By Asher / 最後の更新 2022年01月17日

ディスクパーティションスタイルの変換というと、ユーザーは一般的にディスク管理の使用を考えています。システムによっては、MBRディスクでしか動作しないものもあれば、GPTディスクで動作するものもあります。特に、Windows 11がリリースされ、システムディスクとしてWindows 10とMBRを使用するユーザーは、アップグレードを開始する前にディスクをGPTに変換する必要があります。また、Windows 7または8を使用している場合は、Windows 10にアップグレードしてから、そして、Windows 11にアップグレードするために、MBRディスクをGPTに変換する必要があります。

MBRからGPTに変換するとデータは失われるか?

MBRとGPTディスクはいくつかの違いがあるため、ユーザーが適切なプログラムを選択しない場合、変換によってデータが失われる可能性があります。

空のディスクまたは重要なデータのない別のディスクがある場合は、ターゲットディスクのデータを消去しても問題ありません。この場合、コマンドプロンプトを選択してディスクを変換できます。ただし、ディスクが1つしかない場合、またはターゲットディスクに消去したくないデータが含まれている場合は、ツールを選択する時にさらに注意を払う必要があります。

というわけで、「GPTに変換するとデータは失われるか?」という質問に対する答えは、「はい、可能です」です。

データを失うことなくGPTに変換する2つの方法

正しいツールは、データを保護するために大いに役立ちます。したがって、データを失うことなく、ディスクをGPTに変換する2つのツールを紹介します。1つはMicrosoft製のツールで、もう1つはサードパーティ製のツールです。

ツール1.MicrosoftのMBR2GPT

ディスクの換装の必要性を考慮して、Microsoftはユーザーがディスクを変換するのに役立つ「MBR2GPT」と呼ばれるツールを提供しています。ユーザーは、Windows PE(Windowsプレインストール環境)および完全なOS環境で3つ以下のパーティションを持つシステムディスクのみを変換できます。さらに、そのシステムディスクにインストールされているOSは、Windows 10バージョン1703以降である必要があります。

デバイスがMBR2GPTの条件を満たしている場合は、それを使用してシステムディスクを変換する方法を見てみましょう。データに損傷を与えることはありませんが、通常、データの損失を引き起こす可能性のある誤った操作を防ぐために、開始する前にバックアップを取ることをお勧めします。

Windows PEの場合、次のように入力してください:mbr2gpt /convert /disk:n(nはシステムディスクの番号です)。

完全なOS環境の場合は、次のように入力してください:mbr2gpt /convert /disk:n /allowfullOS

次に、Legacy BIOS モードを UEFI モードに変更する必要があります。

MBR2GPT

ヒント:MBR2GPTに関する一般的なエラー

エラー1:「MBR2GPT validation failed(MBR2GPT.exeの認証に失敗しました)」

エラー2:「MBR2GPT is not recognized(MBR2GPTが認識されない)」

エラー3:「Cannot Find OS Partition(ディスク0のOSパーティションが見つからない)」

ツール2.AOMEI Partition Assistantの「GPTディスクに変換」機能

MBR2GPTの使用時に発生する可能性のあるエラーを回避するために、AOMEI Partition Assistant Professionalを試して、3つのステップで素早く変換を実行できます。ディスクに保存されたすべてのファイルは安全です。Windows 10 V1703以降でのみ使用可能なMBR2GPTとは異なり、このツールはすべてのWindowsシステムをサポートします。

MBR2GPT

AOMEI Partition Assistant

システムディスクのみ

システムディスク、データディスク、外部ディスク

Windows 10 V1703以降

Windows 11/10/8/8.1/7/XP/Vista

ヒント:Windows Serverを使用している場合は、AOMEI Partition Assistant Serverにアクセスしてください。

また、「GPTディスクに変換」はすべての実用的な機能の一つにすぎません。データを失うことなくダイナミックディスクをベーシックディスクに変換したり、FAT32をNTFSに変換したりすることもできます。さらに、OSの移行、アプリの移行、ディスククローンの作成なども利用できます。さまざまな機能が、デバイスを効果的に管理できます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして実行します。システムディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

ステップ 2. 次のウィンドウで、「はい」をクリックして操作を確認します。

MBRからGPTへの変換を確認する

ステップ 3. メインインターフェイスに戻り、「適用」をクリックします。

適用

その後、コンピュータを再起動してブートモードを変更します。

选择启动模式

最後

MBRからGPTに変換するとデータが失われますか?それは可能ですが、適切なツールを選択すれば、変換は誰にとっても安全かつ簡単になります。MBR2GPTは、Windowsの組み込みツールです。ディスクがこのツールのすべての要件を満たし、正しいコマンドが入力され、このツールを使用することはそれほど難しくありません。また、変換プロセスに発生する可能性のある3つのエラーをリストしました。これらのエラーが発生したときに、解決策が見つかることを願っています。

また、AOMEI Partition Assistantを直接選択して、コマンドの入力を回避することもできます。操作は非常にユーザーフレンドリーです。変換を一時停止する場合は、変換を元に戻すか、または変換を破棄することができす。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。