By Asher / 最後の更新 2022年04月24日

Windows 10で書き込み禁止のためCHKDSKは実行できません

CHKDSK(ディスクチェック)は、強力なWindows組み込みツールで、ディスクの整合性、ファイルシステムエラー、不良セクタなどのチェックに役立ちます。不具合な状況でディスクチェックを実行するのが一般的です。たとえば、USBメモリ、SDカード、および内蔵ハードドライブに保存されているファイルを開かないときに役立ちます。ただし、Windows 10の特定のパーティションでCHKDSKを実行すると、以下のエラーメッセージが表示される可能性があります。

エラー

Windows 10で書き込み禁止のためCHKDSKは実行できない原因

ディスクが書き込み保護されている場合、つまりディスクが読み取り専用ディスクです。また、ディスク上のデータを読み取ることのみが許可されており、新しいデータを追加したり、古いデータを削除したり変更したりすることはできません。書き込み保護機能を使用すると、既存のデータを削除または変更できなくなります。

一般的に、WindowsがこのボリュームをチェックしてWindowsを実行できないという問題は、Windows 10での書き込み保護は次の要因によって引き起こされる可能性があります。

● 一部のUSBメモリまたはSDカードは物理スイッチを持っています。スイッチが「ON」の場合、ドライブは書き込み禁止になります。

● CHKDSKを実行する必要があるドライブは、属性の「読み取り専用」として設定されています。

● Windowsレジストリキーの値が正しく設定されていません。

● ドライブのファイルシステムが何らかの不明な理由で破損または損傷しています。

● 選択したドライブはウイルスに感染しています。

Windows 10で書き込み禁止でCHKDSKは実行できない解決策

上記のエラーを引き起こす可能性のある理由を認識したので、Windowsを解決する方法に関する詳細な情報を得るときは、書き込み保護のためにWindowsでこのボリュームのディスクチェックを実行できません。ここには6つの簡単な方法があり、自分の具体的な状況に基づいて1つ以上を選びましょう。

解決策1. CMDの書き込み保護を解除する

書き込み保護のためにchkdsk n:/ fを実行できない場合は、「chkdsk n: / f/r/x」と入力することができます(nはこれを実行する必要があるパーティションのドライブ文字です)、この問題を解決するためにEnterを押します。このコマンドは、ディスク上の不良セクタをチェックし、エラーを修正することができます。

注意:システムにリムーバブルデバイスの書き込み保護が設定されている場合、このコマンドは無効になり、「Windowsはこのボリュームでディスクチェックを実行できません」というエラーが表示されます。

解決策2. Windowsレジストリキーを編集する

そのような場合は、WindowsレジストリキーにはStoragDevciePolicies WriteProtectの値データが存在するかどうかをチェックするためにレジストリを編集することができます。手順は次のとおりです。

手順 1. 同時に「Windows+R」を押し、「regedit」と入力してください。次に「Enter」を押します。

手順 2. 次のパスに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\StorageDevicePolicies

ヒント:「Control」の下に「StorageDevicePokicies」がない場合は、「Control」を右クリックし、「新規」>「キー」に移動し、「StorageDevicePolicies」で名前を付けます。次に、右側のウィンドウでホワイトスペースを右クリックし、「新規」>「DWORD(32ビット)」を選択し、WriteProtectで名前を付けます。

手順 3. 「WriteProtect」をダブルクリックし、「値のデータ」を0に設定します。

レジストリキー

手順 4. レジストリエディタを閉じます。

解決策3. 書き込み保護スイッチをロック解除位置に設定する

ドライブに物理的な書き込み保護スイッチが付いている場合は、ロック状態かどうかを確認しておきましょう。「ON」であれば、ロック解除位置に調整する必要があります。ドライブにこのような物理スイッチがない場合、またはスイッチが「OFF」側にある場合は、次の解決策を見てみましょう。

ロック解除位置に調整

解決策4. Diskpart経由の読み取り専用属性をクリアする

ドライブがDiskpartで読み取り専用に設定されている場合は、Windows 10のドライブでCHDDSKを実行できなくなります。このような場合は、読み取り専用属性をクリアするための以下の詳細な手順を実行します。

手順 1. 「Windows+R」を押して「diskpart」を入力し、「Enter」キーを押します。

手順 2. 下のコマンドラインを順番に入力し、すべてのコマンドを入力した後に「Enter」キーを押します。

「list volume」>「select volume h」(「h」は書込み保護されたボリュームの番号です)「attributes disk clear readonly」

手順 3. ディスク属性が正常にクリアされたことを確認するメッセージが表示されたら、「exit」と入力します。

diskpartでクリア

次に、CHKDSKを再度実行して、エラーが消えるかどうかを調べます。

解決策5. ドライブにファイルシステムエラーがないか確認する

このエラーを修正するには、このドライブをスキャンしてファイルシステムエラーを探すこともできます。詳細な操作方法は以下のとおりです。

手順 1. Windows 10の場合は「PC」をダブルクリックし、ファイルエクスプローラを開きます。

手順 2. 故障したドライブを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

手順 3. 「ツール」タブに移動し、「チェックする」をクリックします。

エラーをチェック

解決策6. ソフトウェアを利用してパーティションをフォーマットする

以上の解決策が無効な場合は、書き込み保護されたドライブをディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant Standard版でフォーマットすることができます。無料でダウンロードし、以下に示すステップバイステップのチュートリアルに従ってください:

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:この操作でパーティション上のすべてのデータが削除されるため、貴重なデータを事前にバックアップしてください。

手順 1. AOMEIパーティションアシスタントをダウンロードしてインストールします。書込み禁止のパーティションを探して右クリックし、「パーティションをフォーマット」を選択します。

パーティションをフォーマット

手順 2. ここでは、パーティションのパーティションラベル、ファイルシステム、およびクラスタサイズを決定できます。

ファイルシステムを選ぶ

手順 3. この操作を確認したら、「適用」>「続行」をクリックしてパーティションのフォーマットを実行します。

フォーマットを適用

上述したAOMEI Partition Assistantはパーティションチェックだけでなく、ディスクチェックもできます。

手順 1. パーティションエラーのチェックについて、ドライブを右クリックし、「詳細処理」→「パーティションをチェック」を選択します。

パーティションエラーのチェック

手順 2. ディスクの不良セクタをチェックするために、ディスクを右クリックし、「不良セクタをチェック」を選択します。

不良セクタをチェック

結論

以上は、Windows 10で書き込み禁止のためCHKDSKは実行できない問題を修復する方法です。上記のすべてのソリューションを1つずつ試す必要はありません。このエラーが発生する可能性が最も高いと考えて、「このボリューム上では書き込みが禁止されているためディスクチェックを実行できません」という問題を解決する解決策を講じます。

Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022で書き込み禁止のためCHKDSKは実行できない問題を解除する場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。