ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月02日

Windows Server 2019をクローンする理由

Windows Server 2019はサーバーの最新バージョンです。現在、Server 2019をシステムとして使用する人がますます多くなっています。つまり、サーバー2019は主流のシステムになります。また、Windows Server 2019ユーザーの増加と共に、Windows Server 2019 OSをHDD/SSDにコピーする需要が高まっています。

▼OSの読み込みと実行のパフォーマンスを向上させたい読者様

ディスクの長期間使用後、Windows Server 2019は古くて小さなHDDでの実行が遅くなる可能性があります。また、HDDをSSDにクローンしてハードディスクをアップグレードすることで、OSの起動時間を短縮してコンピューターのパフォーマンスを向上させることができます。

▼OSを新しいコンピューターに移行したい読者様

購入した新パソコンでいつものシステムを実行したいなら、Windows Serverを新しいパソコンに移行する必要があります。

▼Windows Server OSをバックアップしたい読者様

コンピュータにはさまざまな起動エラーが起こるかもしれません。万が一のために、OSをHDD/SSDにクローンして、予め予防することができます。

Windows Server OSのクローンを作成する用の一番オススメのソフト

Windowsサーバー2019をHDD/SSDに正常に移行するには、サーバユーザー向けディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant Server版を使用することができます。このソフトには多くのメリットがありますので、Windows Serverオペレーティングシステムのクローン作成は簡単かつ安全になります。

ほぼWindowsシステムの全バージョンをサポートしています。サーバなら、Server 2020、Server 2019、Server 2018、Server 2012、Server 2008やServer 2003などで、PCなら、Windows 10、Windows 8、Windows 7やWindows XPなどです。

大容量ディスクから小容量ディスクへのクローン作成をサポートしています。お使いの新しいハードディスク(特にSSD)が古いハードディスクよりも小さい場合、このソフトの機能により、新しいドライブの使用可能な領域が古いドライブの使用済み領域より小さくない限り、クローン可能になります。

システムパーティションのクローン作成とシステムディスク全体のクローン作成の両方をサポートしています。必要に応じて、「OSをSSDに移行」または「ディスククローン」を選択することができます。前者によってWindows Serverパーティションのみをクローンします。後者によってサーバーOS搭載ハードディスクを丸ごとクローンします。

異なるパーティションテーブルディスク間でのOSクローンをサポートします。MBRからMBRへ、GPTディスクからMBRへ、MBRからGPTディスクへ、GPTからGPTへOSを移行できます。新しいディスクに古いものとは異なるパーティションテーブルがある場合は、全然心配する必要がありません。

次は、Windows Server 2019パーティションのみをSSD/HDDにコピーする手順、及びWindows Server 2019ハードディスク全体をSSD/HDDにコピーする手順の二つの部分に分けられています。ご希望のように選択していいと思います。

SSD/HDDにWindows Server 2019パーティションのみをクローンする方法

では今、新しいHDDまたはSSDをお使いのコンピューターに接続し、Windows Serverシステムパーティションのみをコピーしましょう。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして開き、「すべてのツール」>「OSをSSDに移行」をクリックして、表示される画面で「次へ」をクリックします。

OSをSSDに移行

ステップ 2. クローン先ディスクの未割り当て領域を選び、「次へ」をクリックします。

未割り当て領域を選択

ステップ 3. この画面でスライドバーをドラッグすることで、クローン先ディスクのパーティションのサイズを変更できます。そのままでいいと思う場合は、直接に「次へ」をクリックします。

パーティションのサイズを変更

ステップ 4. ブートエラーが出たら、ブートノートを読み、クローン元ディスクを切断するか、クローン元ディスクとクローン先ディスクの接続ソケットを交換してから、「完了」をクリックします。

ブート警告

ステップ 5. ここまでメインインターフェースで操作のプレビューが表示されます。ちょっと確認して、問題なければ、「適用」>「続行」をクリックします。

OSをSSDへの移行を続行

SSD/HDDにWindows Server 2019のハードディスクをまるごとクローンする方法

古いディスク上のサーバーシステムパーティションおよびその他のデータパーティションを移行する場合は、「ディスククローン」ウィザードを利用できます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Serverを開き、システムディスクを右クリックして、「ディスククローン」を選択します。

