ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月02日

Windows8/8.1OSをSSDへ移行することについて

    Q:Windows8を使用しています。新たなSSDを購入しました。システムをHDDからSSDに移行しようと思いますが、システム移行についてのことができないです。そしてHDDからSSDへWindows8 OSを移行するにはなんの方法があるのか知ろうと思います。

    Q: パソコン初心者です。複雑な操作をやりたくないです。何か操作しやすいツールでWindowsをSSDへ移行できますか。調整などの問題を避けるには、システムをそのままでインストールしたいと思います。そして、再インストールが要らなくてHDDからSSDへWindows8.1 OSを移行することに役立って簡単なメソッドかツールがありますか?


ソリッドステートドライブのインストールは、コンピューターに対して行える最高のアップグレードの1つです。そして、システムを導入する最も一般的な方法は、物理的にインストールし、適切なケーブルを接続し、最初からWindowsを再インストールすることです。

ただし、Windowsのセットアップ(もう一度)、重要なファイルとフォルダーをすべて新しいハードディスクに戻し、すべてのアプリを再インストールすることは避けたい読者様がいるかもしれません。

こんなことは完全理解できます。ご安心くださいね。新しいSSDに移行する場合、別のオプションもあります。古いHDDからOSを新しいSSDにクローンすることです。それは(合理的に)速くて簡単です。システムを新しいSSDに複製すると、すべてが元の状態のままになります。

HDDからWindows8または8.1OSをSSDへ移行する理由

通常、OSをSSDに移行する原因は次のとおりです:

● 従来のハードディスクより高速な読み出し速度や書き込み速度を持っています。

● 振ることやノックによるデータ損失の可能性を最小限に抑えることができます。

● 従来のハードディスクよりも低い電力を消費しています。

● それが動作するときにノイズがありません。

● 従来のハードディスク(5〜55℃)よりも温度の広い範囲(-10〜70℃)で働けます。

● 軽量で持ち運びに便利です。

Windows8をSSDに移行する前の注意事項

1. SSDを行先ディスクとして準備します。SSDのディスク容量はソースディスクのシステムを格納できる大きさでなければなりません。もし新たなSSDではなく、容量を解放したいなら、不要になったファイルを削除し、容量を解放できます。

2. 新しいSSDにシステムを移行してから、マザーボードのBIOS経由でSSDをプライマリブートドライブに設定します。重要度の低いファイル、ゲーム、映画のセカンダリストレージとして古いHDDを使用できます。

3. MBRディスクからGPTディスクへOSを移行したい場合は、必ずお使いのマザーボードがEFIまたはUEFIブートをサポートすることを確認してください。

4. クローンソフトウェア:市場には様々な複製ソフトウェアがあります。ここでは、AOMEI Partition Assistantをお薦めします。

何もインストールせずにHDDからSSDへWindows8 OSを移行する方法

    Partition Magicの代替になるディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant Professionalは、様々な機能を備えています。他のソフトと比べてAOMEI Partition Assistant Pro版は強力であるし、安全です。例えば、Windows10でCドライブを拡張するには、データを失うことなくパーティションを作成、リサイズ、移動、結合や分割することができます。ただ数回クリックだけで完了できるので、ずいぶん時間を節約できます。ちなみに、AOMEI PA ProはHDD/SSDへOSを移動、Windows 10/8/7でブータブルUSBを作成、MBRを修正するような新機能も提供します。

    ● ダイナミックディスクの変換、GPT/MBRの変換、OSやデータをSSDに移行などの機能を使用できる。

    ● SSDの完全消去などのような高度な機能を利用できる。

    ● Windows10、Windows8.1、Windows8、Windows 7、Vista、XP(32ビット版と64ビット版)に対応する。


今すぐこの強力なツールでWindows8/8.1をHDDからSSDにクローンします。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant PROの体験版をインストールして起動します。メインインターフィスでディスクパーティション情報が表示されます。左側にある「OSをSSDに移行」をクリックし、ポップアップウィンドウで「次へ」をクリックします。

OSをSSDに移行

ステップ 2. 次の画面で、ターゲットディスク(SSDまたはHDD)上の未割り当て領域を選択し、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク上の未割り当て領域を選択

ステップ 3. この画面で、移行先のパーティションのサイズ、位置、及びドライブ文字などを変更することができます。もちろん、デフォルト設定を維持してもいいです。

デフォルト設定

ステップ 4. 設定が完了した後、「次へ」をクリックして「OSブート」に関するノートを読みます。

「OSブート」に関するノート

ステップ 5.完了」をクリックしてメインインターフェイスに戻ります。ここで、変更のプレビューが表示されます。変更を実行するには、「適用」ボタンをクリックして保留中の操作をコミットしてください。

OS移行を実行

    ▼注意:

    ● この操作は、システムパーティションと関係あるので、操作はPreOSモードで完了されます。

    ● MBRとGPTディスクの間にOSを移行する場合は、OSの移行を完了したら、BIOSに入て、起動設定を変更してください(ブート設定については、お使いのマザーボードまたはコンピュータのマニュアルをチェックしてください)。

    ● 宛先ディスク上に未割り当て領域がないなら、不要のパーティションを削除したり、大規模なパーティションを縮小したりすることによって、未割り当て領域を作成してください。

結論

ここまで、Windows8/8.1OSをSSDに移行することが完了しました。ディスクのパーフォーマンスを向上させても、より多くのデータを保存するためのディスクを換装しても、このソフトによって簡単で安全で操作できます。その他に、SSDの安全消化、SSDの4アライメントなどもサポートします。Serverシステムを使用すると、Server版にアップグレードするほうが適当だと思います。