By三浦大和 / 最後の更新日時 2020年03月19日

未割り当て領域とは

未割り当て領域とは、ハードディスクにおいて、パーティションが割り当てられていない領域のことです。SSD未割り当て領域はSSDにある割り当てられていない領域です。HDD未割り当て領域はHDDにある割り当てられていない領域です。この場合はそこで我々のデータを保存することができません。つまり、利用不可能な状態となります。不要なパーティションを削除すると、パーティションはこのような領域になります。

未割り当て領域を削除する理由

未割り当て領域は、空いていても、使用できないディスクの一部です。使用できないからこそ、それを削除したい人はたくさんいます。だが、そのパーティションに任意のデータが含まれていないため、直接削除することはできません。そして、この使用されない領域を無駄にします。幸いなことに、それに対処する良い方法があります。ドライブ文字をサインして新規パーティションを作成するか、他のパーティションに追加することなどにより、それを完全に利用することができます。

これで未割り当て領域がなくなるし、我々が使っているディスクパーティションの容量を増やすこともできます。両方ともうまく行きます。ここまで、削除というより、十分利用することが適当だと思います。

未割り当て領域を「削除」する方法

方法1. オススメのディスク管理ソフトで未割り当て領域を利用

特に中小企業のビジネスのために設計されたServer向けのパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant Serverは、Serverのダウンタイムを最小限に抑えながら、ディスク容量を最大限に活用することができます。多くの機能を含んでいるので、ディスクに関するすべての問題をほぼ解決できます。または、Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019に対応します。

直感で使いやすいインターフェイスで、専門家ではない一般ユーザーでも数分でServerのパフォーマンスを最適化できます。弊社のServerパーティション管理ソフトを入手したら、2台のServerに使用できます。もう一つの重要なことは、生涯無料アップグレードが可能です。

    ▼メリット

    ● 革新的で実績のあるディスク&パーティション技術 - より速い、より簡単、より安全

    ● オールインワンユーティリティ - パーティション管理ソフト、ディスクツール、OSの移行/クローンソフト

    ● 最新の技術サポート - Windows Server 2019、GPT/UEFI、ダイナミックディスク

パーティションのリサイズにより、未割り当て領域を他のパーティションに追加

ステップ 1. まず、Cドライブを右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」オプションを選択します(ここでCドライブを例とする)。

パーティションのリサイズでCドライブを拡張

ステップ 2. この「パーティションを移動、リサイズします」画面で、スライダー右側の小さな円をクリックして右側に移動します。その後、「はい」をクリックしてください。このパーティションを移動したいなら、「このパーティションを移動したい」にチェックを入れます。

パーティションを移動、リサイズしている

ステップ 3. ここでCドライブの変更を確認し、「適用」をクリックしてタスクをコミットしてください。表示された画面で「続行」をクリックし、変更を有効にします。

Cドライブの拡張変更を確認

パーティションの結合により、未割り当て領域をパーティションに統合

ステップ 1. AOMEI Partition AssistantをWindows Serverでダウンロード、インストールおよび起動します。ディスクの未割り当て領域または未割り当て領域の追加先(ここでパーティションIを例とする)を右クリックし、「パーティションを結合」を選択します。

パーティションを結合

ステップ 2. Windowsの「ディスクの管理」とは異なり、ターゲットパーティションと未割り当て領域をチェックすることだけでいいです。ここでIドライブを例とします。「はい」をクリックします。

ターゲットパーティションと未割り当て領域をチェック

ステップ 3. Iドライブが拡張されました。確かにそうならば、「適用」をクリックして結合操作を有効にします。

結合操作を有効にする

パーティションの作成により、未割り当て領域で新規パーティションを作成

ステップ 1. 未割り当て領域を右クリックし、「パーティションを作成」を選択します。

パーティションを作成

ステップ 2. スライダをドラッグし、新規パーティションのサイズを設定します。もう一つ方法は数字(値)を入力することです。「はい」をクリックします。

パーティションを作成する中

ステップ 3. 適用」をクリックしてパーティションの作成を実行します。

パーティションの作成を確認

パーティションの作成を続行

方法2. 「ディスクの管理」で未割り当て領域を利用

まず、サーバの「ディスクの管理」を開きます。デスクトップにマイコンピュータ/PCを右クリックし、ポップアップメニューに「管理」→「記憶域」→「ディスクの管理」を選択します。また、Winキー+Rキーを合わせて押して、「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスに「diskmgmt.msc」と入力して「OK」をクリックします。

新しいシンプルボリュームにより、未割り当て領域で新規パーティションを作成

未割り当て領域のセルを右クリックして、ポップアップメニューに「新しいシンプルボリューム」をクリックします。ポップアップウィンドウのウィザードのガイドに従って新しいパーティションを作成します。

新しいシンプルボリューム

ボリュームの拡張により、未割り当て領域を既存のパーティションと結合

ディスクの管理ユーティリティーは未割り当て領域を隣接のパーティションと合併できます。未割り当て領域の隣のパーティションを右クリックし、ポップアップメニューに「ボリュームの拡張」を選択します。ポップアップウィンドウにガイドに従ってパーティションを拡張します。

ボリュームの拡張

2つの方法で、未割り当て領域がなくなって新しいパーティションを作成するか、他のパーティションを拡大することになります。

ただし、リムーバブルディスクを割り当てたり、3TBのMBRディスクに新規パーティションを作成しようとすると、「新しいシンプルボリューム」オプションはグレイアウト表示されて利用できなくなります。それは、Windowsでの多くの制限から生じた不便です。例えば、ディスクを再分割できないこと、MBRディスクは2TBまでの容量しかサポートできないこと、または最大4つのプライマリパーティションしか作成できないことです。

さらに、このユーティリティーは未割り当て領域と隣接するパーティションをのみ拡張できます。すなわち、隣接しない他のパーティションを右クリックすると、「ボリュームの拡張」がグレイアウト状態になります。どちらの場合も未割り当て領域の利用に支障をきたします。この場合は、方法1のディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant Server製品版に切り替えるほうがよい選択であるかもしれません。

結論

ここまで未割り当て領域を削除する方法を紹介しました。実はこの領域を使って我々のディスク容量を拡張することができます。上記の方法から読者様のご希望の一つを選んで問題を解決することがよろしいと思います。社内の台数無制限のコンピューで使われる必要があるなら、Unlimited版にアップグレードするほうがいいと思います。