ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月02日

Windows 10回復パーティションの容量不足



私はWindows 10をSpring Update 1803にアップデートしてから、新しいパーティションを取得しました。その同時に、「パーティションG:\」がいっぱいになっていることがWindowsから何度も警告されました。その450MB容量のディスクは400MBが使用されていることを確認しました。ディスククリーンアップによって、ドライブ内にG:\Recovery\WindowsRE\Winre.wimがあることがわかります。リカバリパーティションのようです。このパーティションを削除できますか?そうでない場合、どのようにパーティション容量を増やすことができますか?プロンプトの表示を二度と見たくないと思います。助けていただいてありがとうございます!


——YAHOOから

これは、Windows 10の回復ドライブがいっぱいになった場合のヘルプポストです。そのGは対象ディスクパーティションの番号ですから、Dに取替える場合があります。こんな場合のディスクエラーは「回復ドライブDのディスク容量不足」になるかもしれませんね。これは、既存のプライマリパーティションまたは論理ドライブのディスク容量不足のいつものエラーではないため、いつもの修復方法なら役に立たない可能性があります。Windowsで回復パーティションを削除するのが許可されないことは証拠の1つです。

では、回復ドライブとは何ですか?なんの方法で作成できますか?なんの用がありますか?ご心配しないでくださいね~本ページでWindows 10 450MB回復ディスクに関する内容がすべて紹介されますので、次へ進みましょう。

Windows 10の回復ドライブについて

GPTディスクにWindows 10をインストールすると、回復パーティション(MBRディスクのシステム予約パーティション)とドライブ文字のないEFIシステムパーティションが作成されます。回復パーティションのサイズは、Windows 10の場合は約450MBまたは500MBです(Windows 8/8.1の場合は200MB、Windows 7の場合は100MBです)。

回復パーティションは、その名前が示すように、Windows OSを特定の状態に回復する用のものです。したがって、それを削除しても、システムの起動にある程度害はありません。このパーティションは、Windows 7などのシステムをWindows 8/8.1/10にアップグレードした後、または単に更新した後に作成されます。Windows 10で複数のリカバリパーティションが作成されているのも不思議ではありません。

デフォルトでは、リカバリドライブは非表示になっており、Windowsエクスプローラーからアクセスできません。だから、例の問題は、その更新に関する特定の問題です。パーティションのドライブ文字を削除することで修正できます。また、レジストリエディターでディスク容量不足チェックを無効にすることもできます。詳細な手順については、「Windows 7/Vistaでディスク領域不足を解消する方法」を参照してください。

リカバリドライブはCドライブの右隣にあるときにCドライブ拡張の邪魔になる可能性があります。その場合、Windows 10のリカバリパーティションを別の場所に移動して、未割り当て領域を確保する必要があります。

簡単に言うと、Windows 10回復ドライブは削除、再作成、移動することができます。Windows 10にアップグレードした後、リカバリパーティションに関する詳細情報を取得できます。

ディスクの管理での回復パーティション

Windows 10の回復ドライブのディスク容量不足を安全に解消する方法

さまざまな状況によってWindows 10 450MBリカバリパーティションがいっぱいになることを完全に修復するには、合計2つの方法があります。今すぐ一つずつ知っていきましょう。

方法1:Windows 10回復ドライブのドライブ文字を削除

例のユーザーのように領域不足の警告を受けたら、そのドライブのドライブレターを削除して、Windowsチェックをスキップすることができます。

1. 管理者としてDiskpart.exeを実行します。

2. 次のコマンドを順に入力します。毎回入力後、Enterキーを押すことを忘れないでください。

list volume (パーティションサイズによって回復ドライブを識別)

select volume X (ドライブ文字を正しいものに置き換える)

remove letter=X

3. コマンドプロンプトを閉じ、Windows 10を再起動し、先の操作を有効にします。

パソコンの使用と共に、リカバリドライブは段々いっぱいになっているなら、そこでいくつかのプログラム(通常はWindowsバックアップ)によって占有され、ファイル(システムイメージ)が絶えず生成されている可能性があります。ドライブの中身を確認して、プログラムを停止してください。それ以外の場合は、Windows 10回復パーティションのサイズを変更することで容量不足エラーを解消できます。

方法2:Windows 10で回復パーティションを拡張|ステップバイステップ

隣接する未割り当て領域がある場合は、「ディスクの管理」の拡張機能またはDiskpartの拡張コマンドラインを使用して、Windows 10の回復パーティションが小さすぎることを修正できます。未割り当て領域が連続していないか、未割り当て領域がまったくない場合は、Windows 10用のディスクパーティション管理フリーソフトAOMEI Partition Assistant Standardの支援が必要です。

この無料のパーティションマネージャーを使用すると、未割り当て領域の場所に関係なく(つまり、隣接かどうかに関係ない)、未割り当て領域または空き領域を回復ドライブに結合できます。空き容量がなくても、空き領域のあるパーティションを縮小して未割り当て領域を取得できます。このソフトはパソコン上級者でもパソコン初心者でも利用可能なインターフェースを備えています。無料ダウンロードして体験してみてください。

1. お使いのWindows 10パソコンにAOMEI Partition Assistant Standardをインストールして起動します。空き領域のあるパーティションを右クリックして、「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションを縮小

2. ポップアップウィンドウでスライダーの右側からサイズを変更するか、特定のサイズを入力します。

スライダーの左側からサイズを変更

    注意:パーティションの移動に頼らずにこの機能のみを使用して最後の結果を取得する場合、作成された未割り当て領域はターゲットパーティションの前後にある必要がありますが、「パーティションを結合」機能を使用する場合、作成された未割り当て領域はどこでもいいです。


3.
容量不足のリカバリパーティションを右クリックし、表示されるメニューからもう一度「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

回復ドライブのサイズ変更

4. ポップアップウィンドウで、回復ドライブをドラッグして右側の空き容量を満たすか、特定のサイズを入力して、「はい」をクリックします。

Windows 10の回復パーティションを拡張

5. 適用」をクリックしてから「続行」をクリックして、回復パーティションの拡張操作を実行します。

拡張操作を確認

拡張操作を実行

    注意:

    ● 未割り当て領域がなければ、未割り当て領域の作成方法をここで学べます。

    ● 高度なバージョンのAOMEI Partition Assistant Professionalを使用すると、縮小や結合操作が要らず、既存のパーティションから別のパーティションに空き領域を割り当てることができます。

まとめ

ここまで、Windows 10の回復ドライブがいっぱいになった場合、その対応の解決策2つを紹介しました。つまり、回復ドライブのドライブ文字を削除して非表示にすること、および回復ドライブを拡張してより多くのファイルを保存することです。AOMEI Partition Assistantを使用すると、リカバリパーティションをUSBドライブにコピーするのにも役立ちます。もしこの操作をしたいなら、「パーティションクローン」機能を使用していいです。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。

最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!