Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月06日

いつシステムパーティションの拡張が必要ですか?

Windows Server 2008 (R2)に多くのアプリケーションをインストールした後、システムパーティションが容量不足になることを気づけるかもしれません。ディスク容量はすごく少なくなる時、「ディスク領域不足」というメッセージが表示されることもあります。その場合、Windows Server 2008でシステムパーティションを拡張する必要があります。Windows Server 2008 (R2)に内蔵されているツールは、「DiskPart.exe」と「ディスクの管理」の2つがあります。それらはいくつかの状況でデータを失うことなく、プライマリパーティションや拡張パーティションを拡張できます。もし内蔵ツールは機能できないなら、サードパーティ製のソフトウェアを使用してOSに影響せずにCドライブを拡張することもできます。

Server 2008でDiskPartを使ってCパーティションを拡張します

システムパーティションの右側に未割り当て領域がある場合、パーティションの拡張にDiskpartコマンドを使用することができます。

手順 1. スタートメニューを開き、「cmd」を入力してEnterを押します。

手順 2. 「Dispart」を入力してEnterを押します。そしてdiskpart.exeのウィンドウが現れます。

Dispart

手順 3. 「list volume」を入力してEnterを押します。既存のボリュームが表示されます。「select volume n(nはシステムパーティションのボリューム番号を指す)」または「select volume c」を入力してEnterを押します。最後は、「extend」を入力してEnterを押し、システムパーティションの拡張が完成しました。

ノート:

Cドライブの後ろに未割り当て領域がない場合、容量を増やすことはできません。だから、Cドライブを拡張するには、未割り当て領域を作り、Cボリュームの後ろに置く必要があります。

Server 2008でディスクの管理を使ってCパーティションを拡張します

Windowsコマンドプロンプトに精通していない場合、縮小と拡張の機能を持っているディスクの管理を使用することができます。ディスクの管理はDiskPartと同じで、パーティションの拡張に隣接している未割り当て領域を必要とします。「ボリュームの縮小」は縮小したパーティションの後ろだけに未割り当て領域を生成できます。そのためCドライブの後ろにあるパーティションを削除して隣接している未割り当て領域を取得する必要があります。

手順 1. WindowsキーとRキーを同時に押して実行ボックスを開きます。「diskmgmt.msc」を入力して「ディスクの管理」を開きます。

手順 2. システムドライブの後ろのパーティション(通常はD:ドライブです)を右クリックして「ボリュームの削除」を選択します。それはD:ドライブ上の全てのデータを失うことを起こします。もしC:ドライブの後ろに未割り当て領域がある場合、ステップ3に直接スキップできます。

ボリュームの削除

手順 3. 次はCドライブを右クリックして「ボリュームの拡張」を選択します。この例でそれは機能できません。

ボリュームの拡張

なぜですか?実は、この方法はDiskpartコマンドと同じで、両方はOSパーティションの隣に連続している未割り当て領域が必要です。どのようにそれを解決しますか?心配しなくてここでは1つの素晴らしいディスクおよびパーティションの管理ソフトウェアをお勧めします。

AOMEI Partition Assistantを使ってパーティションのサイズを変更します

パーティションとディスクの専門マネージャとしてAOMEI Partition Assistant Serverはとても頼もしくて有用です。企業ユーザーはそれを使うとパーティションをリサイズ、削除、フォーマット、作成、マージ、移動、縮小、拡張できます。また、それはDiskpartコマンドとディスクの管理の不足を補うことができます。未割り当て領域や空き領域はシステムボリュームのどこにあっても、このソフトウェアはServer 2008でシステムパーティションをリサイズ、拡張できます。

手順 1. Serer 2008でAOMEI Partition Assistant Server版を起動します。その主な画面でEドライブを右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択します。

パーティションをリサイズ

手順 2. スライダーを左側に移動してより多いスペースを解放するか、 または右側に移動してパーティションサイズを増やすことができます。

スペースを解放

手順 3. Cドライブを拡張することについては、もし未割り当て領域はCパーティションの後ろにあるなら、「パーティションをリサイズ」を選択してスライダーを右側に直接移動することができます。そうではないなら、Cドライブを右クリックして「パーティションを結合」を選択します。

パーティションをマージ

手順 4. そしてCドライブと結合したい未割り当て領域を選択して「はい」をクリックします。

ドライブを選択

手順 5. システムパーティションは拡張されることを見つけます。「適用」をクリックして全ての操作を実行します。

ドライブを選択

実は、AOMEI Partition Assistant Serverを使ってServer 2008のシステムパーティションを拡張することはとてもシンプルかつ迅速です。それはデータを失うことなく、トラブルを回避、時間を節約します。以上の方法の他に、ソフトウェアの「パーティションの拡張ウィザード」を使用してCドライブを拡張することもできます。

パーティションの拡張にこんなに沢山の方法を知った後、コンピュータが順調に稼働するためにパーティションをリサイズするか拡張するか?Partition Assistant Serverを試したいなら、今すぐそれをダウンロードできます。