By Asher / 最後の更新 2022年04月26日

ServerでDドライブを縮小してCドライブを拡張したい

私のServer 2012 Cドライブはほぼいっぱいになり、コンピューターの動作が少し遅くなり始めました。しかし、Dドライブには未使用領域がたくさんあります。したがって、Dドライブを縮小し、パーティション化されていないスペースを使用してCドライブを拡張したいですが、どうすればいいですか?誠にありがとうございます。

- あるユーザーからの質問

システムディスクが十分に大きくなくて、定期的に最適化されていない場合、ほとんどのWindowsユーザーは、システムCドライブの容量が不足しているという問題に遭遇する可能性があります。Cドライブがほぼいっぱいになった場合はどうすればよいですか?OSを再インストールして、システムドライブを最初から作り直したいと思う人はいないでしょう!したがって、多くのユーザーは、重要なデータを失うことなく、Dディスクを縮小し、未割り当てスペースを使用してCディスクを拡張したい考えています。しかし、DドライブからCドライブに空き領域を転送することは可能ですか?

ディスクの管理でCドライブを拡張できないのはなぜか?

Dドライブを縮小した後、Windows Serverのディスクの管理でCドライブを拡張しようとすると、システムCドライブで「拡張のボリューム」が無効になっている場合があります。Dドライブを縮小し、未割り当て領域を使用してCドライブを拡張できないのはなぜですか?

拡張のボリュームが無効になる

これは、ディスクの管理では、拡張したいドライブの右側に未割り当て領域がある場合にのみ拡張できるためです。つまり、Dドライブを縮小すると、未割り当て領域はDパーティションの右側にありますが、Cドライブの右側にはありません。したがって、未割り当て領域があっても、「ボリュームの拡張」がグレーで表示されて、Cドライブを拡張することはできません。この場合、唯一の解除策は、Cドライブ(Dドライブなど)の右側にあるパーティションを削除して、連続した未割り当て領域を取得することです。そうすると、「拡張のボリューム」をクリックできます。

警告:パーティションを削除すると、パーティション上のすべてが失われるため、最初にバックアップを作成してください。
注意:ディスクの管理ではNTFSパーティションのみを拡張できます。システムドライブがFAT32またはexFATでフォーマットされている場合は、システムドライブの右に未割り当て領域があっても、拡張できません。

第三者ソフトウェアを使用してServerでCドライブを拡張する

Serverのディスクの管理の制限により、Dドライブを縮小してCドライブを拡張できない場合や、Dドライブを直接削除したくない場合は、AOMEI Partition Assistant ServerなどのServer向けのサードパーティ製のパーティションマネージャーソフトウェアに切り替えることができます。このソフトウェアはディスクの管理よりもはるかに優れており、以下の機能が実現できます。

まず、Cドライブに隣接していない未割り当て領域を移動してから、Cドライブを正常に拡張します。
未割り当て領域(ディスク上のどこにあるかに関係なく)を3ステップでCドライブに直接結合します。
Dドライブの空き領域をCドライブに直接転送します。

つまり、ディスクの管理でDドライブの削減とCドライブの拡張ができないという問題を回避するための3つの機能を提供します。以下では、「パーティションを移動」機能を使用してDドライブを縮小およびCドライブを拡張する方法について詳しく説明します。まずボタンをクリックしてデモ版を無料でダウンロードしてください。

Serverの無料デモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速

方法1:「パーティションをリサイズ」機能を使用する

手順 1. AOMEI Partition Assistant Serverをインストールして実行します。Dドライブを右クリックして、「パーティションをリサイズ」を選択します。

パーティションをリサイズ

手順 2. 新しいウィンドウで、パーティションのいずれかの端からスライダーをドラッグしてDドライブを縮小します。そして「はい」をクリックします。

Cドライブを縮小

手順 3. 次に、Cドライブを右クリックして、「パーティションをリサイズ」を選択します。

ーティションをリサイズ

手順 4. 次のポップアップで、スライダーを右にドラッグして、Cドライブを拡張し、「はい」をクリックします。

Cドライブを縮小

手順 5. メインインターフェイスに戻り、「適用」をクリックして、操作を実行します。

適用

方法2:「パーティションを結合」機能を使用する

「パーティションをリサイズ」機能でDドライブを縮小し、未割り当て領域でCドライブを拡張するには少なくとも5つのステップが必要で、ちょっと複雑です。簡単にするために、「パーティションを結合」機能を使用することをお勧めします。

ヒント: この機能を使用するには、Dドライブに未割り当て領域があるかどうかを確認してください。

手順 1. Cドライブを右クリックして「パーティションを結合」を選択します。

パーティションを結合

手順 2. ポップアップウィンドウでCドライブと結合したい未割り当て領域前のチェックボックスにチェックを入れて、「はい」をクリックします。

結合したいパーティションを選び

手順 3. 「適用」>「続行」をクリックして保留中の操作をコミットします。

適用

★ヒント:
一度に結合できるのは2つのパーティションのみです。
システムパーティションをデータパーティションに追加することはできませんが、データパーティションをシステムパーティションに追加することはできます。
異なるディスク上の2つのパーティションを結合することはできません。

方法3:「空き領域を割り当てる」機能を使用する

Dドライブを縮小しておらず、Cドライブを拡張するために使用できる未割り当て領域がない場合は、Dドライブの空き領域をCドライブに直接転送できます。次に「空き領域を割り当てる」機能を試しましょう。

手順 1. Dドライブを右クリックし、「空き領域を割り当てる」を選択します。

空き領域を割り当てる

手順 2. このポップアップウィンドウで、割り当てたいサイズを選択して、ターゲットドライブとしてCドライブを選択してから「はい」をクリックします。

割り当てたいサイズを選択

手順 3. メインインターフェイスに戻り、「適用」と「続行」をクリックして、保留中の操作をコミットします。

適用

まとめ

AOMEI Partition Assistant ServerはWindows ServerでCドライブを拡張するだけでなく、データ損失なしにダイナミックディスクをベーシックに変換したり、アプリやプログラムをあるドライブから別のドライブに移動したり、Windows Serverを新しいハードドライブにコピーしたりして、他にも多くの高級な機能があります。AOMEI Partition Assistant ServerはすべてのWindows ServerオペレーティングシステムおよびWindows11、10、8、7、XP、Vistaと互換性があるため、これらの方法はServer 2008/2012/2016/2019/2022およびWindows 11/10/8/の縮小Dドライブおよび拡張Cドライブにも適用できます。

もし、複数のPCおよびサーバーにこのソフトウェアをインストールする必要があるなら、AOMEI Partition Assistant Technicianを考慮できます。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。