ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年12月19日

この記事では、HDDクローンのいいところ、とWindows 10/8/7で強力的なHDDクローンフリーソフトを使用してHDDからHDDへクローンする方法を紹介します。

HDDからHDDへクローンする必要がある原因

HDDをクローンすることがソースディスクからターゲットディスクへすべてのデータ(システムが含まれて)をコピーすることができます。一般的に、Windows 10/8/7でHDDからHDDへクローンするユーザーが多くあります。では、原因はなんでしょうか?続けて読んでください。

  • HDDからSSDへクローンする必要がある:元々OSがHDDにインストールされています。コンピュータの性能を向上するため、Windowsとアプリケーションを再インストールすることなくHDDをSSDに換装必要があるかもしれません。

  • 大容量HDDへ変換する計画がある:HDDが空き容量不足になる可能性があるから、きっと大容量HDDへ換装したいでしょう。もし、元HDD上のデータを失わたくないところは、大容量HDDへクローンする必要があります。

  • 重要なデータの安全性のため:HDDが何かの理由(例えば:ウィルス)で、損害され可能性があります。だから、HDD上のデータが損害のため、読み取れできない前に、重要なデータの含むHDDコピーする必要があります。

WindowsでHDDクローンフリーソフト

上記のように、いろいろの原因で、HDDからHDDへクローンする必要があります。では、Windows 10/8/7でどうすればHDDクローンを実行するのでしょう。市場での多くのHDDクローンソフトの中で、高性能と高信頼度なパーティション管理フリーソフト--AOMEI Partition Assistantが役に立ちます。

  • 互換性:Windows 10/8/7、XPとVistaが全部サポートします。もし、Windows 10へアップグレードするか、それともWindows 7へバックするか、このソフトが全部機能できます。

  • 柔軟性:ディスク全体だろうか、データパーティションのみだろうか、OSだけだろうか、データをコピーするためさまざまな要求を満たすことができます。

  • 操作性:このソフトがフレンドリーで簡潔なグラフィックユーザーインターフェイスが持っていて、初心者でも使用する余裕があります。

要約すると、この包括的なディスククローニングソフト--AOMEI Partition Assistantは、HDDをSSDまたはHDDへクローンし、パーティションをコピーし、Windows OSをSSDに移動することは全部できます。

HDDクローンフリーソフトでHDDをクローンする方法

ディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistantを使用して、再インストールことなくHDDからSSDへクローンするか、それとも、大容量HDDへ換装することも全部簡単にできます。続けて読んで具体的な手順を学びましょう。

AOMEI Partition Assistantを使用してディスククローンを実行する前に、次のような準備をすることをお勧めします:

  • 目標HDDまたはSSDを接続して、Windows OSで検出できることを確認してください。

  • HDDに大切なデータがある場合は、クローンする前、バックアップする必要があります。

  • ソースディスク上の不要なアプリケーションをアンインストールして、コピー処理の時間を短縮します。

  • AOMEI Partition Assistantを無料ダウンロード、インストールして起動します。

準備をしてきたあと、下記の手順を従って、Windows 10/8/7でHDDからHDDへクローンをしましょう。(例えば、小容量SDDへHDDをクローンします。)

手順 1. この素晴らしいソフト-AOMEI Partition Assistantを実行して、メインインターフェイスで表示されるパーティションから操作したい一つを右クリックして、「ディスククローン」を選択します。小容量SSDへクローンするには、「ディスクの高速コピー」を選択します。

HDDクローンソフト

ディスクの高速コピー – ソースディスク上の使用済みスペースをコピーします。コピー先のディスクの容量がソースディスク上の使用済みスペースより小さくない限り、より小さなディスクにコピーすることができます。

セクター単位のコピー – すべてのセクタをターゲットディスクにクローンします。ターゲットディスクの容量は、ソースディスクの容量以上にする必要がありますが、時間がかかります。

クローン方法

手順 2. ソースディスクが手順1で右クリックで自動選択されました。ターゲットディスクを選択画面で、ターゲット場所をクリックして選びます。ターゲットディスクがSSDの場合は、下の「SSDの性能を最適化」にチェックを入れて、SSDのアライメントを確認し、調整できます。「次へ」をクリックします。


ターゲットディスクを選択

NOTE:パーティションを選択する場合、次の警告が表示されます。データ損失を予防するために、その上の大切なデータを予めバックアップすることをお勧めします。もしそんなことをしたくないなら、未割り当て領域を選択したほうがいいと思います。

データ損失の警告

手順 3. その後、ターゲットディスク上のパーティションを調整するオプションがあります。三つのオプションがあって、状況によって選んでください。

パーティションの編集

補足:ここでは、3つのオプションがありますけど、ターゲットディスクがより小容量の場合、「コピー先に合わせる」を選択しかできません。

手順 4. メインインターフェイスに戻り、操作を実行するには「適用」ー「続行」をクリックます。

パーティションクローンを実行

最後

注:

  • Windows 10/8/7でシステムディスクをディスクにクローンするには、再起動が必要です。

  • GPTディスクをMBRまたはMBRディスクからGPTにクローンした後、BIOSを入力してレガシーを有効にするか、レガシーからEFI/UEFIへのブートモードを正常にブートするように変更する必要があります。

  • Windows Server OSでHDDをHDDにクローンしたい場合は、Server版が必要あります。

まとめ

上記から、AOMEI Partition AssistantはWindows 10/8/7用の素晴らしいHDDクローニングソフトであると結論づけることができます。ディスクのクローニングとは別に、AOMEI Partition Assistantには、パーティションのサイズ変更、HDDの削除、またはすべてのパーティションの削除など、他の多くの便利な機能が搭載されています。