By 三浦大和 / 最後の更新 2020年02月12日

ミラーボリュームは多くのメッリトを持っているため、多くのユーザーが利用しています。ディスク容量が足りないという問題はよく発生し、ミラーリングされたボリュームも同じです。この記事はそれを簡単に拡張する方法を紹介します。

一部のユーザーにとって、ダイナミックディスクはベーシックディスクより優れているように見えますが、他のユーザーはベーシックディスクが好きです。どの種類のディスクを使用しても、各ディスクにはそれぞれの特性があります。今日、私たちの話題は、ダイナミックディスクのミラーボリュームを増やす方法です。

ミラーボリュームは非常に便利ですが、まだいくつかの欠陥があります。Windowsの「ディスクの管理」で圧縮と拡張の作業を行えません。一方、新しいディスクを作成できるのは2つまでで、多くのディスク容量が無駄になります。また、読み書き速度も向上させられません。

ミラーボリュームを拡張します

ディスク上の空き領域が足りない問題にあったユーザーが少なくありません。ミラーボリュームはもちろん同じです。一般に、Windows 7/8/10のディスク管理ツールは拡張機能を備えていますが、シンプルボリュームでしか機能しません。従って、強力なサードパーティ製パーティション管理ツールが必要です。AOMEI Partition Assistantはユーザーから高い評価を得ており、優れたパーティション管理ツールです。

今回利用するのはAOMEI Partition Assistantのプロ版です。このバージョンはベーシックディスクとダイナミックディスクの両方をうまく管理できます。ここで、ミラーボリュームを拡張する詳細な手順を説明します。

1. AOMEI Partition Assistant Professionalを購入してから、ダウンロードしてインストールします。

2. AOMEI Partition Assistant Professionalを実行して、メインインタフェースダイナミックディスクのセルにある「Launch AOMEI Dynamic Disk Manager」をクリックします。AOMEI Dynamic Disk Managerが実行されます。

ダイナミックディスクマネージャー

3. 「DISK 2」のDボリュームを右クリックして,「Resize/Move Volume」をクリックします。リサイズウインドにより小さいサイズを入力し、または直接に矢印を左へドラッグしてパーティションのサイズを縮小して未割り当て領域を作成します。

オプション

リサイズ

4. 同じディスク上のFボリュームをリサイズします。未割り当て領域をFボリュームと合併してFボリュームを拡張します。

オプション

リサイズ

5. AOMEI Dynamic Disk Managerの左上の「Commit」をクリックして、拡張操作を実行します。

ダイナミックパティション拡張します

ヒント:

◎ミラーボリュームは2つのダイナミックボリュームがある限り動作するため、2つのダイナミックボリュームがあることを確認してください。

◎Windows XP及びWindows Vistaはミラーボリュームに対応していません。

◎Windowsが再起動するため、全てのデータがバックアップされたことを確認してください。