Byゆき / 最後の更新日時 2020年08月17日

最善のクローンソフトウェアAOMEI Partition AssistantでノートパソコンのHDDからSSDに安全かつ効果的に換装できます。この記事はこのタスクを実行する詳細なガイドを説明します。

質問1:「私のコンピューターが500GBのハードドライブを持っていますが、その起動時間が長いです。そして、私は余分な64GBのソリッドステートドライブを持っています。起動時間を減少するために、OSやいくつかのアプリケーションをこのSSDに移行したいです。その方法がありますか。」

質問2:「私は標準的なHDDを持っています。そして、そのHDDには、Windows 10、ゲーム、ビデオそれにオーディオが沢山あります。再インストールすることなく、SSDにOSだけを転送し、HDD上の他のすべてのものをそのまま維持することができる方法がありますか。」

ノートパソコンのHDDからSSDに換装する理由

最近、より多くのコンピューターユーザーはノートパソコンのHDDからSSD(ソリッドステートドライブ)に換装したいと思います。理由は次のとおりです:

より速い読み書き速度のために:SSDは記憶媒体にフラッシュメモリーを適用するので、HDDより速い読み書き速度を持っています。

データの安全性のために:SSDの内部には取り外し可能な機械部品が含まれていないので、衝撃などを恐れません。ノートパソコンが誤って落下したり、硬いものと衝突したするとき、データ紛失を起こす可能性が低いです。

より良いユーザーエクスペリエンスのために:SSDが稼働する時、機械式モーターと扇風機がないので音がしません。また、SSDの動作温度は摂氏-10度~70度です。SSDの優れた性能はコンピューターユーザーにより良い体験をもたらします。

SSDについての詳細:SSDの紹介:利点、欠点、選択方法

ノートパソコンのHDDをSSDに換装する方法

以上のことから分かるように、HDDからSSDに換装するのはユーザーにとって利点があります。

ノートパソコンのHDDをSSDに交換するために、以下のことを準備する必要があります:

● 適切なSSDを選択:SSDを購入する前にそれはお使いのノートパソコンに適することを確認する必要があります。

● 外部エンクロージャを介してSSDをノートパソコンに接続:静電気防止リストバンドと小さなドライバーが必要です。ノートパソコンは1つだけのディスクベイがある場合、SATA-USB変換ケーブルを介してSSDをノートパソコンに接続する必要があります。

● 多くのSSDはデータ移行ソフトを搭載します。例えば、Intel SSD、Samsung SSD。このようなSSDを購入した場合、SSDに搭載されているソフトウェアでHDDをSSDに交換できます。

そうしない場合、AOMEI Partition Assistantを使用するのは賢い選択です。

Windows 10/8/7でAOMEI Partition Assistantを使ってHDDからSSDに換装!

ディスクパーティション管理フリーソフトAOMEI Partition Assistant StandardでHDDからSSDにコピーするために、まずAOMEI Partition Assistant Professionalをインストールすべきです。そしてこのソフトを起動できます。

ここでソフトを無料ダウンロードして問題を解決します。

HDDからSSDにコピーする詳細な手順は次の内容に表示されます:

ステップ 1. クローンしたいHDDを右クリックして、「ディスクをクローン」を選び、次のポップアップ ウィンドウで適切なディスククローン方法を選択します。そして「次へ」をクリックします。

ここでは2つのディスククローン方法を選択できます:

ディスクの高速クローン:ディスクの使用済み領域のみをコピーします。この方法はより速いで、コピーのプロセス中にパーティションのサイズを調整できます。ターゲットディスクの容量はソースディスクより小さくてもかまいませんが、ソースディスクの使用済み領域より大きくなければなりません。

セクタ単位のクローン:ソースディスクのセクターが使用されたかどうかに関係なく、全てをコピーします。ターゲットディスクの容量はソースディスクより大きいか又は等しいでなければなりません。

ステップ 2. コピーしたいディスク(ここではディスク1です)を選択します。そして「次へ」をクリックします。

ステップ 3. ソースディスクをどこにクローンしたいですか?宛先ディスク(ここではディスク2です)を選択します。そして「次へ」をクリックします。

ヒント:ターゲットディスクはSSDである場合、「SSDの性能を最適化」チェックボックスをチェックして新しいSSDの性能を向上させます。ポップアップウィンドウで「はい」をクリックします。

