By Asher / 最後の更新 2021年12月15日

「このPCではWindows11を実行できません」エラー

多くのユーザーが「PC Health Check(PC正常性チェック)」プログラムを使用する時、「このPCではWindows11を実行できません」という警告に遭遇し、一部のユーザーは「このPCは、Windows11をインストールするための最小システム要件を満たしていません」というプロンプトを受け取りました。このPC正常性チェックツールは、理由が明確に表示されないため不親切だが、おそらく非対応となる理由の1つは「TPM2.0」です。

補充:Windows11をインストールして実行するための最小システム要件は何ですか?ここでは、Windows11のシステム要件をまとめています。

プロセッサ:1ギガヘルツ(GHz)以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサまたはSystem on a Chip(SoC)
RAM:4ギガバイト(GB)
ストレージ:64GB以上の記憶装置
システムファームウェア:UEFI、セキュアブート対応
TPM:トラステッドプラットフォームモジュール(TPM2.0)
グラフィックスカード:DirectX12以上(WDDM2.0ドライバー)に対応
ディスプレイ:対角サイズ9インチ以上で8ビットカラーの高解像度(720p)ディスプレイ
インターネット接続とMicrosoftアカウント:Windows11 Home Editionを初めて使用するとき、デバイスのセットアップを完了するには、インターネット接続とMicrosoftアカウントが必要です。

TPM2.0に関する知識

TPM2.0のシステム要件が満たされていないため、コンピュータがWindows11を実行できない可能性があります。では、TPM2.0関連の知識について学びましょう。このパートでは、主にTPM2.0の概念、PCでTPMを確認方法、なぜTPMを使用する必要があるかを紹介します。

TPM2.0とは何か?

TPMは、トラステッドプラットフォームモジュール(Trusted Platform Module)の略語で、PCのマザーボードに統合されているか、CPUに個別に追加されている小さなロチップです。このチップにより、コンピュータは高度なセキュリティ機能を使用でき、コンピュータの「安全なプロセッサ」と言ってもいいだろう。

TPMチップの需要はWindows8の時代に始まったと言われています。これは、Windowsの起動時にシステムの整合性を検証し、顔認識、指紋認識、フルディスク暗号化などのセキュリティ機能に必要なキーファイルを保存するために使用されます。

TPM 2.0

TPM2.0標準が2016年5月20日(金)に発売されました。以前のバージョンであるTPM1.2は2011年の古い製品でした。次に、前のTPM1.2と比較して、次のような変更点と機能強化があります。

※追加の暗号化アルゴリズムのサポート
※アプリケーションに対するTPMの可用性の強化
※強化された認可メカニズム
※簡略化されたTPM管理
プラットフォームサービスのセキュリティを強化するための追加機能

PCでTPMを確認する方法

コンピュータにTPM2.0がインストールされているかどうかを確認するには、次の手順に従います。

手順 1. 「Windows」+「R」を同時に押し、「tpm.msc」と入力して「OK」をクリックし、トラステッドプラットフォームモジュールの管理画面が開きます。

「tpm.msc」と入力

手順 2. TPMの管理ウィンドウで、「ステータス」セクションを確認し、「TPMを使用する準備ができました」と表示されている場合は、TPMが搭載されていて、すでに有効になっていることを意味します。右下隅でTPMのバージョンを確認できます。

TPMを使用する準備ができました

もし「ステータス」セクションを確認し、「互換性のあるTPMが見つかりません」と表示されている場合は、TPMが搭載されていないことを意味します。また、BIOSで無効になっている可能性もあります。この場合、お使いのコンピュータにTPM1.2以降があること、およびそれがBIOS内で有効になっていることを確認してください。

互換性のある TPM が見つかりません

TPMを使用する必要がある原因

TPMは、ハードウェア内の暗号化キー、ユーザー認証情報、およびその他の機密データを保護し、マルウェアや攻撃者がデータにアクセスしたり改ざんしたりすることを防ぐチップです。これは主に、Windows HelloとBitLockerによってセキュリティを提供し、ユーザーの機密情報やデータをよりよく保護します。

