By Comnena / 最後の更新 2021年07月01日

Windows Server 2012(R2)|破損したMBRについて

マスターブートレコード

マスターブートレコード(Master Boot Record、略称MBR)とは、PC/AT互換機に於いて、単数または複数のパーティションに分けられたディスクのパーティション外に存在する先頭セクタでブートセクタの一種です。
通常、マシンの起動時にシステムBIOSがマスタブートレコード(MBR)にアクセスしますその後、そこに格納されたコードはディスクのアクティブパーティションを検索します。次に、システムはブートセクタに行き、相応のファイルを実行します。NTLDR(NT Loader|NT系のブートローダー)に移動します。

Windows Server 2012 R2が起動しないと、ブートプロセスの先頭部分に問題があるかもしれません。その他に、破損したブートセクタ、ウイルス感染やハッカー攻撃などがそのエラーの原因となる可能性があります。MBRが破損したら、パーティションテーブルが無効になるか、オペレーティングシステムの読み込みエラーが表示されるか、オペレーティングシステムが見つからないかもしれません。

実際には、Windows Server 2003/2008(R2)/2016でMBRが破損した場合もあります。次はServer 2012(R2)でディスクのMBRを修復することを例とします。

Windows Server 2012でMBRを修復する2つの方法

MBRを修復

Windows Server オペレーティングシステムは破損したMBRの問題を解決する方法を提供します。言い換えれば、Windowsインストールディスクの回復コンソールを使ってMBRを修復することができます。

方法1:回復コンソールを使用してServer 2012の破損したMBRを修復!

手順 1. インストールCDをお使いのマシンに挿入します。BIOSで起動順序を設定して、CDからシステムを起動します。

手順 2. プロンプトが表示されたら、[回復コンソール]オプションを選択します。

手順 3. C:WINNT or C:\WINDOWSに移動します。このステップでローカル管理者のパスワードを入力する必要があるかもしれません。

手順 4. コマンドプロンプト画面でfixmbrと入力して、Enterキーを押します。操作を確認します。

MBRを修復する用の回復コンソール

手順 5. CDを取り出して、ハードディスクからServer 2012を起動します。

ヒント:✎...
ブートセクタにエラーがあるなら、FIXBOOTと入力できます。
複数のWindowsコピーがあるなら、正しく選択されているか確認してください。

WindowsインストールCDの助けを借りてMBRエラーを修正することは非常に簡単です。ただし、適切なWindowsインストールディスクが手元にない場合はどうすればよいでしょうか?この場合、回避策としてプロのツールを使用することをお勧めします。

方法2:より簡単な方法でWindows Server 2012(R2)のMBRを再構築!

AOMEI Partition Assistant Serverは、Windows ServerOS用に特別に設計された包括的なディスクパーティション管理ソフトです。この専用ソフトウェアを使用すると、サーバーOSのMBRテーブルを簡単に再構築できます。マシンが起動できない場合は、「ブータブルCD/USBを作成」機能を利用して、サーバーをいつでも修正できるようにすることができます。

★Server 2012が起動しないため、事前に次の2つモノを準備してください:
USBフラッシュドライブ(またはCD/DVD):ブータブルメディアを作成する用
MBR修復を実行する作業マシン:AOMEI Partition Assistant Serverがそのマシンにインストールされている
Serverの無料体験版 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

Windows Server 2012(R2)のMBRを再構築する手順は以下の通りです。

手順 1. USBメモリをお使いのWindows Serverパソコンに接続し、AOMEI Partition Assistant Serverをダウンロード、インストール、起動します。左側にある「ブータブルCD/USBを作成」をクリックし、ウィザードに従って完了します。このプロセス中に、Server 2012用の特定のドライバーが追加される可能性があります。

ブータブルCD/USBを作成

手順 2. BIOSで起動順位を変更して、作成した起動可能デバイスからServer 2012を起動します。

手順 3. ログインすると、AOMEI Partition Assistant Serverが自動的に起動します。表示されたメインインターフェースで破損しているMBRディスクを右クリックして「MBRを再構築」を選びます。

サーバーでMBRを再構築

手順 4. 表示された画面でServer 2012用のMBR種類を選択します。この場合は、Windows 7/8/10/2011/2012を選択してください。

Server 2012用のMBR種類を選択

手順 5. 「適用」→「続行」をクリックして、MBRの修復操作を確定します。後は少々お待ち下さい。

サーバーでMBRの再構築を適用

手順 6. ブートデバイスを取り外し、サーバーを再起動します。

ヒント:✎...
上記の方法は、Server 2003/2008(R2)でMBRの修正にも適用されます。ただし、相応のMBRタイプを選択してください。
MBRの修復後、お使いのディスクに他のエラーがないかどうかを確認するために、「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスでコマンド「CHKDSK」を実行してください。

補足:Windows Server2012が起動しない場合

破損したMBR以外の原因でWindows Server 2012が起動しないと、Server 2012(R2)の起動ファイルを修復してみてください。

手順 1. インストールディスクからServer 2012パソコンを起動し、左下隅にある「コンピューターを修復する(R)」を選択します。詳細オプションでコマンドプロンプトを開きます。

手順 2. システムファイルチェッカーを実行し、プロンプトからオフラインオプションを使用できます。

SFC /OFFBOOTDIR(オフライン修復の場合は、オフラインブートディレクトリの場所を指定します)
SFC /OFFWINDIR(オフライン修復の場合は、オフラインWindowsディレクトリの場所を指定します)

手順 3. CDを取り出してパソコンを再起動します。

ブート構成データ(BCD)ストアについての問題であれば、Windows Server 2012のブートBCDエラーを参照したほうがいいと思います。

結語

この記事では、Windows Server 2012でMBRを修復(再構築)するために、信頼性高い方法を二つ紹介します。自分の状況に応じて最も適切な方法を選んでMBRの修正を実行します。別の障害発生に備えて、Server 2012(または別のシステム)を定期的にバックアップすることを強くお勧めします。AOMEI Partition Assistant Serverは本当にいいソフトです。例えば、ディスクの使用状況(システムディスクまたはデータディスク)に関係なく、データを損失することなくServer 2012でMBRをGPTに簡単に変換できます!

これらの操作を実行するにはServerの体験版を完全版にアップグレードしてください。是非お見逃しなく~~~

とにかく、以上です。ご参考になれば幸いです!