By Asher / 最後の更新 2022年09月21日

Server 2008でシステムパーティション/Cドライブを拡張する原因

現在のハードディスクは常に大容量であるが、いくらシステムパーティションが大きくても、Windows Server 2008(R2)の更新、インストールされた各種アプリケーション、ブラウザのキャッシュ、一時ファイルなどがシステムドライブ上の空き領域をすぐに占有してしまう可能性があります。遅かれ早かれ、システムパーティションがいっぱいになります。

ディスク容量はすごく少なくなる時、「ディスク領域不足」というメッセージが表示されることもあります。その場合、Windows Server 2008(R2)でシステムパーティションを拡張する必要があります。そうしないと、Windows Server 2008(R2)オペレーティングシステムの動作が遅くなり、ある日突然クラッシュする可能性もあります。

Server 2008でシステムパーティション/Cドライブを拡張する方法

Windows Server 2008(R2)でCドライブまたはボリュームを拡張するために、Windows Server 2008(R2)には、「DiskPart.exe」と「ディスクの管理」という2つの組み込みツールを試すことができます。場合によっては、その二つツールはデータを失うことなくプライマリパーティションを拡張するのに役立ちます。

組み込みツールが使用できない場合は、サードパーティソフトウェアであるAOMEI Partition Assistant Serverを使用して、オペレーティングシステムに影響を与えることなくCドライブを簡単に拡張できます。以下では、Windows Server 2008(R2)のOSパーティションを拡張する方法をステップバイステップで説明します。

方法1.DiskPartを使用してシステムパーティション/Cドライブを拡張

システムパーティションの右側に隣接する未割り当て領域がある場合、パーティションを拡張するために、Diskpartコマンドを使用することができます。

手順 1. スタートメニューを開き、「cmd」と入力してEnterを押し、「管理者として実行」を選択します。

手順 2. 「Dispart」と入力してEnterを押します。そしてdiskpart.exeのウィンドウが現れます。

Dispart

手順 3. diskpart.exeのウィンドウで、以下のコマンドを順番に実行します。

list volume:コンピューター上のすべてのボリュームを一覧表示します。

select volume #:#はシステムパーティションのボリューム番号です。

extend:システムパーティションの後ろに未割り当て領域を追加することにより、選択したシステムパーティションを拡張します。

Cパーティションを拡張

完了すると、「Diskpartが正常にボリュームを拡張しました」というメッセージが表示されます。そして、「exit」と入力しウィンドウを閉じることができます。

ノート:拡張する必要のあるシステムボリュームの後ろに未割り当て領域がない場合は、最初にCドライブの後ろにあるボリュームを削除して空き領域を作成し、その空き領域をシステムパーティションに追加する必要があります。そのため、いくつかの追加コマンドを実行します。

警告:パーティションを削除するとデータが失われるかもしれません。データを失うことなくServer 2008のOSパーティションを拡張する場合は、事前にバックアップソフトウェアを使用してください。

▪ list volume

▪ select volume #:Cドライブの後ろにあるパーティションを選択します。

▪ delete volume

▪ select volume

▪ extend

▪ exit

方法2.ディスクの管理を使用してシステムパーティション/Cドライブを拡張

Windowsコマンドプロンプトに精通していない場合、縮小と拡張の機能を持っているディスクの管理を使用することができます。ディスクの管理はDiskPartと同じで、パーティションの拡張に隣接している未割り当て領域を必要とします。

「ボリュームの縮小」機能は縮小したパーティションの後ろだけに未割り当て領域を作成できます。また、ディスクの管理でパーティションを移動することはできません。したがって、Cドライブの後ろにあるパーティションを削除して隣接している未割り当て領域を取得する必要があります。

手順 1. WindowsキーとRキーを同時に押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスを開き、ダイアログボックスに「diskmgmt.msc」と入力し、「OK」をクリックして「ディスクの管理」を開きます。

手順 2. ここでは、システムCドライブの右側に未割り当て領域がないため、「ボリュームの拡張オプションがグレー表示されていることがわかります(もしCドライブの後ろに未割り当て領域がある場合、手順4に直接スキップできます)。

