By Asher / 最後の更新 2021年11月08日

GPTの概念と利点

GUIDパーティションテーブル(GUID Partition Table,GPT)は、ハードディスクドライブ上のパーティションテーブルの配置に関する標準規格です。これはインテルの提案しているEFI標準の一部であり、旧来のBIOSで使用されているマスターブートレコード(MBR)の置き換えを意図しています。従来のMBRパーティションが、テーブルのパラメータから、1セクタ512Byteで定義した場合、最大2TiB迄の領域までしか管理できないのに対し、GPTでは、最大8ZiB迄の領域を定義、管理できまず。

GUIDパーティションテーブル

以下はGPTの利点です:

●GPTはアドレッシングモードに64-bit値を使用し、最大9.4ZBに対処できます。

●ほとんどの構成で、それは128個のパーティションをサポートします。プライマリパーティションの数はMBRパーティションに4つの制限があります。

●GPTは2つのテーブルがあり:1つはプライマリで、もう1つはバックアップ用のセカンダリです。

●各パーティションに36文字を含む記述的名前を付けられます。

●GPTディスクが2TB以上のパーティションをサポートできることです。

強力なGPTパーティションマネージャー

ちなみに、ソフトウェアに関して、懸念すべき最も重要なことは何ですか?もちろん安全です。ここでは、AOMEI Partition Assistant Professionalを推薦します。AOMEI Partition Assistantは、シンプルで使いやすいディスクパーティション管理ソフトウェアです。このソフトは10年以上の技術と経験を持って、操作の過程でデータの安全を保護することができます。このソフトを利用して簡単にMBRとGPT間でパーティションタイプを変更できます。さらに、数回のクリックだけでGPTパーティションをリサイズしたり、OSをGPTディスクに移行したり、あるパーティションの空き領域を別のパーティションに割り当てたりすることができます。

今、そのソフトの機能を体験しょう!

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

機能一:GPTをMBRディスクに変換する

データを失うことなくGPTをMBRディスクスタイルに変換することは、GPTパーティションマネージャーの基本的な要件です。このソフトの「MBRディスクに変換」機能を使用して、データ損失なしで簡単なステップでMBRディスクに変換することが できます。

手順 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールして実行します。GPTディスクを右クリックし、「MBRディスクに変換」を選択します。

MBRディスクへ変換

手順 2. 表示される画面で「はい」をクリックします。

はい

手順 3. メインインターフェイスに戻ります。保留中の操作結果が表示されます。ポップアップウィンドウでGPTとMBRの変換を開始するには、「適用」と「続行」をクリックし始めます。

適用

機能二:GPTディスクのパーティションをリサイズする

パーティションのリサイズはパーティションを前より大きく、または小さくさせることを指します。それはファイルとデータをうまく整理できます。次はAOMEI Partition Assistant ProfessionalでGPTディスクのパーティションをリサイズする方法を簡単に紹介します。

手順 1. リサイズしたいパーティションを選択して右クリックします。「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ

手順 2. ポップアップウィンドウでは、パーティションの右縁にマウスポインタを置き、右方向に境界線をドラッグしてパーティションを拡張します(パーティションの前後に未割り当て領域がない場合は、境界線をドラッグすることができません)。その後、「はい」をクリックします。

調整

手順 3. そしてメイン画面に戻ります。操作を実行するには、ツールバーの「適用」をクリックしてください。

適用

機能三:OSをGPT SSDに移行する

AOMEI Partition Assistantを使用してOSを再インストールしなくて、Windows OSを新しいGPTディスクに移行できます。

手順 1. まず、AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードし、インストールして起動します。そして、新しいSSDをコンピュータに接続し、メインウィンドウの左側で「OSをSSDに移行」をクリックし、ポップアップウィンドウで「次へ」をクリックします。

OSをSSDに移行

手順 2. 新しいSSDドライブの未割り当て領域を選択します。なければ、「私は、ディスク2上のすべてのパーティションを削除して、ディスクにシステムを移行したいんです。」にチェックを入れてください。

SSDドライブの未割り当て領域を選択

手順 3. パーティションのサイズを調整します。「次へ」をクリックしてください。

パーティションのサイズを変更

手順 4. 次のウィンドウでOSブートに関する方法が表示され、「完了」を押します。そして、メインインターフェイスに戻ったら、左上隅にある「適用」をクリックし、操作が終了するまで待ちます。

完了

適用

移行が完了したら、新しいSSDからコンピュータを起動できます

機能四:GPTディスクのパーティションの未割り当て領域を最大限に活用する

GPTディスクのパーティションの未割り当て領域を最大限に活用したい場合、「空き容量を割り当てる」を使用して、1つのパーティションから空き領域をもう1つのパーティションに割り当てることができます。

手順 1. 例えば、Eパーティションから空き容量をドライブCに割り当てる場合、Eパーティションを右クリックして「空き容量を割り当てる」を選択します。

空き容量を割り当てる

手順 2. ポップアップウィンドウでEパーティションからカットする空き領域のサイズを入力すると、この空き領域が直接に宛先パーティションに追加されます。

カットする空き領域のサイズを入力

手順 3. この操作を実行するには、「適用」をクリックしてください。

結論

AOMEI Partition Assistantは本当に優れたGPTパーティションマネージャーであり、以上の機能だけでなく、オペレーティングシステムをSDDへの移行、起動可能なディスクの作成、システムファイルNTFSとFAT32間の変換などの他の機能もサポートします。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。