By Asher / 最後の更新 2022年10月12日

事例

 

回復パーティションに邪魔されると、Windows 10のパーティションを拡張するには?

未割り当て領域でCドライブを拡張したいのですが、946MBの回復パーティションが邪魔になっています。未割り当て領域とブートドライブが隣接するように、回復パーティションと未割り当て領域の場所を交换する方法はありますか?それとも、回復パーティションを削除してもいいのでしょうか?

- あるユーザーからの質問

 

ディスクパーティション(Cドライブ)を右クリックで拡張させようとすると、拡張のボタンが非活性で押せません。近くにいた詳しい方によると、回復パーティションが邪魔して拡張できないからだそうです。しかし、私の知識が足りず理解できませんでした。この問題を解決する方いらっしゃいましたら、分かりやすく教えてくれませんか?

- あるユーザーからの質問

回復パーティションのため、Windows10でパーティションを拡張できない原因

上記のユーザーケースと同様に、「回復パーティションのせいでパーティションを拡張できません」、「回復パーティションを削除してパーティションを拡張してもいいですか?」などの質問はよく見られます。

実は、Windows10で最初にハードディスクを初期化してパーティションを分割したとき、各パーティションにはかなり十分な容量があるはずです。しかし、時間の経過とともに、各パーティションのストレージスペースは確実に縮小していきます。したがって、「ボリュームの拡張」機能を備えているWindows10の組み込みプログラムであるディスクの管理を使用して、割り当て領域を持つボリュームを拡張することはかなり良いアイデアです。しかし、時々、回復パーティションがボリュームと未割り当て領域をブロックしているため、「ボリュームの拡張」オプションがグレーアウトしていると不満を言う人もいます。

回復パーティションがボリュームと未割り当て領域をブロックしている

ディスクの管理では、ボリュームの右側に未割り当て領域がある場合にのみ、ボリュームを拡張することができます。したがって、他のパーティションが邪魔をしている場合は、ボリュームの拡張を行うことができません。

回復パーティションのため、Windows10でパーティションを拡張できない問題を解決する方法

Windows10では、回復パーティションによってパーティションの拡張が妨げられることがあります。では、この問題を解決するにはどうすればいいのでしょうか?ここでは、おすすめの方法を2つご紹介します。

方法1. 回復パーティションを削除する

回復パーティションは、システム障害が発生した場合にオペレーティングシステムを工場出荷時の設定に復元するのに役立つハードドライブ上のパーティションです。システム回復パーティションには、ドライブ文字がありません。回復パーティションには2種類あります。

1)一つは、最もよく知られ、広く普及していて、OSとともにGPTディスクにインストールされ、ごくわずかなストレージスペースを占有するものです。

2)もう一つは、PCの製造元(例えば、Lenovo、Dell、またはHP)によって設定され、多くのディスク領域を占有するものです。この種類の回復パーティションはOEMパーティションとも呼ばれます。

回復パーティションは、拡張したいパーティションと未割り当て領域の邪魔になるなら、Windowsの正常な動作に影響を与えずに削除することができます。しかし、今後、工場出荷時の設定を復元する必要があるシステム障害が発生した場合に備えて、最初にバックアップを作成することをお勧めします。

ディスクの管理の制限により、回復パーティションの削除はできませんが、別のWindows内蔵ツールであるDiskPartでは可能です。

ステップ 1. デスクトップの左下隅にある検索ボックスに、「cmd」と入力します。

ステップ 2. 結果から、コマンドプロンプトを見つけて右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

ステップ 3. コマンドプロンプトウィンドウで、「diskpart」と入力してEnterを押すと、DiskPartが起動します。

ステップ 4. 以下のコマンドを入力し、各コマンドの後にEnterキーを押します。

list disk

select disk 1(1は、回復パーティションがあるディスクのディスク番号です。)

list partition

select partition 1(1は、回復パーティション番号です。)

delete partition override

DiskPartで回復パーティションを削除

回復パーティションが削除されるまで、数秒お待ちください。

方法2. 回復パーティションを削除せずにパーティション拡張する

回復パーティションを削除したくない場合、またはコマンドラインに慣れていない場合、AOMEI Partition Assistant Standardをお勧めします。これは、回復パーティションを未割り当て領域の右側に直接移動したり、隣接していない未割り当て領域をCドライブに結合して拡張したりできるのに役立つ代替ソフトです。この2つの機能以外にも、AOMEI製品は、パーティションのフォーマット、パーティションの削除、パーティションのクローンもサポートします。

パート1. 回復パーティションを未割り当て領域の右側に移動する

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Standardをダウンロードし、インストールし、起動します。すべてのディスクとパーティションが表示されるのを待ちます。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 2. 拡張するパーティションと未割り当て領域の間の回復パーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ/移動

ステップ 3. 回復パーティションを右側にドラッグして、「はい」をクリックします。

はい

ステップ 4. メインインターフェイスの左上隅にある「適用」をクリックして、変更を実行します。

適用

パート2. 拡張するパーティションを未割り当て領域と結合する

パート1では、回復パーティションを未割り当て領域の右側に移動した後、ターゲットパーティションを拡張したい場合は、ディスクの管理を再度使用する必要があります。それでも複雑だと思われる場合は、AOMEI Partition Assistant Standardの別の機能「パーティションを結合」を試してみてください。この機能は、場所に関係なく、ターゲットパーティションと未割り当て領域を結合できます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Standardを起動します。メイン画面で、拡張するパーティション(この例ではCドライブ)を右クリックして「パーティションを結合」を選択します。

パーティションを結合

ステップ 2. 隣接しているパーティションまたはディスク上の未割り当て領域を選択して「はい」をクリックします。

結合する領域を選択

ステップ 3. 仮想結果が表示されます。確認後、問題なければ「適用」をクリックします。

適用

ステップ 4. 「続行」をクリックして結合の操作を実行します。

2つのパーティションを結合

パーティションを拡張するには、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードし、「空き領域を割り当てる」を試して、他のパーティションからターゲットパーティションに空き領域を割り当てることもできます。

空き領域を割り当てる

まとめ

Windows10で回復パーティションが邪魔してパーティションを拡張できない場合、この記事では、いくつかの実用的な方法が提供されています。回復パーティションには、重要なシステムのバックアップと復元ファイルを含んでいるので、ディスクの管理とDiskPartを使用して回復パーティションを削除することはお勧めしません。しかも、コンピュータ初心者にとって、コマンドラインはちょっと複雑です。この場合は、別のもっと強力なツールAOMEI Partition Assistant Standardを試して、回復パーティションを未割り当て領域の右側に移動するか、ターゲットパーティションと未割り当て領域を結合できます。

Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。