By Asher / 最後の更新 2022年03月08日

Win 10向けのHDDクローン作成ソフトが必要なのはなぜか?

HDDのクローンを作成することは、ソースディスクからターゲットディスクへすべてのデータ(システムが含まれて)をクローンし、ソースディスクの完全な1対1のコピーを実行するプロセスです。クローンしたハードディスクにあるオペレーティングシステムやアプリケーションなどのすべてのデータは、ソースディスクと同じようにロードして動作できるため、オペレーティングシステムやその他のプログラムを再インストールする必要はありません。次は、Windows 10でハードディスクのクローンを作成する理由です。

✔再インストールせずにディスクをアップグレードする

起動速度が遅い、またはディスクの容量が少ないことに悩まされている場合は、従来のHDD(ハードディスクドライブ)をより高速なSSD(ソリッドステートドライブ)にアップグレードするか、小さいSSDを大きいものに交換したいかもしれません。オペレーティングシステムとアプリケーションを再インストールする手間を省くために、ハードドライブのクローンを作成することが賢明です。

✔バックアップ用のクローンディスク

HDD/SSDが何かの理由(例えば:ウィルス)で、損害される可能性があります。ディスクのクローンを作成することで、元のディスクのコピーを取得できます。元のディスクが破損している場合でも、クローンされたハードドライブ上のデータにアクセスできます。

ただし、Windows 10にはディスククローン作成ソフトウェアが組み込まれていません。したがって、Windows 10でディスクのコピーを完了するには、サードパーティのソフトウェアが必要です。

最高!Win 11、10、8、7用のHDDクローンフリーソフトウェア

市場にはたくさんのHDDクローンソフトがあります。これらのソフトの中で、AOMEI Partition Assistant Standardを強くお勧めします。以下の利点があるからです。

ブータブルクローン

非表示のブート関連パーティションを含むすべてのパーティションを複製でき、複製されたターゲットディスクから正常に起動できます。これは、システムディスククローン作成にとって非常に重要です。クローン作成プロセスにシステム関連のパーティションが欠落していると、ターゲットディスクから起動できない可能性があるためです。

柔軟性が高い

異なるディスクサイズのコピーにも対応できます。ソースディスク上の使用済みのペースだけを複製する機能を持って、より大きなHDDをより小さなSSDに複製することができます。セクター単位のコピーの選択も提供し、不良セクターのHDDをクローンできます。オペレーティングシステムをSSDに移行するために、Windows 10システム関連のパーティションだけ(データパーティション除く)のクローンを作成できます。

簡単な操作

このソフトは簡潔なユーザーフレンドリーなグラフィカルインターフェイスとステップバイステップのウィザードを備えているため、初心者でも簡単に使用できます。また、操作の結果をプレビューすることもできます。満足できない場合は、元に戻すボタンをクリックすることで簡単に操作をキャンセルできます。

幅広い互換性

Windows 11、10、8、7、XPとVistaのすべてのエディション(32ビットおよび64ビット)で正常に動作します。

さらに、この優れたディスククローン作成ソフトウェアは、SSDパーティションを調整して、ハードドライブをSSDにコピーする際のパフォーマンスを向上させることができます。

5つの手順:AOMEI PAでWindows 10のディスクをクローンする

ディスクパーティション管理ソフトであるAOMEI Partition Assistantを使用して、再インストールことなくHDDからSSDへクローンするか、それとも、大容量HDDへ換装することも全部簡単にできます。続けて読んで具体的な手順を学びましょう。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

AOMEI Partition Assistantを使用してディスククローンを実行する前に、次のような準備をすることをお勧めします:

1.目標HDDまたはSSDを接続して、Windows OSで検出できることを確認してください。

2.HDDに大切なデータがある場合は、クローンする前、バックアップする必要があります。

3.ソースディスク上の不要なアプリケーションをアンインストールして、コピー処理の時間を短縮します。

4.AOMEI Partition Assistantを無料ダウンロード、インストールして起動します。

準備をしてきた後、下記の手順を従って、Windows 11、10、8、7でHDDからHDDへのクローンを作成しましょう!

手順 1. この素晴らしいソフトを実行して、メインインターフェイスで表示されるパーティションから操作したい一つを右クリックして、「ディスククローン」を選択します。

HDDクローンソフト

手順 2. ポップアップウィンドウでは、「ディスクの高速クローン」と「セクタ単位のクローン」という2つの方法でハードディスクのクローンを作成できます。一般に、最初の方法が推奨されます。そして、「次へ」をクリックします。

クローン方法

ディスクの高速クローン:ソースディスク上の使用済みスペースをコピーします。コピー先のディスクの容量がソースディスク上の使用済みスペースより小さくない限り、より小さなディスクにコピーすることができます。

セクタ単位のクローン:すべてのセクタをターゲットディスクにクローンします。ターゲットディスクの容量は、ソースディスクの容量以上にする必要がありますが、時間がかかります。

手順 3. ここでは、新しいHDDをターゲットディスクとして選択し、「次へ」をクリックします(ターゲットディスクがSSDの場合は、下の「SSDの性能を最適化」にチェックを入れて、SSDのアライメントを確認し、調整できます)。

ターゲットディスクを選択

手順 4. このウィンドウでは、ターゲットディスク上のパーティションのサイズと位置を調整できます。

パーティションの編集

ノート:ここでは、3つのオプションがありますけど、大きなハードドライブを小さなSSDに複製する場合、使用できるオプションは2つだけあります。

手順 5. メインインターフェイスに戻り、操作を実行するには「適用」ー「続行」をクリックます。

パーティションクローンを実行

ヒント:

◆AOMEI Partition Assistant StandardはデータディスクのクローンまたはMBRからMBRへの起動ディスククローンだけをサポートします。GPTからGPTへ、GPTからMBRへまたはMBRからGPTへ起動ディスクをクローンする場合、Professional版にアップグレードしてください。

◆Windows 10のハードドライブを新しいDD/SSDにクローンした後、クローンしたディスクからOSを正常に起動には、古いドライブを削除するか、BIOSに入って起動の優先順位を変更する必要があります。

まとめ

上記から、AOMEI Partition AssistantはWindows 11、10、8、7用の素晴らしい無料のHDDクローン作成ソフトウェアであると結論づけることができます。ディスククローとは別に、AOMEI Partition Assistantには、パーティションのサイズ変更、HDDの削除、またはすべてのパーティションの削除など、他の多くの便利な機能が搭載されています。

Windows Serverでハードディスクのクローンを作成してAOMEI Partition Assistant Serverを試すことができます。

この記事が役立つ場合は、友達と共有してください。何か質問や提案がある場合は、コメント欄に残してください。または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。