By Asher / 最後の更新 2022年01月27日

Cドライブのストレージ容量が不足している

「約1週間前、2年前のデルのラップトップをWindows 11にアップグレードしました。最初はすべてがうまくいき、この最新のOSの新機能に驚かされました。しかし、今日、デバイスを起動した後、Cドライブの空き容量が少なくなっているというメッセージが表示されました。

最近、私のラップトップの動作が本当に遅くなりました。ただし、SSDをより大きなものに交換するつもりはありません。そこで、Cドライブに空き容量を増やす方法を見つけようとしています。しかし、私はコンピューターの初心者なので、その方法がわかりません。誰かがWindows 11でハードドライブを割り当てる方法を教えてもらえますか?」

ディスク領域不足

なぜWindows 11でハードドライブの容量を割り当てるのか?

Windowsアップデートやサードパーティソフトウェアをダウンロードしてインストールができない場合、ディスク容量が不足している可能性があります。確かに、ディスクのストレージ容量が不足すると、Cドライブがいっぱいなどの警告がポップアップすることがあります。

一部のコンピューターユーザーは、ハードドライブをより大きなものに交換することを選択しますが、他のユーザーは、あるドライブから別のドライブに空き領域を割り当てることを決定します。最初の方法は、お金とハードディスクのインストールスキルの両方が必要で、初心者には少し複雑かもしれません。したがって、Windows 11ハードドライブに空き領域を割り当てることは、誰にとってもより良い選択であると思われます。

Windows 11でハードドライブの容量を割り当てる方法は?

一般的に、ディスク間に空き領域を割り当てるには2つのツールがあります。1つはディスクの管理と呼ばれ、ハードドライブとパーティションの両方を管理するのに役立つ実用的なWindows組み込みプログラムユーティリティです。もう1つは、より多くの機能を備えたAOMEI Partition Assistant Professionalというのサードパーティソフトウェアユーティリティです。

方法1.ディスクの管理を使用して空き領域をディスクに割り当る

ディスクの管理を使用すると、未割り当ての領域でターゲットディスクを拡張できます。

注意:データが失われた場合に備えて、事前にパーティションをバックアップできます。

手順 1. デスクトップの「コンピューター」または「PC」を右クリックして「管理」を選択します。

手順 2. 「記憶域」タブの「ディスクの管理」をクリックします。

ディスクの管理

手順 3. 拡張する必要のあるディスクの右側に未割り当て領域がある場合は、ディスクを右クリックして「ボリュームの拡張」を選択します。次に、ボリュームの拡張ウィザードに従って残りの手順を完了します。

ボリュームの拡張

未割り当て領域がない場合、ディスクの右側の連続したパーティションを削除して、未割り当て領域を作成する必要があります。次に、上記の手順に従ってターゲットディスクを拡張します。

これで、ディスクの管理により、空き領域の割り当ては終了しました。でも、このプログラムユーティリティを使用すると大きな制限があることがわかります。ディスクを拡張するには、ディスクの右側に未割り当て領域が必要です。そうでない場合は、パーティションを作成するにはまずパーティションを削除して、未割り当て領域を作成する必要があります。

方法2.AOMEI PA Proでパーテ ィションを削  せず に空き領域をディスクに割り当る

未割り当て領域がないときに別のパーティションを削除してディスクを拡張したくない場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalが最適です。この強力なディスクマネージャを使用すると、空き領域をあるパーティションから別のパーティションに直接に割り当てることができます。プロセス全体が安全で、データの損失を心配する必要はありません。さらに、パーティションの復元やアプリの移動などの他の便利な機能も備えています。

では「空き領域を割り当てる」機能を体験してみよう。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Proをインストールして起動し、十分なスペースのあるパーティションを右クリックして、ドロップダウンメニューから「空き領域を割り当てる」を選択します。

空き領域を割り当てる

手順 2. 次のウィンドウで、パーティションから再割り当てされる空き領域のサイズを事前に設定でき、この空き領域が直接に宛先パーティションに追加されます。完了したら、「はい」をクリックします。

Eパーティションからカットする空き領域のサイズを入力

手順 3. メインインターフェイスに戻ったら、左上隅にある「適用」をクリックし、「続行」をクリックしてスペースの割り当てを開始します。

適用

結論

この記事を読んだ後、Windows 11でハードドライブを割り当てる方法をすでに知っていると思います。この記事では、ディスクの管理とサードパーティ製のソフトであるAOMEI Partition Assistantが紹介されています。比較すると、後者のAOMEI Partition Assistant Proは、パーティションを削除せずに、1つのパーティションの空き領域を別のパーティションに直接割り当てることができるため、より良い選択のようです。サーバーでこのソフトウェアを使用するには、AOMEI Partition Assistant Server版を試してください。