By AOMEI / 最後の更新 2021年05月17日

Windows 7のインストールUSBメモリを作成する利点

今日、多くのコンピュータユーザーは、Windows 7のインストールUSBメモリを作成するのが好きです。実際には、ポータブルWindows 7から多くの利益を得ることができます。

1. インストールせずにWindows 7を試すことができます。

Windows 7がどのように機能し、Windows 7の使用を決めることができないのかわからない場合は、Windows 7のインストールUSBメモリを作成し、システムをアップグレードしたりインストールしたりすることなく他の互換デバイスで体験できます。

2. すべてのプログラムとアプリケーションが利用可能です。

Windows 7のインストールUSBメモリまたは外付けHDDに搭載すると、どこにいてもどこのPCでもWindows7を実行できます。たとえば、自宅のオフィスコンピュータの一部のアプリケーションを使用する必要がある場合は、Windows 7のインストールUSBメモリを使用すると簡単になります。

3. 足跡を残りません。

ログインしたアカウントを残したり、機密データを誤ってローカルマシンに保存したりすることを心配することなく、友人や仕事用のPCを借りてWindowsを実行できます。これは、Windows 7のインストールUSBメモリから起動すると、ホストコンピュータがデフォルトでオフラインになっているためです。

Windows 7をUSBメモリにインストールすることは可能

おそらく、Windows to Goについて聞いたことがあります。これはWindowsによってリリースされた新機能です。この機能は、Windows 8 Enterprise、Windows 8.1 Enterprise、Windows 10 Enterprise、およびWindows 10 Educationで使用できます。この機能を使用すると、マイクロソフト認定のUSBフラッシュドライブにポータブルバージョンのWindows 8およびWindows 10をインストールできます。

しかし、この機能はWindows 7およびWindows 8/10の一部のバージョンをサポートしていません。Windows 10/8/7をインストールするための外付けドライブをターゲットの場所として選択すると、「このディスクにWindowsをインストールできません」というエラーメッセージが表示されます。

Windows 7のユーザーであれば、USBリムーバブルストレージデバイスにWindows 7をインストールする方法があるのだろうか?ここでは、プロなサードパーティのソフトを使用してUSBメモリにWindows 7をインストールできます。

Windows 7のインストールUSBメモリを作成する方法

Windows To Go Creator

ディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant Professionalは、多くの強力な機能が組み込まれた信頼性の高い信頼性の高いサードパーティソフトです。Windows To Go Creatorの機能は、完全に機能するWindows 7のインストールUSBメモリを作成するのに役立ちます。サイズを16GBにしたUSBメモリであれば、作成を完了するのに十分です。USBメモリが認証されていなくてもOKです。Windows 7のほかに、Windows 8およびWindows 10の任意のエディションでこのソフトウェアを適用することができます。

外付けHDDにWindows 7をインストールするには、Windows 7、Windows 7 ISOファイル、容量が16GBを超えるUSBメモリを搭載したPCを準備する必要があります。

ヒント:
1. Windows 7にはUSB 3.0のサポートが組み込まれていないため、USB 2.0を使用する方がよいでしょう。
2. 一般的なUSBメモリは非常に遅く、一般的なUSBフラッシュドライブからWindowsをインストールして実行するには長い時間がかかります。USBハードディスクを使用することをお勧めします。
作成後、USBドライブはNTFSにフォーマットされ、USBドライブ上のすべてのデータは失われます。したがって、USBドライブにデータがある場合は、事前にファイルをバックアップする必要があります。

Windows 7のインストールUSBメモリを作成するための詳細な手順

USBドライブにポータブルWindows 7を作成するには、AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードします。操作が非常に簡単です。USBドライブからWindowsをインストールする方法がわからない人でも、このガイドに従うことができます。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

さあ、Windows 7のインストールUSBメモリを作成方法を学びましょう。

手順 1. Windows 7コンピュータでAOMEI Partition Assistantを開き、USBドライブをコンピュータに接続します。

手順 2. 左側の「全てのツール」の「Windows To Go Creator」をクリックし、ソフトからの提示に従って、数回ステップで操作します。

Windows to Go Creator機能

手順 3. 数回ステップ後、次の画面でUSBメモリを選び、「続行」をクリックして続行します。

USBメモリを選択

手順 4. その後、プログラムはこのUSBドライブ上のデータをバックアップするように通知します。既にある場合は、「はい」をクリックします。

手順 5. タスクが終了したら、コンピュータを再起動し、BIOSで起動順序を変更し、USBドライブから起動します。

起動順序

注意:Windows 7のISOファイルがない場合は、次の画面で「ここからダウンロード」をクリックしてMicrosoftウェブサイトからWindows 7インストールファイルをダウンロードし、「インストールディスク/ISOでWindows to goを作成」を選択する必要があります。PCにWindows 7のISOファイルがあるなら、右側のフォルダ姿の青いアイコンをクリックして選択します。指示に従って操作後、BIOSのUSBメモリから起動するように起動順序を変更してください。

インストールディスク/ISOでWindows to goを作成

ポータブルWindows 7 USBドライブの完了後、必要に応じてUSBから他のデバイスでWindows 7を実行できます。他のデバイスでWindows 7を実行する場合は、起動順序を変更することを忘れないようにしてください。

ヒント:ポータブルWindows 7はアップグレードできません。必要に応じてワークスペースを再作成する必要があります。

まとめ

AOMEI Partition Assistant Professionalの助けを借りて、Windows 7のインストールUSBメモリを作成するのはかなり簡単です。上記の簡単な手順に従い、Windows 7の完全なコピーを作成することができます。互換性のあるデバイスであればどこにでも持ち運びできます。

Windows To Go Creatorの他に、AOMEI Partition Assistant Professionalには、MBRとGPTのパーティションスタイル間のデータディスクの変換、OSのSSDへの移行、パーティションの結合などの他の多くの便利な機能があります。

USBメモリについての他の問題を解決する場合、右欄の「人気記事」をご参照ください。もしより多くのディスクパーティション問題の解決方法を知りたいなら、一番上の「AOMEI」をクリックし、百篇以上の文章を参照することができます。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!