ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年02月12日

Diskpartがボリュームを拡張できなかったのは普遍的な問題です。では、何をすればいいですか?Diskpartの代わりになるパーティション変更ソフトを見つけてください。この記事では、AOMEI Partition Assistant Server Editionをお勧めし、例を挙げて理由を説明します。

Diskpartでボリュームを拡張できなかった場合

Diskpart.exeを使用してボリュームを拡張すると、「選択したボリュームが拡張されていない可能性があります。別のボリュームを選択してもう一度お試しください。」という警告メッセージが表示されても驚かないでください。

Diskpartコマンドは、Windowsの組み込みパーティションリサイズツールです。ベーシックディスクからダイナミックディスクへの変換、MBRディスクからGPTディスクへの変換、パーティションの作成/削除、パーティションの拡張などの操作を実行できます。

Microsoft(マイクロソフト)はWindows Vista、Windows 7、Windwos 8 / 8.1、Windows Server 2008(R2)、Windows Server 2012(R2)のディスクマネージャの機能を改善しましたが、これらのWindowsオペレーティングシステム(OS)ではディスク管理でボリュームを縮小または拡張できます。実際には、多くの人々がWindows XPとWindows Server 2003を使用しています。XPやServer 2003のWindwos組み込みディスクツールでは、これらのパーティション操作を行うことはできません。幸いなことに、マイクロソフトはコマンドライン-diskpart.exeも提供しています。

なぜDiskpartは選択したボリュームを拡張できませんでしたか?

Diskpartは、シングルラインモードで動作しないため、多くのコマンドラインユーティリティとは異なります。その代わりに、ユーティリティを起動すると、コマンドは標準入出力(I / O)から読み込まれます。これらのDiskpartコマンドは、任意のディスク、パーティション/ボリュームに割り当てることができます。

今、Windows XPとWindows Server 2003は多くのユーザーによって使用されています。 中小企業の中には、Windows Server 2003を使用してビジネスを行うものがあります。 使用時間が長くなると、ディスクの容量が小さくなり、実行速度が遅くなっています。この問題を解決するには、ユーザーはパーティションを拡張する必要があります。彼らはDiskpartを使用しようとしますが、「DiskPartは選択したボリュームを拡張できませんでした。ボリュームが有効であることを確認してください。」というエラーメッセージが表示され、Diskpartはボリュームを拡張できませんでした。

どうして? いくつかの理由があります:Diskpartコマンドは、FAT、ブート/システムパーティションおよび未割り当て領域がない場合、ボリュームを拡張できません。NTFSファイルシステムのみをサポートし、拡張機能はデータボリュームのみをサポートします。拡張するダイナミックディスクの場合は、単一なボリュームまたはスパンボリュームにする必要があります。また、Diskpartを使用してパーティションを最適化するためのさまざまな制限を見つけることができます。

Diskpartが選択したボリュームを拡張できなかったことを解決するには?

簡単にボリュームを拡張するために問題を解決する方法は何ですか?オペレーティングシステムをアップグレードしたくない場合は、Windows XPまたはWindows Server 2003の使用を主張しているので、Diskpart.exeに時間を費やすことはお勧めしません。 その代わりに、プロフェッショナルなサードパーティ製のディスクパーティションツールが良い選択であることだと思います。

AOMEI Partition Assistant サーバー版 :Windows Server 2003(R2)、2008(R2)、2012(R2)、Windows SBS 2003,2008,2011およびWindows XP / Vista / 7/8/8.1(すべて改善されるパッケージ、32ビットと64ビットOSの両方)向けに素晴らしいディスクボリューム管理機能を提供する最高のソフトです。(パーティション を変更するソフトだとも思われる)

この記事ではWindows Server 2003に重点を置いていて、システムパーティションは最も頻繁に拡張する必要があるパーティションですので、Windows Server 2003上のシステムパーティションを拡張する方法を例として、AOMEI Partition Assistant サーバー版の使用説明を紹介します。

AOMEI Partition Assistant サーバー版でボリュームを拡張する手順

まず、サーバー版をダウンロードし、インストールし、実行すると、メインウィンドウにディスクパーティション情報が詳細に表示されます。

次に、F:ドライブを右クリックし(十分な大きさなので)、[空き領域の割り当て]オプションを選択します。ポップアップウィンドウで空き領域の値を入力し、ドロップダウンメニューからパーティションC(システムパーティション)を選択します。次に、[はい]をクリックしてメインスクリーンに戻ります。

空き領域を割り当てる

Cドライブに割り当てる

また、変更はメインインターフェイス上で事前にプレビューすることができます。保留中の操作には、パーティションのリサイズパーティションの移動、パーティションの移動とリサイズの3つの操作があります。これら3つの操作をそれぞれ操作することもOKですが、時間を節約するためには、[空き領域を割り当てる]を選択してください。ここで、[適用]ボタンをクリックして保留中の変更を適用します。

空き領域の割り当てを実行

ボリュームをすばやく拡張する、もう1つの方法は左側のウィザードパネルからウィザードの[パーティションの拡張]を選択することです。

パーティションを拡張

クリックすると、次の図のようなポップアップウィンドウが表 示されます。方法1は、システムパーティションを拡張するこ とです、方法2は、任意のパーティション(ボリューム)を拡 張することです。 詳細はこちらをご覧ください。

要するに、Diskpartがボリュームの拡張に失敗した場合は、AOMEI Partition Assistantに切り替えて試みることができます。これは、強力で使いやすいオールインワンのパーティション変更ソフトウェアです。AOMEI Partition Assistantサーバー版は、ホームとサーバーのWindows OSをサポートしています。さらに、最も素晴らしい点はパーティションのサイズを変更するプロセスでデータが失われないということです。これは、コンピュータのパフォーマンスを最適にする効率的なパーティション変更ソフトです。