ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年07月24日

状況1:ハードディスクドライブが一定の期間に使用されたと、パーティション、特にシステムパーティション(C)は「ディスク領域不足」の問題に直面することになりますが、同時に、他のパーティションは、空き領域をたくさん持ちます。この状況下では、データを損失することなく、より大きなパーティションを取得するには、パーティションマージすることができます。

状況2:ユーザーがデータを保存するために選択するディスクも異なります。日々を過ごした後、一つのパーティションが空き領域不足になりますが、他のパーティションが空き領域または未割り当て領域を十分に持ちます。あなたはこのような状況にあったら、あなたは非常にスペースをフルに活用したいでしょう。しかし、あなたが問題を解決するために何ができるのでしょうか?

これらの問題に直面した場合、一部のユーザーは、頻繁に使用していないアプリケーションをアンインストールすることにしました。しかし、時間の経過と伴い、同じの問題が再び出てきます。そのため、上記のどちらの問題に直面しても、直接な方法は、空き領域または未割り当て領域をマージしてシステムドライブに多くのスペースを追加することです。

◆ 内蔵のツール - 「ディスクの管理」

「ディスクの管理」は、あなたのパーティションを管理できて、Windows8に内蔵されたツールです。一般的に言えば、Windows8内蔵の「ディスクの管理」がパーティションをマージできますが、それが、隣接した未割り当て領域がある場合のみに動作できます。そうではない場合、まず、隣接したパーティションを削除する必要があります。しかし、それがデメリットがあります。データを失う危険性がありますし、別のパーティションにファイルを移動する場合、それは多くの時間を要します。そして、そんな面倒くさい仕事が好きな人がいないでしょう。

◆ AOMEI Partition Assistant Standard

Partition Magic ツールとして、AOMEI Partition Assistantは、隣接したパーティションと未割り当て領域を簡単にマージできます。また、それはパーティションを削除したり、データを失ったりすることが絶対にありません。

AOMEI Partition Assistant は、ディスク/パーティションを管理できる無料で、プロのマネージャーです。またそれは、パーティションをもっと簡単に管理できるパーティションのリサイズ/マージ/コピー/移動、 windows to go creatorなどの機能を持っています。さらに、それは数秒であなたのタスクを完了できる使いやすいインターフェイスを持っています。

次は、C:パーティションとE:パーティションをマージする手順です。

ステップ1: AOMEI Partition Assistant Standardをダウンロードしてインストールして実行します。

按钮

ステップ2: 宛先パーティションCを右クリックして、「パーティションを結合」を選択します。

結合機能

ステップ3: ポップアップウィンドウで、パーティションレイアウトからC:パーティションとE:パーティションを選択して「はい」をクリックします。

パーティションの結合

ステップ4: ツールバーの「適用」をクリックします。

パーティション結合を適用

マージ操作を完了した後、E:パーティションのすべてのデータは、C:パーティション下の「Eドライブ」という名前のフォルダに保存されます。

システムパーティションは宛先パーティションでなければなりません。ここの「C:パーティションと E:パーティションをマージ」は他の言葉では、C:パーティション(システムパーティション)に E:パーティションを追加することです。

ヒント:

● AOMEI Partition Assistant は最新のWindows8.1/10と完全に互換性があります。そして、Windows8.1のパーティションをマージする手順はWindows8のパーティションをマージする手順と同じです。

● 2つのパーティションをマージする場合、パーティションが隣接している必要があります。

● このソフトウェアを使用して未割り当て領域をパーティション(システム予約パーティションを除く)にマージすることができます。未割り当て領域の場所がどこでもいいです。

要するに、オールインワンのパーティションマジックソフトウェアとして、AOMEI Partition Assistantは、Windows8のパーティションをマージすること以外、他の多くの機能を持っています。さらに重要なこと、すべての機能は、Windows 7、Vista、XP、2000などの全てのオペレーティングシステムをサポートしています。それでは、ダウンロードして試してみましょう。