Byゆき / 最後の更新日時 2020年06月12日

VMwareの仮想ディスクとパーティションのサイズを増加/変更する操作手順。VMwareのディスクマネージャとAOMEI Partition Assistantで、VMwareのディスク容量を最適化することは非常に簡単で安全です。

VMware Serverについて

VMware Serverは会社が複数の仮想マシンに単一の物理サーバを分割することを可能にする仮想化製品です。 VMware ServerをWindows、Linux、Solaris、それにNetWareに利用することが可能です。 VMware ServerがこれらのすべてのOSをサポートしていて、多くの利点を持っています。次のようです:

● 少ない物理的なサーバーでハードウェアのメンテナンスコストを節約できます。

● 単一のハードウェアプラットフォームで複数のオペレーティングシステムを配置することができます。

● データセンターの効率を向上させることができます。

● 各アプリケーションはそれぞれの仮想サーバーを持つため、更新または変更などの操作が行われた場合、アプリケーションが別のアプリケーションを邪魔することを防ぐことができます。

● 仮想マシンは、ハードウェアから独立した物です。 vSphereを実行できる任意のハードウェアでバックアップしたデータを復元することができます。

一般的なVMwareディスク容量問題

VMwareは、物理コンピュータのように動作できるため、VMwareは、最近非常に人気があります。しかし、我々はそれを適用するとき、その問題を無視することはできません。ほとんどの場合、VMwareでC:パーティションのスペースが不足するという問題が最も原始で共通の問題です。

2つの状況があります。

状況1. 仮想ディスクにはCパーティションと他のデータ・パーティションがあります。

状況2. 仮想ディスクには、システムパーティション(Cドライブ)だけがあります。このような場合には、まず、あなたはVMware仮想ディスクのサイズを大きくする必要があります。

質問: 私は、VMware ServerにWindows2003をインストールしました。ディスク0は、20GBで、すべてのディスク領域がCドライブに割り当てられています。ディスク1は40GBで、ダイナミックボリュームのパーティションDだけを持っています。ちょうど今、Cドライブの空き容量が不足しています。どのようにCドライブを拡張しますか?

この場合には、あなたがコンピュータを起動すると、必ずディスク領域不足の警告を受けます。そして、それは完全にあなたの仕事の効率に影響を与えます。誰もがこの状態を好きではないでしょう?それでは、問題を解決する方法はありますか?

解答: この問題を解決するには、まず、仮想ディスクのサイズを増加する必要があります。それから、AOMEI Partition Assistant ServerエディションでCドライブを拡張します。

それはVMwareの仮想マシンとデータセキュリティに関連しているため、Windowsユーザーにとって、VMwareのディスク・サイズを増加することは容易ではありません。心配しないでください。この記事は、次の段落にステップバイステップのチュートリアルを紹介します。

どのようにVMwareのディスクサイズを増加

重要な注意:

この命令は、VMware Server、 Workstation それにPlayer 3.xに適用されます。あなたがVMware Player2.xを使用している場合は、VMware Player3.xにアップグレードしてください。

すべてのスナップショットが削除されたことを確認してください。

仮想マシンがオフになっていることを確認してください。

「vmware-vdiskmanager.exe」の保存場所を見つけてください。普通、それは、VMwareのインストールディレクトリにロケートされます。例えば:C:/Program Files/VMware/VMware Server/vmware-vdiskmanager.exe。

お使いのWindows仮想マシンディスク(VMDK)のフルパスを見つけます。例えば:D:/Virtual Machines/Server 2003 Ent-x64/Windows Server 2003 Enterprise x64 Edition.vmdk。

ディスクの管理

ステップ 1. 「スタート」メニューを開きます。「実行」をクリックして、テキストボックスに「CMD」を入力して、「Enter」キーを押します。

ステップ 2. ポップアップ「コマンドプロンプト」で次のコマンドを入力するか、貼り付けます。

"C:/Program Files/VMware/vmware-vdiskmanager.exe" –x 30GB "xx.vmdk"

注意:あなたが欲しい実際の仮想ディスクのサイズを30GBに交換してください。仮想マシンの仮想ディスクのフルパスを「xx.vmdk」に交換してください。

VMware ディスクサイズの増加

ステップ2の結果として、VMwareの仮想ディスクのサイズが増加されました。増加されたスペースが割り当て領域と表示され、仮想ディスクの端部に配置されます。

仮想ディスクの新しいサイズ

前述した「警告」メッセージのように、パーティションのサイズを拡張するには、サードパーティ製のユーティリティを使用する必要があります。オールインワンのパーティションマネージャ‐AOMEI Partition Assistant を使用して、データを失うことなく、パーティションを拡張し、システムパーティションを拡張することができます。

VMwareのディスクサイズを増加した後、どのようにシステムパーティション(Cドライブ)を拡張しますか?

ヒント: 次のステップバイステップ操作手順に従うには、 まず、AOMEI Partition Assistant Serverの体験版を無料ダウンロードして体験することをお勧めします。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Serverを起動します。

ステップ 2. Cドライブを右クリックて「パーティションをリサイズ」を選択します。

ポップアップウィンドウで、右方向に右のハンドルをドラッグして未割り当て領域をマージします。その後、「はい」をクリックします。

ステップ 3. ツールバーの「適用」クリックして、「保留中の操作」ダイアログボックスの変更を確認します。そして、「続行」をクリックします。

ステップ 4. 数秒後、すべての操作が正常に完了します。

一つ以上のパーティションがあって、未割り当て領域がCドライブの後ろにありませんという状況の場合、あなたは未割り当て領域の場所を移動するか、データパーティションを縮小して空き領域を解放することができます。詳細については、VMware Cドライブの拡張をご覧ください。

パーティションのリサイズという機能の他、このソフトウェアはまた、空き容量の割り当てる、ダイナミックディスクとベーシックディスク間の変換、FAT32とNTFSファイルシステム間の変換などの操作をサポートしています。これは、サーバーユーザーにとって、プロのパーティション管理ツールです。