By Asher / 最後の更新 2021年09月27日

Windows 11について

Windows 11は、Microsoftが2021年末にリリースする最新のWindowsオペレーティングシステムです。再設計されるユーザーインターフェイス、新しいスタートメニュー、新しい正方形のWindowsロゴなどが付属しています。また、スリープからの復帰、ブラウジングなどでより速くなるはずです。大きな驚きは、ユーザーがWindows11にアプリケーションをインストールして実行できることです。さらに、新機能「ダイレクトストレージ」により、ゲームはアセットをグラフィックカードに直接アップロードできます。こうして、ゲームをより速く開始し、より良いゲーム体験を得ることができます。もちろん、Windows 11には他にも多くの変更があります。

windows-11

Windows 11にアップグレードする方法に関する完全なガイド

Windows 11がリリースされた後、新しいオペレーティングシステムを楽しむためにWindows 10/8/7をWindows 11にアップグレードしたいユーザーが多いはずです。アップグレードする前に次のガイドを参照することをお勧めします。このガイドには、アップグレードする前に知っておくべきこと、Windows 11にアップグレードするための詳細な手順、アップグレードした後、ディスク容量不足の解決策の3つの部分が含まれています。

セクション1:Windows 11にアップグレードする前

現在のオペレーティングシステムをWindows 11にアップグレードする前に、パソコンのハードウェアが新しいオペレーティングシステムをサポートしているかどうかを確認することが重要です。

PCのプロセッサとRAMを確認してください

手順 1. このPCを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

プロパティ

PCのTPMバージョンを確認してください

手順 1. 「Windows」+「R」を押し、「tpm.msc」と入力してEnterキーを押します。

tpm.mscと入力

手順 2. ポップアップウィンドウで、チップがサポートするTPM仕様のバージョンを見ることができます。

チップがサポートするTPM仕様のバージョンを表示

ヒント:「互換性のあるTPMが見つかりません。」というメッセージが表示された場合は、このコンピュータに1.2 TPM以降があること、およびそれがBIOS内で有効になっていることを確認してください。

PCのグラフィックカードを確認してください

手順 1. 検索ボックスに「システム情報」と入力し、クリックして開きます。

手順 2.  「コンポーネント」を展開し、「ディスプレイ」をクリックします。

ディスプレイ

手順 3. 次に、グラフィックカードの種類が表示されます。

PCでこれらの項目をチェックするのが少し複雑だと感じた場合は、「PC正常性チェックアプリ」を使用して、お使いのPCがアップグレード対象になるかどうかを確認してください。

注意:パソコンのハードウェアがWindows 11のハードウェア要件を満たしていることを確認したら、更新中のイベントによるデータの損失を防ぐために、事前にシステムと重要なファイルをバックアップすることを強くお勧めします。

セクション2:Windows 11にアップグレードする手順

コンピュータで完全なハードウェアのチェックとシステムおよびファイルのバックアップを実行した場合は、これで、Windows 10をWindows 11にアップグレードする方法を確認できます。

手順 1. 「開始」と「設定」をクリックします。

手順 2. ウィンドウで、「更新とセキュリティ」をクリックします。

手順 3. 「更新とセキュリティ」ウィンドウで「更新プログラムのチェック」をクリックすると、「更新の履歴を表示する」セクションにWindows 11が表示されます。

更新の履歴を表示する

手順 4. 次に、更新プログラムがダウンロードされてインストールされるのを待ちます。

セクション3:Windows 11にアップグレードした後

オペレーティングシステムをWindows 11に更新した後、オペレーティングシステムの新機能を体験することができます。あるデバイスがWindows 11と互換性がない場合、またはWindows 10がもっと好きな場合は、Windows 11を以前のバージョンにダウングレードできます。

Windowsアップグレードした後、システムCドライブがほぼいっぱいになっている場合は、強力なパーティションマネージャーソフトAOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、パーティションのサイズを柔軟に調整できます。このソフトを使用して、連続していない未割り当て領域を使用するか、または同じディスク上の別のドライブから空き領域を直接割り当てることによって、Cドライブを拡張できます。次に、Windows 10からWindows 11にアップグレードした後、Cドライブの容量不足に関する問題を解決する方法を見てみましょう。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. AOMEI Partition Assistantを起動して、空き領域のあるドライブを右クリックし、「空き領域を割り当てる」を選択します。

空き領域を割り当てる

手順 2. この画面で、割り当てる空き領域のサイズを設定し、空き領域を追加するパーティション先を指定します(ここはCドライブにします)。

割り当てる空き領域のサイズを設定

手順 3. これで、結果のプレビューできます。確認後、「適用」「続行」をクリックしてください。

適用

ディスククリーンアップを実行したり、スリープを無効にしたり、インストール済みのアプリケーションを別のドライブに移動したりすることで、Cディスク空間を解放できます。

まとめ

上記は、Windows 11にアップグレードする前に行う必要があること、Windows 11にアップグレードする方法、およびアップグレードした後、ディスク容量の不足を解決する方法です。AOMEI Partition Assistant ProfessionalはSSDの完全消去、MBRの修復、高速分割、ブータブルCD/USBの作成などの使えやすい機能もあります。Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。