By Asher / 最後の更新 2021年11月25日

GPTとMBRのパーティションスタイル

Windows11のデフォルトのパーティションスタイルは何ですか?それを解答する前に、パーティションスタイルについて説明する必要があります。

ご存じのように、新しいハードディスクは初期化しないと直接使用することはできません。したがって、Windowsで初めてディスクを初期化するときに、MBRまたはGPTを選択するように求められる場合があります。MBRとGPTは2種類のパーティションスタイルです。

ディスクを初期化する

MBRは特定のパーティションではなく、各パーティションにハードディスクのタイプが割り当てられています。MBRディスク上のすべてのパーティションはMBRパーティションテーブルに属します。MBRは、広く使用されている古いパーティションテーブルで、ほぼ全てのバージョンと互換性があります(Windows11を除く)。ただし、MBRディスクでは、最大4つのプライマリパーティションを作成できます。そして、サポート可能な最大ディスクサイズは2TBです。

MBRとGPTの違い

GPTはパーティションではなく、各パーティションにハードディスクのタイプが割り当てられています。GPTディスク上のすべてのパーティションはGPTパーティションテーブルに属します。GPTは新しいパーティションスタイルであり、古いバージョンのオペレーティングシステムをサポートすることはできません。例えば、Windows Vista/XP/7/8/8.1/10/11、Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022のすべてのバージョンは、GPTディスクを使用してデータを保存できます。ただし、GPTディスクにインストールして起動できるのは64ビットバージョンのUEFI対応のシステムのみです。GPTディスクでは最大128個のパーティションを作成できるだけでなく、最大18EBのハードディスクをサポートすることもできます。

UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)は、EFI(Extensible Firmware Interface)の高度なバージョンです。Windows11のシステム要件にはUEFIモードが必要です。EFIシステムでは、WindowsはGPTディスクにのみインストールできます。BIOSモードはMBRパーティションテーブルに対応し、EFIモードはGPTパーティションテーブルに対応するためです。

Windows11で使われるデフォルトのパーティションスタイルは何か?

Windows11では、デバイスのハードウエアへの要求が高まっていました。多くのユーザーは、「PC Health Check(PC正常性チェック)」でコンピューターをチェックした後、「このPCではWindows11を実行できません」という警告が表示されました。一部のユーザーは、Windows11のインストール中に「このディスクにインストールできません」と表示されました。

このPCではWindows 11を実行できません

これらの2つの警告は、ほとんどの場合、PCにインストールされている標準以下のハードウェアによって引き起こされます。1つの重要なトリガーは、パーティションスタイルです。UEFIはWindows11 OSの必須条件であるため、Windows11のデフォルトのパーティションスタイルはGPTタイプです。

Windows 11の最小システム要件

Windows 11のシステム要件に関する問題を解決する

Windows11のデフォルトのパーティションタイプを変換する方法

ユーザーは、Windows11のディスクのパーティションタイプを変換できます。通常、変換にはWindowsの組み込みツール「ディスクの管理」またはサードパーティのツールを使用するという2つのオプションがあります。したがって、この部分では、これら2つの方法の具体的な手順を示します。

方法1.ディスクの管理でパーティションスタイルを変換する

ディスクの管理は、ディスクのタイプを変更するのに役立ちます。ただし、これは新しいディスクに適している可能性があります。ディスクの管理を使用する場合は、ユーザーがディスク上のすべてのパーティションをクリアする必要があり、ディスク上のすべてのデータが失われます。したがって、事前にバックアップを作成してください。

ステップ 1. 「コンピューター」を右クリックし、「管理」→「記憶域」→「ディスクの管理」を順に選択します。

注意:ターゲットディスクにパーティションがある場合、「GPTディスクに変換」機能がグレー表示されるので、「ボリュームの削除」を選択し、変換するディスク上の既存ボリュームを全部削除してください。

GPTでフォーマット

ステップ 2. ディスクをクリーニングした後、ターゲットディスクをもう一度右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

ステップ 3. GPT変換が終了した後、「新しいシンプルボリューム」をクリックし、新しいパーティションを作成することができます。

新しいシンプルボリューム

方法2.AOMEI PA Proでパーティションスタイルを変換する(データ損失ない)

ディスクの管理の制限を回避するには、Windowsユーザーがディスクを管理するために特別に設計された多機能ディスクおよびパーティションマネージャーであるAOMEI Partition Assistan Professionalを試すことをお勧めします。システムディスクであっても、データを失うことなく、ターゲットディスクをMBRからGPTに変換できます。

★注意:
誤操作によるデータの損失を防ぐため、必要なものはすべて事前にバックアップを作成してください。
変換後にブートモードを変更することを忘れないでください。
Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。変換するディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

ステップ 2. 「はい」をクリックして操作を確認します。

はい

ステップ 3. 「適用」をクリックして操作を実行します。

適用

変換後、BIOSに入ってLegacyをUEFIに変更する必要があります。

最後の言葉

必要に応じて適切な方法を選択する場合、Windows11のデフォルトのパーティションスタイルを変更することは難しい操作ではありません。AOMEI Partition Assistantには、MBRをGPT SSDにクローンしたり、アプリ/プログラムを移動したりするなど他の便利な機能もあります。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン

Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。
更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~(●'◡'●)