By Comnena / 最後の更新 2022年09月19日

「 Disk layout validation failed for disk 0」エラーに遭遇

MBR2GPTは、Microsoftより発表したツールです。このツールを使用すると、ディスク上のデータを変更または削除することなく、ディスクをMBR(Master Boot Record)からGPT(GUID Partition Table、GUIDパーティションテーブル)パーティションスタイルに変換できます。

「Windows Update」機能でWindows 10からWindows 11のシステムに直接アップグレードしようとすると、UEFIブートモードが必要になるため、MBRからGPTへの変換の要件が大幅に増えます。MBR2GPTツールの便利さとは裏腹に、「Disk layout validation failed for disk 0」などMBR2GPTエラーに悩まされる方もいらっしゃいます。以下は、MBR2GPTの認証失敗の問題に遭遇したユーザーの経験談です。

PCで4TBのHDDをストレージドライブとして使用しており、500GBのSSDを使用してOSやその他のプログラムを保存します。HDDにMBRパーティションが一つあるので、2TBの容量しか利用できません。だから、HDDの充分利用のために、そのパーティションスタイルをGPTに変換しようと考えています。利用可能の容量が不足してきますから~

コマンド「mbr2gpt /validate /disk:1 /allowFullOS」を使用した後、「Disk layout validation failed for disk 1」というメッセージが表示されます。どうすればいいんですか?

-あるユーザーからの質問

Disk layout validation failed for disk 1

この問題を解決するために、まず原因を突き止める必要があります。

なぜMBR2GPTの認証に失敗しましたか?

二つの原因があります:

適用されないWindowsシステム

MBR2GPTプログラムは、Windows 10バージョン1703(Creators Updateとも呼ばれる)以降にしか適用されません。それ以外のWindowsシステムは、MBR2GPTディスクレイアウトに失敗する可能性があります。

Windows 7/8/8.1搭載パソコンを使用している場合は、オペレーティングシステムをWindows 10/11にアップグレードしてください。
バージョン1507、1511および1607などのWindows 10がインストールされた場合は、Windows 10バージョン1703またはそれ以降のバージョンで起動して、このツールを実行し、オフライン変換を実行する必要があります。

非システムディスク

MBR2GPTは、MBRのシステムディスクをGPTに変換するツールです。システムディスク以外のディスクをMBRからGPTに変換できません。データディスクを変換したいなら、「ディスクの管理」またはコマンドプロンプトを利用して、Windows 11/10でMBRをGPTに変換することができます。ただし、変換前にディスク上のすべてのパーティションまたはボリュームを削除する必要があるので、データが失われる可能性があります。重要なデータが保存されているなら、予めバックアップしたほうが安全だと思いますね。

MBR2GPTを実行するために必要な条件

MBR2GPTの認証失敗の原因を踏まえ、MBR2GPTを実行するためには、以下の4点を満たす必要があります。

ディスクはMBRである必要があります。
MBRパーティションテーブルには、最大で3つのプライマリパーティションがあります。
パーティションのうち1つは、アクティブなシステムパーティションとして設定する必要があります。
ディスクには、拡張パーティションや論理パーティションがありません。

そうでない場合は、認証に失敗することになります。

数回クリックだけで修復:「MBR2GPTの認証に失敗しました」

認証失敗のせいでMBR2GPTの変換に失敗した場合は、MBR2GPTの絶好代替品があるかどうか考えているユーザがいます。そのため、データ損失なしで迅速かつ安全にMBRからGPTへ変換できるディスク管理専門ソフトAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。

このソフトはMBR2GPTの機能をサポートするだけでなく、上の二つの制限も破ります。Windows 10のすべてのバージョンだけでなく、Windows 11/10/8.1/8/7/XP/Vistaにも適用されます。システムディスクをMBRからGPTに変換するだけでなく、ストレージディスクも変換できます。では、AOMEI Partition Assistant Proを使用して、MBR2GPTの認証失敗を迅速かつ安全に修正する方法を詳しく説明しております。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストール、起動します。変換したいディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクのい変換

ステップ 2. 表示された画面で「はい」をクリックしてGPTへの変換操作を確定します。システムディスクを変換する場合は、GPTディスクがUEFIモードから起動するというメッセージが表示されます。

GPTへの変換を確認

ステップ 3. 保留中の操作を実行するには「適用」→「続行」をクリックします。

MBRからGPTへの変換を実行

★ヒント:
システムディスクの変換後に、ファームウェアを切り替えてUEFIモードから起動する必要があります。
AOMEI Partition Assistantを使用してWindows PEでMBRをGPTに変換するには、「ブータブルCD/USBを作成」機能を使用してタスクを完了できます。
AOMEI Partition Assistantでは、データを失うことなくGPTをMBRに変換することもできます。

まとめ

MBR2GPT認証失敗エラーを修正するには、Windows 10バージョン1703以降のバージョンを実行していることを確認してください。または、ディスクの管理またはコマンドプロンプトを使用してMBRからGPTに変換できます。最善の解決策は、AOMEI Partition Assistantを使用することです。そのため、OSのバージョンやデータの損失を気にする必要はありません。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Partition Assistant Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

はい、以上です。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]

最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!