなく、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する方法」を参照してください。

ダイナミックディスクの変換ツールとして、AOMEI Dynamic Disk Managerがダイナミックディスクをベーシックディスクに変換したり、ダイナミックボリュームを作成/削除/フォーマット/リサイズ/縮小/移動したり、ダイナミックシステムボリュームを拡張したり、RAIDにドライブを追加/削除したりすることができます。また、これはWindows 10/7/8/Vista/XP/2000それにWindows Server 2000/2003/2008/2011/2012/2016/2019(32 ビットや64ビット両方)をサポートしています。

ダイナミックからベーシックにディスクを変換する他の方法

AOMEI Dynamic Disk Manager (DDM)の他、AOMEI Technologyがまた他のソフト‐Partition Assistantを開発しました。それもダイナミックとベーシックディスクとの間の変換を簡単かつ安全に完了できます。

AOMEI partition Assistant ProエディションがDDMより多くの機能を持っています。ダイナミックとベーシックディスクとの間のディスク変換という機能のほかに、AOMEI Partition Assistantは、パーティションのリサイズ/結合/分割などの機能を備えています。