Byゆき / 最後の更新日時 2020年07月23日

GPTとMBRの違い

「GPT」と「MBR」は2種類のディスクスタイルです。最初の使用の前にハードディスクをパーティション分割する必要があります。そして、パーティション処理中に、OSにハードディスクのパーティション構造を知らせるために、パーティション情報をドライブに保存する方法として、GPTとMBRから1つを選択する必要があります。

MBR(マスタブートレコード)は、1983年に初めて導入されました。ドライブの冒頭にある特別なブートセクタです。ドライブの論理区画に関する情報を保持します。さらに、MBRには、実行可能コード、パーティションのスキャン、またはOSのコードのロードが含まれています。しかし、MBRには、4つのプライマリパーティションのみをサポートするなどの限界があり、各パーティションのサイズは2TBにしかなりません。プライマリパーティションの1つを「拡張パーティション」にして、その内部に論理パーティションを作成する必要があります。

GPT(GUIDパーティションテーブル)は、ハードディスクのパーティションをレイアウトするための最新の標準です。MBRを上回る大きな利点の1つは、もちろん、2TBバリアの破壊です。GPTの各パーティションは、(64ビットを使用しているので)最大2^64ブロックの長さを保持することができます。

注:GPTはその名前が示すように、パーティションを定義するためのグローバル一意識別子(GUID)を採用しており、UEFI標準の一部であるため、UEFIベースのシステムでGPTを選択する必要があります。

hugerストレージ容量を含む非常に多くの利点により、より多くのプライマリパーティションをサポートし、より多くのシステムとの互換性が向上し、多くのユーザーがMBRをGPTに変換する予定です。Windowsにはいつも内蔵ディスク管理が付属しているので簡単です。

Windows Server 2016の「GPTディスクに変換」がグレーアウト

しかし、多くのWindows Server 2016, 2012, 2008, 2003のユーザーは、MBRからGPTへの変換が簡単ではないと訴えています。Windows Server 2016の「GPTディスクに変換」がグレーアウトする問題に遭遇することがよくあります。これは、GPTに変換するオプションがグレー表示され、変換を継続できなくなることを意味します。

簡単にMBRをGPTに変換する方法

Windows Server 2016の「GPTディスクに変換」がグレーアウトする問題を取り除き、簡単にGPTに変換を行うには、2つの方法があります。

●ディスクの管理でGPTディスクに変換

ディスクが空の場合にのみ、Windows 2016内蔵ディスク管理機能でディスクをMBRからGPTに変換できます。つまり、変換前にパーティションまたはボリュームを削除またはフォーマットする必要があります。そのため、重要なデータがディスクに含まれている場合は、重要なデータを別のディスクに複製してから、すべてのパーティションをフォーマットまたは削除してください。次は、詳しく手順です。

1. デスクトップの「マイコンピュータ/このPC」を右クリックし、「管理」を選択して「ディスクの管理」を開きます。

2. ディスク管理インタフェースで、変換するディスク上の各パーティションを右クリックし、「ボリュームの削除」を選択してディスクをクリーニングします。

ボリュームの削除

3. MBRをGPTに変換するには、ディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

変換

変換を完了するのに時間がかかりませんし、好きなようにディスクを再パーティションすることもできます。上記のように、このソリューションはデータの損失につながる可能性がありますので、重要なデータを別のディスクに転送してください。さらに、ディスクドライブを削除できないため、ディスク管理でシステムドライブをMBRからGPTに変換できませんでした。では、それを修正するために何ができるのですか?幸運なことに、システムドライブを含む各ディスクドライブのスタイルをデータ損失なしに変換したい場合は、いつでも信頼できるサードパーティのソフトウェアがあります。

●AOMEI Partition Assistant

パーティション管理ソフトウェアAOMEI Partition Assistantであり、Windows Server 2016で「GPTディスクに変換」がグレーアウトする問題を解決する優れたソリューションを提供し、パーティションの削除やフォーマットを行わずに変換をサポートします。したがって、データ損失の問題全体について心配する必要はありません。この強力な機能により、多くのユーザーにとって優れた選択肢になります。MBRからGPTへの変換のチュートリアルを見てみましょう。

このソフトをダウンロードして起動します。

2. 切り替えたいディスクを右クリックし、ドロップダウンメニューの「GPTディスクに変換」をクリックします。「はい」をクリックして操作を確認します。

GPTディスクに変換

3. 「適用」ボタンをクリックします。

MBRからGPTへの変換を適用

この変換は短時間で終了し、重要なデータが損なわれたり失われることはありません。AOMEI Partition Assistantは、内蔵のディスク管理が失敗した場合、特にWindows Server 2016でGPTディスクへの変換が失敗した場合に、信頼できるツールとなります。さらに、MBRとGPTの間の変換に加えて、OSをGPTディスクからSSDに転送、GPUからMBRディスクへの移行、ダイナミックディスクをベーシックに変換するなどの機能も備えています。