Byゆき / 最後の更新日時 2020年04月07日

Windows 10でCHKDSKを利用してディスクのエラーを検査しようとする時、その進捗が0%、10%、11%、15%、17%、20%または100%で停止してしまい、チェックディスクが正常に終わらないトラブルがあるでしょうか?この問題が発生する原因、そしてWindows 10でCHKDSKが途中で止まるエラーを修復する方法は何でしょうか?

CHKDSKが27%で止まって進まない

  • 【事例】

    最近、お使いのパソコンの動作が重く、遅くなると感じます。Windows 10でHDDのエラーをチェックしたり、修復するつもりです。従って、私はCMDでCHKDSK C: /fを入力し、Enterキー→Yキーを押します。最初の時、それが正常に始まりますが、2時間後にその進捗度は27%で止まって進まなく、同じ画面でずっと停止します。「ドライブのスキャンおよび修復中 (C:): 27%完了しました。」と表示され、プロセスを終了できません。一般的に、そんなに長い時間はかからないはずです。これは何故でしょうか?何か解決する方法はあるでしょうか?Windows 10でHDDのエラーをチェック、修復する方法CHKDSKが27%で停止※ちなみに、こういう状況では1週間パソコンを放置していてもチェックディスクが終わらないこともあります。

27%のほか、Windows 10でCHKDSKが0%、10%、12%、15%、17%、20%、40%または100%で停止することもあります。Windows 7など他のWindows OSでCHKDSK /fまたはCHKDSK /rを実行する時、CHKDSKがステージ 4/5で停止するトラブルも発生するかもしれません。

Windows 10でCHKDSKが途中で止まる原因

ღ豆知識:チェックディスク(CHKDSK)とは・簡単な紹介パソコンのHDD上に破損しているファイルや異常があるフォルダが無いかを調べたり、異常が見つかる際に修復ができるWindows10/8/7/Vista/XP標準搭載の機能です。外付けHDDはもちろんの事、USBメモリーに対しても行えます。
注:HDD故障の修復が可能とはいえ、あくまでファイルシステム(ソフトウェア)に対してのこと(ファイルシステムの整合性、一貫性を調べたり、破損した部分を修復したりすること)で、物理的なエラー(例えば、ディスクの寿命や外的要因)を修復できません。

さて、Windows 10でCHKDSKが終わらない問題を起こした原因はいったい何でしょうか?主に以下の2点が考えられます。

一つは、相当古いHDDに不良セクタや破損したファイルがたくさんあることです。
CHKDSK /rを実行して進捗が進まない場合、回復が必要なデータ、または修復が必要な不良セクタ、大量にあるかもしれません。ですから、数時間、もしくは一日までもかかることは当然でしょう。チェックディスクがゆっくりとでも進んでいて、何かを修復していると感じたら、ひたすら待って完了させたほうがいいです。

もう一つはCHKDSKユーティリティの問題です。
もし、どれだけ待ってもチェックディスクが進行している気配がないなら、実際に止まっている場合があります。チェックディスクは稼働中ソフトウェアとか、壊れたシステムファイルとかによって影響されるかもしれません。
こういう場合、起動可能なメディア(例えば、USB回復ドライブ)があれば、そこからWindowsを起動してCHKDSKを実行することができます。また、システム構成(ユーティリティ)ですべてのサービスを無効にし、開いているアプリケーションを停止し、Windows 10をクリーンブートしてからCHKDSKを実行することもできます。
この詳細については後の修正方法で述べます。Windows 10回復ドライブの作成方法

CHKDSKが停止するエラーを修正する一般的な方法

Windows 10でCHKDSKがフリーズしている問題を修正方法はいくつかあります。


しかし、以下の対処方法を実施する前に、手動でこのCHKDSKプロセスを中断する必要があります。

►手順:パソコンを強制終了してから再起動します。Windows 10の再起動時にCHKDSKが再び実行されるかもしれません。こういう時、Esc→Enterを押すか、またはプロンプトメッセージによって任意のキーを押してこのプロセスを中断して、Windows 10を正常に起動させます。(補足:或いは、Ctrl + Alt + Delを同時に押してタスクマネージャーでそのタスクを終了します。)

