ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年02月16日

Windowsユーザーは、パーティションが最初の時完璧に分割されないことを知っているかもしれません。時間が経つにつれて、一部のパーティションがデータを保存するのに小さすぎることを気づけるかもしれません。でも一部のパーティションが大きすぎて、沢山のスペースを無駄にします。だから、スペースをより合理的に活用するために、ディスクを再分割したいかもしれません。

DiskpartでWindows Server 2016のボリュームを拡張します

DiskpartはWindowsユーザーのための内蔵ツールであり、コマンドラインを使用してディスクを管理します。Windows Server 2016のためにそれを使用して、ボリュームも拡張できます。「Win+R」を押して、「diskpart」を入力し、CMDを開きます。そして、関連する構文を入力して、パーティションを拡張します。

list disk

select disk <ディスクの番号>

list volume

select volume <ボリュームの番号>

extend size=<サイズ>

以上のパラメータを入力して、それは次のスクリーンショットのように表示されます。正常にボリュームを拡張できるかもしれません。

Diskpartボリューム拡張

しかし、拡張したいボリュームに隣接した未割り当て領域がない場合、この構文が無効になります。

Windows Server 2016ディスクの管理でボリュームを拡張します

Windows Server 2016はWindows Serverの最新のOSです。それは多くの機能をアップグレードしましたが、ディスクとパーティションを管理できる「ディスクの管理」をまだ持っています。ボリュームの拡張とボリュームの縮小を通して、Windows Server 2016のパーティションをリサイズできます。もともと、システムパーティションの容量不足は全体システムの実行速度を遅くします。それで、ボリュームの拡張を使用してシステムパーティションを拡張します。最後はシステムが十分な空間があって、正常に動作できます。ディスクの管理を使用して、ボリュームを拡張するために、拡張したいパーティション(ここではシステムパーティションを拡張します)を右クリックして、「ボリュームの拡張」を選択する必要があります。そして、ステップバイステップのウィザードを取得できます。

DMボリューム拡張

しかし、時にはパーティションをリサイズするためにディスクの管理を開く時、ボリュームの拡張はグレーアウトします。それを使用できません。前と同じ理由があります。Windows Server 2016「ディスクの管理」の「ボリュームの拡張」はまたパーティションの後ろに隣接した未割り当て領域があることを要求します。もしその後ろに隣接した未割り当て領域がない場合、以下の写真のように「ボリュームの拡張」はグレーアウトします。そのため、ボリュームを拡張できません。

ボリュームの拡張グレーアウト

そのため、Windows Server 2016でディスクの管理とDiskpartはボリュームを拡張できない場合、どうすればいいですか。

AOMEI Partition AssistantでWindows Server 2016のボリュームを拡張します

隣接する未割り当て領域がないなら、ユーザーはディスクの管理とDiskpartでボリュームを拡張できません。幸いなことに、 AOMEI Partition Assistantのようなソフトウェアを使用して、他の方法でボリュームを拡張できます。AOMEI Partition Assistantはディスクを管理するためにデザインされます。特に、それはWindows Server OSのために2つのエディションがあります。AOMEI Partition Assistant Lite (無料)とAOMEI Partition Assistant Serverです。Windows Server 2016のボリュームを拡張するために、それは少なくとも3つの方法を提供します。まず、コンピューターにこのソフトウェアをインストールして、起動します。

1.パーティションの拡張ウィザードを使用します

AOMEI Partition Assistantは素晴らしいパーティションの拡張ウィザードがあります。パーティションの拡張をステップバイステップ導くことができます。それを使用して、楽にWindows Server 2016のボリュームを拡張できます。

左側の「全てのツール」で「パーティションを拡張」を選択します。

パーティションの拡張ウィザード

2.「パーティションをリサイズ」でパーティションを拡張します

拡張したいパーティションに隣接した未割り当て領域がある場合(もし未割り当て領域がパーティションに隣接しない場合、「パーティションを移動」を使用してそれをパーティションに隣接させます)、それは右側にあるか、左側または両方の側にあるかと関係なく、「パーティションをリサイズ」を使用して、それを拡張できます。パーティションを右クリックして、「パーティションをリサイズ」を選択します。

パーティションをリサイズ

パーティションを拡張するために、バーを右側または左側に向けてドラッグしたり、特定のサイズの数を入力したりできるページに移動します。そしてガイドに従ってください。「適用」をクリックして、保留中の操作を提出します。

3.他のパーティションの空き領域でボリュームを拡張します

システムパーティションは容量不足でありますが、他のパーティションは多くの空き領域がある同時に、未割り当て領域がないという状況は普通です。そのため、「パーティションをマージ」を使用して、C:パーティションを隣接したパーティションと結合できます。あるいは、「空き領域を割り当てる」を使用して、他のパーティションからの空き領域でシステムパーティションを拡張できます。

空き領域を割り当てる

AOMEI Partition Assistant Serverの助けを借りて、ディスクの管理の制限なしにWindows Server 2016のパーティションをリサイズできます。ディスクの管理でボリュームの拡張がグレーアウトしても、Windows Sever 2016のためにAOMEI Partition Assistantからボリュームを拡張する方法を一つ以上見つけられます。それはWindows Server 2016のディスクマネージャーです。実は、それを使用して、Windows Server 2012 (R2)、2008 (R2)、2003を含むすべてのWindows Server OSを管理できます。