By Comnena / 最後の更新 2021年05月14日

Windows Server 2016でボリュームを拡張する必要性

ほとんどのWindows Server 2016ユーザーは、最初はパーティションが完全に分割されていないことに気付くかもしれません。時間が経つにつれて、一部のパーティションはストレージデータに対して小さすぎる可能性がありますが、一部のパーティションは大きすぎて未使用のスペースを大量に残す可能性があります。特に、システムドライブ(通常はCドライブ)はすぐにスペースを使い果たし、オペレーティングシステム全体の速度が低下する可能性が高くなります。

このような状況では、スペースをより合理的に割り当てることができるように、ディスクを再パーティション化するか、Server 2016の比較的小さい(システム)パーティションを拡大することを選択できます。

Windows Server 2016でボリュームを拡張する3つの方法

Windows Server 2016では、3つの異なる便利なツールを使用してパーティションを拡張できます。拡張するパーティションの背後に連続した未割り当て領域がある場合は、最初の方法または2番目の方法を選択できます。そうでない場合は、3番目のものを使用します。

DiskpartでWindows Server 2016のボリュームを拡張します

DiskpartはWindowsユーザーのための内蔵ツールであり、コマンドラインを使用してディスクを管理します。Windows Server 2016のためにそれを使用して、ボリュームも拡張できます。「Win+R」を押して、「diskpart」を入力し、CMDを開きます。そして、関連する構文を入力して、パーティションを拡張します。

list disk
select disk <ディスクの番号>
list volume
select volume <ボリュームの番号>
extend size=<サイズ>

以上のパラメータを入力して、それは次のスクリーンショットのように表示されます。正常にボリュームを拡張できるかもしれません。

Diskpartボリューム拡張

しかし、拡張したいボリュームに隣接した未割り当て領域がない場合、この構文が無効になります。

ディスクの管理でWindows Server 2016のボリュームを拡張します

Windows Server 2016はWindows Serverの最新のOSです。それは多くの機能をアップグレードしましたが、ディスクとパーティションを管理できる「ディスクの管理」をまだ持っています。ボリュームの拡張とボリュームの縮小を通して、Windows Server 2016のパーティションをリサイズできます。

「ディスクの管理」を使用して、ボリュームを拡張するために、拡張したいパーティション(ここではシステムパーティションを拡張します)を右クリックして、「ボリュームの拡張」を選択する必要があります。そして、ステップバイステップのウィザードを取得できます。

DMボリューム拡張

しかし、時にはパーティションをリサイズするためにディスクの管理を開く時、ボリュームの拡張はグレーアウトします。それを使用できません。前と同じ理由があります。Windows Server 2016「ディスクの管理」の「ボリュームの拡張」はまたパーティションの後ろに隣接した未割り当て領域があることを要求します。もしその後ろに隣接した未割り当て領域がない場合、以下の写真のように「ボリュームの拡張」はグレーアウトします。そのため、ボリュームを拡張できません。

ボリュームの拡張グレーアウト

そのため、Windows Server 2016でディスクの管理とDiskpartはボリュームを拡張できない場合、どうすればいいですか?

AOMEI Partition AssistantでWindows Server 2016のボリュームを拡張します

隣接する未割り当て領域がないなら、ユーザーはディスクの管理とDiskpartでボリュームを拡張できません。幸いなことに、AOMEI Partition Assistant Serverのようなソフトウェアを使用して、他の方法でボリュームを拡張できます。AOMEI Partition Assistant Serverはディスクを管理するためにデザインされます。Windows Server 2016のボリュームを拡張するために、それは少なくとも3つの方法を提供します。まず、コンピューターにこのソフトウェアをインストールして、起動します。

Serverの無料体験版 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

# 1. パーティションを拡張

AOMEI Partition Assistant Serverは素晴らしいパーティションの拡張ウィザードがあります。パーティションの拡張をステップバイステップ導くことができます。それを使用して、楽にWindows Server 2016のボリュームを拡張できます。

左側の「全てのツール」で「パーティションを拡張」を選択します。

パーティションを拡張

# 2. パーティションをリサイズ

拡張したいパーティションに隣接した未割り当て領域がある場合、それは右側にあるか、左側または両方の側にあるかと関係なく、「パーティションをリサイズ/移動」を使用して、それを拡張できます。

パーティションを右クリックして、「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ

パーティションを拡張するために、バーを右側または左側に向けてドラッグしたり、特定のサイズの数を入力したりできるページに移動します。そしてガイドに従ってください。「適用」をクリックして、保留中の操作を提出します。

# 3. 空き領域を割り当てる

システムパーティションは容量不足でありますが、他のパーティションは多くの空き領域がある同時に、未割り当て領域がないという状況は普通です。そのため、「パーティションを結合」を使用して、C:パーティションを隣接したパーティションと結合できます。

あるいは、「空き領域を割り当てる」を使用して、他のパーティションからの空き領域でシステムパーティションを拡張できます。

空き領域を割り当てる

まとめ

AOMEI Partition Assistant Serverを使用すると、隣接する未割り当て領域があるかどうかに関係なく、Windows Server 2016パーティションをより柔軟に拡張できます。「ディスクの管理」で「ボリュームの拡張」がグレーアウトしても、AOMEI Partition Assistant Serverからボリュームを拡張する方法を一つ以上見つけられます。

実際には、このソフトウェアはWindows Server 2019、2012(R2)、2008(R2)、2003、Windows 10、8.1、8、7などを含むすべてのWindows Server OSとWindows PCを管理するために使用できます。Server OSをSSDに移行したり、パーティションを削除せずにMBRとGPTの間でディスクを変換したり、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換したりすることもできます。

社内の台数無制限のWindows PC/サーバーなら、Unlimited版を使用してください。