ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月05日

この記事では、ただ一つのツールの一つの機能を使用して、パーティションサイズの変更を簡単で安全に実行します。無料ですので、なんとなく試してみることをお勧めします。

なぜパーティションのサイズを変更

購入した新たなノートパソコンにある既存のパーティションのサイズ状態は読者様の期待に合わない可能性があります。以下は原因です:

Windowsシステムプログラム、重要なアプリケーションやデータを格納するシステムパーティションはただ一つあって、パーティションのサイズはだんだん小さくなり、不足になっています。様々な情報を保存するために、パーティションのサイズ変更が必要です。

HDDは複数のパーティションに分割されているかもしれません。今よく使っているパーティションは容量不足になっていますが、別のは空き容量があります。

……

上述の問題といえば、Windowsパーティションのサイズを変更することは良い解決方法の一つだと思います。では、ここでWindows 8を例としてパーティションのサイズを変更する方法を紹介させていただきます。他のWindowsバージョンにも適用です。

フリーソフトでWindows 8パーティションのサイズを変更

ここでオススメのその方法はパソコン初心者まで操作しやすいディスクパーティション管理フリーソフトAOMEI Partition Assistantです。このソフトの[パーティションをリサイズ/移動]機能を使用すると、数回クリックだけで操作を完了します。

準備:AOMEI Partition Assistant 無料版をダウンロード(ファイルサイズ:7.65MB)

ステップ 1. もうダウンロードしたパーティション管理ソフトをインストール、起動します。インターフェースで読者様のディスクの調子が表示されます。

ステップ 2. 空き容量があるパーティションを右クリックして[パーティションを調整/移動(R)]を選択します。

パーティションをリサイズ

クリック後、次の画面が表示されます。マウスカーソルをその矩形においてクリックして、左端からスライダーバーを右方向にドラッグします。これで空き領域が作成されました。[はい]をクリックします。

NOTE:ここまで一つのパーティションのサイズが変更されました。もしただパーティションのサイズを縮小するなら、今はもう十分です。次はパーティションから取得した未割り当て領域を使用して、他のパーティションを拡張することです。

パーティションを縮小

ステップ 3. この時はインターフェースに戻ります。容量不足のパーティションを右クリックして、[パーティションを調整/移動(R)]をクリックします。ステップ2の操作を繰り返してパーティションを拡張します。ここでCドライブを例としますが、他のにも適用です。[はい]をクリックします。

C ドライブのサイズを変更

ステップ 4. インターフェースに戻ります表示される結果を確認して、問題がなければ、左上の[適用]をクリックして、次の画面で[続行]をクリックして、上記の操作を実行します。

Cドライブを拡張

この方法の操作中に、ただの一つの機能で、パーティションを縮小できるし、未割り当て領域を取得できます。その上に、この未割り当て領域でサイズを変更したいパーティションを拡張できます。つまり、一つの機能は三つの問題の対処法をサポートします。

その他に、この無料版はラベルの変更、パーティションの移行/リサイズ/フォーマットなどディスクの基本管理をサポートします。

もし読者様はSSDの完全消去(パフォーマンスの向上、ディスクの転売など)、MBRの修復(起動エラー)、高速分割(一つパーティションを複数に分割)、パーティションを割り当てる(Cドライブの拡張など)、ブータブルCD/USBを作成(どこでも自分のシステムを使用)、OSをSSD/HDDに移行など(ディスク換装、データ移行)のような問題を解決するつもりがあれば、このソフトのPRO版とサーバ版を使用するのは効率よいと思います。詳細はこちらへ

パソコンの長時間使用と共に、ディスクエラーがよく起こるかもしれません。上記の機能を利用することで、ユーザの生活や仕事に便利を与えると思います。では、試してみましょう~!