✍後は以下の方法でチェックディスクが終わらない問題を修正しましょう~

開いているアプリを停止する
周辺機器を外す
セーフモードでCHKDSKを実行する
他のユーティリティでディスクをチェックすることもできる
sfcコマンドを実行する
第三者ツールを使用する

ヒント:これらの方法はWindows 8.1でCHKDSKが途中で止まる状況にも対応します。

対処法 1. 開いているアプリを停止する

チェックディスクを実行する前に、念のため、開いているアプリケーションをすべて停止します。

CHKDSK限らずそうですが、こういう重要なプログラムを扱う際は、必ず今開いているアプリケーションを全て終了しましょう。CHKDSKなどを実行する前に他のアプリケーションやソフトが動いていると誤作動の原因になる場合があるからです。

  • step 1. スタートボタン→Windows 管理ツールシステム構成の順にクリックして、システム構成画面を表示させます。

  • step 2. 「サービス」タブをクリックし、実行中のアプリをすべて無効にします。システム構成

対処法 2. 周辺機器を外す

チェックディスクを実行する前に周辺機器を外し、マウスとキーボードのみの状態にします。

周辺機器が繋がっていると処理が遅くなったり、周辺機器や周辺機器のドライバーに問題がある時はCHKDSKがうまくいかない場合がありますので、周辺機器を取り外したほうがいいです。

対処法 3. セーフモードでCHKDSKを実行する

Windows 10セーフモードでCHKDSKを行うことは実行中のアプリの影響を排除することもできます。

回復ドライブ(USBメモリ)や他のブータブルデバイスを利用してセーフモードでチェックディスクを実行できます。

  • step 1. Shiftキーを押しながら再起動をクリックし、「オプションの選択」画面の「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「スタートアップ設定」→「再起動」ボタンをクリックし、「F4」キーボードまたは「4」キーで「セーフモードを有効にする」を選択することでWindows 10をセーフモードで再起動します。


  • Windows 10が正常に起動しない場合、回復ドライブ(USBメモリ)から「オプションの選択」画面にアクセスすることもできます。或いは、「オプションの選択」画面の「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「コマンドプロンプト」をクリックし、CHKDSKを実行することもできます。

  • step 2. WindowsキーとRキーを同時に押してからcmdと入力し、Enterを押します。管理者としてコマンドプロンプトを実行した後は、chkdsk /fと入力し、Enterを押してHDDのエラーをチェック、修復します。

対処法 4. sfcコマンドを実行する

SFC(システムファイルチェッカー)はWindows 10に標準搭載されているツールであり、Windowsの不足している、または破損しているシステムファイルをスキャンして修復することができます。

※ノート:sfcコマンドを実行する前に、ディスクのクリーンアップを実行してWindows 10のディスク領域を解放した方がいいです。[Windows 10向け]無料のディスククリーナー おすすめ
  • step 1. コマンドプロンプト管理者として実行します。

  • step 2. コマンドプロンプトでsfc /scannowを入力し、Enterキーを押します。「Windowsリソース保護は、整合性違反を検出しませんでした」というメッセージが表示されたら、これは不足または破損しているシステムファイルがないことを意味します。もし、問題を検出するなら、Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealthを実行してWindowsイメージを修復できます。SFC Scannow

  • step 3. スキャンまたは修復後、再起動が要求されます。起動時にチェックディスクがまだ実行される場合、前の方法でそれを中断してください。

対処法 5. 第三者ツールを使用する

Windows 10のHDDを検査するために、もう一つの選択があります。それはサードパーティ製ソフトウェアで不良セクタをチェックすることです。

おすすめ人気ソフト~AOMEI Partition Assistant Standardはそういう無料の統合ディスク管理ツールで、HDDのために「パーティションチェック」と「不良セクタをチェック」機能を提供します。こちらからダウンロード♥完全無料♥Windows 10、8.1/8、7、Vista、XPに対応♥誰でも簡単に使える