ボリュームの拡張グレー表示

手順 3. 未割り当て領域を取得するには、最初にDパーティションを削除する必要があります。

ボリュームの削除

手順 4. Dドライブが削除されて未割り当て領域になった後、Cドライブを右クリックして、「ボリュームの拡張」を再度選択します。次に、ボリュームの拡張ウィザードに従って、Server 2008のシステムパーティションの拡張を完了します。

上記の内容から、Windowsの内蔵ツールは、ターゲットパーティションの右側に連続して未割り当て領域がある場合にのみ、Server 2008のOSパーティションを拡張できることがわかります。この前提条件を満たすために既存のパーティションを削除すると、データが失われます。パーティション/ボリュームを事前にバックアップし、システムパーティションが拡張された後に復元することは可能ですが、少し時間がかかり、面倒です。

では、パーティションを削除せずにServer 2008のシステムパーティションを拡張する方法はありますか?心配しなくて最後の方法を見てください。

方法3.AOMEI PAを使用してシステムパーティション/Cドライブを拡張

Server 2008でパーティションを削除/縮小してデータを失うリスクを回避したい場合、AOMEI Partition Assistant Serverを使用できます。このソフトウェアは、パーティションをリサイズ、削除、フォーマット、作成、移動、縮小、拡張できます。

更に、システムパーティションをより簡単に拡張することで、Diskpartコマンドやディスクの管理の不足を補うため、次の2つの高級な機能を備えています。1つは、空き領域の場所に関係なく、システムパーティションに未割り当ての領域を追加することです。もう1つは、既存の未割り当て領域を必要とせずに、あるパーティションから別のパーティションに空き領域を割り当てることです。

Serverの無料デモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速

機能1.割り当てられた領域を結合してシステムパーティションを拡張

まず、Cドライブの後ろに未割り当て領域がない場合でも、未割り当て領域をシステムパーティションに直接結合できます。具体的な手順は次のとおりです。

手順 1. Serer 2008でAOMEI Partition Assistant Serverを起動します。その主な画面でEドライブを右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択します(ディスクに未割り当て領域がある場合は、手順3にスキップしてください)。

パーティションをリサイズ

手順 2. スライダーを左側に移動してより多くの容量を解放して、未割り当て領域を作成することができます。

スペースを解放

手順 3. これで、Cの背後に未割り当て領域があることがわかります。次に、Cドライブを右クリックして「パーティションを結合」を選択します。

パーティションをマージ

手順 4. そしてCドライブと結合したい未割り当て領域を選択して「はい」をクリックします。

ドライブを選択

手順 5. 「適用」をクリックして全ての操作を実行します。

ドライブを選択

機能2.他のパーティションから空き領域を割り当ててシステムパーティションを拡張

「パーティションを結合」機能に加えて、AOMEI Partition Assistantは、別のパーティションの空き領域をシステムパーティションに直接割り当てることができる「空き領域を割り当て」というすばらしい機能も提供します。つまり、未割り当て領域を事前に準備する必要はありません。

手順 1. Cドライブに追加できる空き容量の多いパーティションを右クリックし、「空き領域を割り当てる」を選択します。

空き領域を割り当てる

手順 2. このポップアップウィンドウで、システムドライブに追加するサイズを決定できます。そして、「はい」をクリックします。

空き領域を割り当てる

手順 3. 操作を確認した後、「適用」と「続行」をクリックして完了します。

適用

上記の方法に加えて、「パーティションを拡張」ウィザードを使用して、コンピューターを再起動せずにCドライブを拡張することもできます。

パーティションを拡張

まとめ

この記事では、Windows Server 2008のシステムパーティション/Cドライブを拡張する3つの方法を紹介します。簡単に比較すると、AOMEI Partition Assistant Serverを使用して、データを失うことなく、トラブルを回避し、時間を節約でき、よりシンプルかつ安全なソリューションを提供していることがわかります。

また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~

AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較