ディスクのコピー

ステップ 2. クローンの方法を1つ選びます。ここでは、使用済み領域だけをクローンするオプション「ディスクの高速クローン」を例として紹介します。「次へ」をクリックします。

ディスクのコピー方法

    注意:「セクター単位のクローン」では、すべてのセクターはSSD/HDDにクローンされます。SSD/HDDの容量は古いディスク以上である必要があります。


ステップ 3.
新しいディスクをターゲットディスクとしてクリックして選び、「SSDの性能を最適化」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

宛先ディスクを選択

ステップ 4. ターゲットディスクのパーティションサイズをこの画面で調整できます。その後、次へ進みます。

パーティションサイズの編集

    ▼注意:

    ● 大容量ディスクから小容量ディスクへクローンするなら、二番目の「コピー先に合わせる」を選択します。

    もしターゲットディスク上にファイルなどが保存されているなら、次のデータ&パーティション削除警告が表示されます。もし重要なファイルがあれば、予めバックアップしておくことをお勧めします。

    データ&パーティション削除警告


ステップ 5.
起動エラーの対処法に関する起動メモを読み、「完了」をクリックします。

ブートノート

ステップ 6. メインインターフェースに戻ります。表示される保留中の操作結果を確認してから、「適用」>「続行」をクリックして、Windows Serverシステムディスクのクローンを開始します。

    注意:何か間違った操作をして、予期の結果にならないなら、上のツールバーの「キャンセル」または「やり直す」をクリックして操作し直します。または、「元の戻す」をクリックして前のステップに戻り、選択し直します。

Windows Server2019システムディスクのクローンを続行

新しいSSD/HDDから起動する方法

Windows Serverを新しいハードディスクに移行後、2つのハードディスクがコンピューターに接続しているので、その新たな1つをブートドライブとして設定しないといけないです。

ステップ 1. コンピュータの電源を入れ、最初の画面が表示されたら、キーボードでファンクションキー(F2、F3、F5、ESCの任意1つ)を押して、「BIOSセットアップ」に入ります。

ステップ 2. 「ブート」と「ブート順序」を選択し、クローンされた新しいハードディスクを優先起動に設定します。

    詳細手順:

    ● システムの電源を入れます。最初のロゴが表示されたら、F2 キーF2、F3、F5、ESCの任意1つ)を押して BIOS環境に入ります。

    右矢印キーを押して、「ブート」を選択します。

    ● 下向矢印キーを押して「ブート順序」を選択します。

    F5またはF6キーを使用して、順序を変更します。

    F10キーを押して、「OK」を選択後、Enterキーを押して変更内容を保存してシステムを再起動します。

    新しいハードディスクを優先起動に設定


注意:
BIOSセットアップを起動する用のファンクションキーはコンピューターによって異なります。通常、ファンクションキーは、コンピューターの起動時に最初の画面の下部に表示されます。または、コンピュータブランドをグーグルで検索します。

ステップ 3. Enterキーを押すか、ウィンドウの右側の指示に従って操作を保存します。コンピューターを再起動すると、SSDから正常に起動するようになります。

結論

ご覧のとおり、AOMEI Partition Assistantを使用すると、Windows Server 2019をSSD/HDDに簡単かつ安全にクローンすることができます。ご希望のように、システムパーティションまたはディスク全体を別のハードディスクにコピーすることを選択できます。そして、AOMEI Partition Assistant ServerはWindows Serverのクローンだけではなく、パーティションの移動/分割/サイズ変更、ディスクのファイルシステムの変換、クローン後のSSDの整列をサポートします。

さらに、ITプロフェッショナル、システム管理者や技術者向けAOMEI Partition Assistant Technicianエディションが提供されます。ソフトのすべての機能が含まれているし、1つのライセンスが無制限台数のパソコンで使えます。つまり、これは会社運営者にとっての絶好のツールですね。

はい、以上です。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。