ステップ 4. 次の画面でパーティションのサイズを調整できます。ここでは3つのオプションを選択できます。そして「次へ」をクリックします。

ステップ 5. 保留中の操作を確認して「適用」をクリックします。「はい」を選択してコンピューターを再起動します。それで操作はPreOSモードで完了することができます。

注意:

● いくつかの状況でコンピューターは宛先ディスクから起動できないかもしれません。この問題に遭う時、ノートパソコンからソースディスクを切断できるか、ターゲットディスクとソースディスクの接続ソケットを交換できます。そしてターゲットディスクからコンピューターを起動します。

● AOMEI Partition Assistantは包括的なディスククローンソフトです。それはWindows 10/8/7、Window XP、Windows VistaでHDDをSSD又はHDDにコピーできます。

● クローン機能のほかにAOMEI Partition Assistantも素晴らしいパーティション管理ソフトです。それはパーティションをリサイズ/移動、結合、分割、フォーマットできます。

● システムディスクについては、PA Standardの「ディスクをクローン」機能はMBRディスクからMBRディスクへコピーできますが、MBRディスクからGPTディスクへ、GPTディスクからMBR/GPTディスクへコピーできません。この場合、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードしてください。

上記はHDDをSSDに換装することですが、ただOSをSSDまたはHDDに移行したい読者様もいると思います。このソフトを使用して、この操作を簡単に行えます。

新しいHDD/SSDにOSのみを移行!Windows10/8/7を再インストールせずに

ステップ 1. 新しいハードディスクをお使いのPCに接続します。ラップトップOSを新しいHDDに移行するため、SATA-USBアダプタが必要です。AOMEI Partition Assistant Professionalを無料でダウンロード、インストール、開きます。左側のペインで「OSをSSDに移行」をクリックします。HDDにも適用できるので、ご安心ください。

ステップ 2. ここでは新しいハードディスクをターゲットディスクとして選択します。

ステップ 3. 二重矢印ハンドルをドラッグしてシステムパーティションのサイズを変更するか、下のボックスにサイズを直接入力します。

ステップ 4. この画面では「」の内容を是非読んでください。

ステップ 5. 保留中の操作を実行するには、「適用」→「続行」をクリックします。これで、新しいHDD入れ替えの操作を完了します。

注意:

● この操作はシステムについてですので、PreOSモードで実行する必要があります。

● 新しいハードディスクからパソコンを起動するには、BIOSでそのHDDを最初の起動デバイスとして設定する必要があります。F10キーを押して変更を保存し、終了します。

● 体験版では、最後まで実行することができません。Windows OSを移行するには、AOMEI Partition Assistant プロの完全版を利用してください。

● AOMEI Partition Assistantは、大型ディスクから小型ディスクへクローン、または小型ディスクから大型ディスクへクローンのようなHDD完全クローンをサポートします。

豆知識:SSDを最適化するヒント

ノートパソコンのHDDをSSDに交換した後、SSDのより良い性能を得るためにSSDを最適化する対策を知っている必要があります。

SATAモードをAHCI(Advanced Host Controller Interface)に変更します。システムはIDEモードで稼働している場合、ACHIモードはSSDの性能にとってとても重要なNCQ(ネイティブコマンドキューイング)をサポートするのでSATAモードをAHCIに変更すべきです。

SSDに一部の空き容量を残してください。SSDの空き容量を25%以上保持するなら、SSDはより良い性能と安定したパフォーマンスを得ることができます。

SSDのパーティションを整列します。ご存知のように、SSDはデータを保存するためにファイルシステムで4Kセクターの最小単位を採用します。4Kセクターに整列されていない時、SSDの性能は影響を受けます。そのため、SSD上のパーティションを整列するのは重要なことです。ノートパソコンのHDDからSSDに換装できるAOMEI Partition Assistant professionalを使用してこのタスクも完成できます。

Superfetchを無効にします。Superfetchは多くの時間を無駄にするので、次の手順に従ってそれを無効にすることができます:Windows+R→services.mscと入力→Superfetchを見つける→Superfetchを無効にする。

Trimが有効になることを確認します。SSDにとって、Trimは重要な機能で、SSDの読み書き性能を向上させ、遅延を減らすことができます。この機能が使用可能かどうかを確認するためにWindows + Rを押す→「fsutil behavior query DisableDeleteNotify」と入力する。「DisableDeleteNotify = 0」と表示されるなら、Trimは有効です。「DisableDeleteNotify = 1」と表示されるなら、Trimは無効です。