Microsoft社がこの2年間に経験した攻撃の多くはファームウェア攻撃です。ファームウェア攻撃の主な目的は、Windows Helloの指紋/顔データ、銀行の詳細、Microsoftクレデンシャル、暗号化キーなどの機密情報を盗むことです。また、ファームウェア攻撃の脅威レベルは非常に高くなっています。したがって、Windows11で機密情報を保護するにはTPMが必要です。

TPM2.0なしでWindows11をインストールする方法

TPM2.0はWindows11のアップグレードに必要な条件です。TPM2.0なしでWindows11をインストールするのはリスクがあっても、この操作を実行する方法があります。一般的には、TPM2.0チップがないパソコンでパソコンでWindows11をインストールするため、レジストリエディタで設定を変更してTPM2.0をバイパスする必要があります。ただし、TPM2.0なしでWindows11をインストールするといくつかの結果に注意してください。

★自己責任でお願いします。
今後更新を取得できなくなることに注意してください。
さらに悪いことにこの変更は一部のシステムファイルの互換性に影響を与える可能性があります。
システムクラッシュまたはその他の不可逆的な結果を引き起こす可能性があります。

Windows11をダウンロードしてインストールを開始した後:

手順 1. 「このPCではWindows11を実行できません」と表示された場合は、「Shift」と「F10」を同時に押し、コマンドプロンプトを起動します。「regedit.exe」と入力しEnterを押し、「レジストリエディター」を開きます。そして、次のキーに移動します:「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup」。

「regedit.exe」と入力

手順 2. 右側を右クリックし、「新規」>「キー」を選択して、エディターの左側に新しいレジストリキーを追加します。「LabConfig」という名前を付けてください。

「新規」「キー」を選択

手順 3. 「LabConfig」で右クリックして2つの「DWORD(32ビット)値」を選択し、新しいDWORD値を作成します。

新しいDWORD値を作成

手順 4. 「BypassTPMCheck」という名前を付けてから、これら2つをそれぞれ2回タップして、「値データ」を「0」から「1」に変更します。

値データを0から1に変更

その後、Windows11を正常にインストールできます。

将来的にWindows11を使用する必要がある場合、PCのセキュリティを確保するためにWindows11のTPM2.0の要件を満たすようにすることをお勧めします。オンラインストアでTPM2.0を検索し、お使いのデバイスにTPMチップポートがあることを確認してから、デバイスのブランドに一致するポートを検索できます。

もっと関連知識:セキュアブートについて

Windows11アップグレードのすべての要件の中で、TPM2.0だけでなく、セキュアブートもユーザーにとって非常に煩わしいものです。Windows11にアップグレードするにはセキュアブートをサポートするUEFIが必要なためです。UEFIはセキュアブートを有効にすることができますが、GPTディスクをシステムディスクとして設定する必要があります。システムディスクがMBRディスクの場合は、GPTディスクに変換する必要があります。

ディスクの管理を使用してGPTディスクに変換する場合は、操作中にディスク全体をクリーンアップする必要があります。そうしないと、変換を実行できないように「GPTディスクに変換」オプションがグレー表示されます。

このとき、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用してこの操作を簡単に完了できます。これを使用して、データを削除せずにMBRディスクをGPTスタイルに変換できます。更に、ディスクのクローンを作成したり、MBRを再構築したり、ファイルシステムを変換したりできます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。変換するディスクを右クリックして、「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

手順 2. 「はい」をクリックし、操作を確認します。

GPTディスクへの変換を確認

手順 3. 「適用」>「続行」の順にクリックして、変換を実行します。

MBRディスクからGPTディスクへの変換を適用

変換した後、システムを再起動し、BIOSに入り、ブートモードをUEFIに変更するだけで、セキュアブートが有効になります。

結論

TPM2.0なしでWindows11をダウンロードし、インストールできますが、他に方法がない場合を除いて、この方法の使用はお勧めしません。AOMEI Partition Assistantには「Windows To Go Creator」機能があり、インストールしなくても任意のPCでWindows11を実行できます。

AOMEI Partition Assistantは上記の機能に加えて、この強力なソフトウェアには、プログラム/アプリを移動し、SSDを安全に消去し、Cドライブスペースを拡張し、などほかの機能があります。Windows Serverで使用する場合は、AOMEI Partition Assistant Serverにアップグレードしてください。