割引でAOMEI PA Standard無料版をAOMEI Partition Assistant Professional(有料版)にアップグレードおまけ付き)すると、パーティションの分割、HDDの消去、OSのみ移行など、もっと多くの便利かつ高度な機能を利用できます。

また、Windows Server 2019、2016、2012(R2)向けServer版、台数無制限のコンピュータで使用可能なUnlimited版と、クライアントに有償技術サービスを提供するIT専門家や技術者向けTechnician版もあります。必要に応じて最適なバージョンを選択してください。異なるバージョンの比較

  • step 1. AOMEI PA Standardを無料でダウンロードし、インストールし、起動します。

  • step 2. 特定のパーティションのエラーをチェックするには、対象パーティションを右クリックし、「詳細処理」→「パーティションをチェック」を選択します。パーティションチェック

  • step 3. HDDのエラーをチェックするには、検査したいディスクを右クリックし、ドロップダウンメニューから「不良セクタをチェック」を選択します。不良セクタをチェック

CHKDSKが終わらない問題を防ぐ別の解決策

CHKDSKが終わらないトラブルが発生しないように、自動的なchkdsk作業をスキップするか、または古いHDDを新しいHDDに交換することができます。

自動チェックをスキップする

ご存知のように、Windows NT以降のOSでは、「ファイルシステムのダーティビット」がセットされると、必要のある場合にのみ、システム起動時に指定されたボリュームに対してCHKDSKを自動実行するようにスケジュールします。

>>ダーティビットの検査:指定されたドライブはダーティビットがセットされるかどうかをチェックするには、コマンドプロンプトでchkntfs.exeというコマンドを利用して単にドライブ名だけを指定すればいいです。例えば、Cドライブがダーティな状態かどうかを確認するためにchkntfs c:と入力すればOKです。

システム起動時にCHKDSKが実行されて、終わらない問題が発生する可能性があります。このようなトラブルを防ぐために、自動的なチェックディスクをスキップすることができます。

>>自動チェックのスキップ:指定されたドライブの自動的なchkdskをスキップするには、/Xオプションにドライブ名を指定してください。例えば、Cドライブのチェックをスキップするためにchkntfs /x c:と入力してください。これにより、Cドライブが自動検査の対象から除外されます。


●複数のドライブを指定する場合は、1回のコマンドで入力しなければなりません(例えば、chkntfs /x c: d:と入力する)。複数回指定すると、最後のものだけが有効になります(例えば、chkntfs /x c:とchkntfs /x d:なら、D:だけが除外の対象となる)。

●このコマンドは、自動的なchkdsk作業をスキップさせるだけであり、ダーティビットをクリアするわけではありません。必要ならばchkntfs /c c:という有効化のコマンドを使ってCドライブの自動chkdskを実行させることができます。

補足:また、タスク スケジューラを起動→タスク スケジューラ\タスク スケジューラ ライブラリ\Microsoft\Chkdskタスクを右クリックして削除することで自動チェックディスクを中止することもできます。

タスクの削除

ちなみに、自動メンテナンスを有効にする場合、ディスクのファイルシステムのエラー、不良セクタ、失われたクラスタが定期的にチェックされるので、CHKDSKが必ずしも必要ではありません。「ファイルシステムのエラーです」と表示された場合の修復方法

古いHDDを新しいものに交換する

5年以上使い続けていたHDDでCHKDSK /fまたはCHKDSK /rを実行することをお勧めしません。古いHDDなら、CHKDSKが11%や20%で停止する問題が発生する可能性がもっと高いです。

こういう時に、上述のAOMEI Partition Assistant Standardの「ディスクコピー」機能を利用して、古いHDDを新しいHDDまたはSSDに交換することができます。交換後、古いHDDを補助記憶装置として使用することもできます。HDDからSSDに換装・交換【デスクトップとノートの場合】

ディスクのコピー

OSのみを新しいSSDに移動することもできますが、AOMEI PA Pro版の「OSをSSDに移行」機能が必要とされます。詳しい手順については下記の記事を参考にしてください。データを失うことなく、Windows10をSSDに移行する方法