By Comnena / 最後の更新 2021年06月30日

Windows Server2019でCドライブのサイズを変更する必要性

Windows Server 2019

通常、CドライブはOSがインストールされているシステムドライブです。他のパーティションに十分なスペースが残っている間、Cドライブがほぼいっぱいになっていることを見つけることは珍しくありません。

Cドライブが低容量になったら、PCが重くなります。もし、Cドライブのサイズは多すぎなら、他のパーティションはデータを格納する十分な領域がありません。だから、時々Windows ServerでCドライブのサイズを変更する必要があります。

Windows Server 2019でディスクの管理でCドライブのサイズを変更

Windows Server 2019の組み込みツールである「ディスクの管理」を使用すると、パーティションの作成、削除、縮小、削除などを行うことができます。これを使用して、Windows Server 2019のパーティションCのサイズを変更できます。まず、Windows+Rを押して、「diskmgmt.msc」と入力してEnterを押して「ディスクの管理」に入る必要があります。次に、それがどのように機能するかを見てみましょう。

パーティションを削除してCドライブを拡張するには

補足:以下の手順は、Cドライブの背後に連続した未割り当て領域がないことに基づいています。このような状況では、Cドライブのすぐ後ろにあるパーティション(パーティションDと想定)を削除して、修飾された未割り当て領域を取得する必要があります。パーティションDを縮小すると、未割り当て領域はパーティションDの背後にあり、「ボリュームの拡張」オプションはグレー表示されたままになります。

ヒント:
この方法はデータが失いますから、大切なデータを前にバックアップしてください。
ヒント:Cドライブのすぐ後ろに連続した未割り当て領域がある場合は、未割り当て領域をCドライブに直接拡張できます。

手順 1. DドライブがCドライブのすぐ後ろのパーティションである場合、それを右クリックして「ボリュームの削除」を選択し、「はい」をクリックします。

ボリュームの削除

手順 2. Cドライブを右クリックして、「ボリュームの拡張」を選択します。

ボリュームの拡張

手順 3. プロンプトに従って操作を完了します。

Cドライブを縮小するには

手順 1. Cドライブを右クリックして「ボリュームの縮小」を選択します。

ボリュームの縮小

手順 2. ポップアップウィンドウで、縮小するスペースの量を入力して「縮小」ボタンをクリックします。

縮小

手順 3. 少し後で、Cドライブの後ろ、未割り当て領域が出てきます。未割り当て領域を新しいパーティションを作成することができます。

AOMEI Partition Assistant ServerでCドライブのサイズを変更

推奨ソフトAOMEI Partition Assistant Serverは、Windows Server 2019、Windows Server 2016など、さまざまなエディションのWindows Serverと互換性があるプロなパーティション管理ソフトです。また、別のパーティションから空き容量を割り当てることによってCドライブ容量を増やすことを可能にし、移動不能ファイルの制限を超えてCドライブを縮小することもできます。さらに、データを損失することなくダイナミックディスクをベーシックディスクに変換したり、新しいハードドライブにWindows Serverをクローンするなど、他にも多くの優れた機能があります。最も重要なことは、ディスクの管理の使い方よりもっと簡単で、初心者さえ操作出来ます。

Serverの無料体験版 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

空き領域を割り当ててCドライブの容量を増やすには

手順 1. メインインターフェイスで、Dドライブを右クリックして「空き領域を割り当てる」を選択します。

空き領域を割り当てる

手順 2. このポップアップウィンドウで、割り当てたいサイズを選択して、ターゲットドライブとしてCドライブを選択してから「はい」をクリックします。

空き領域を割り当てる

手順 3. 操作を確認した後、「適用」と「続行」をクリックして完了します。

適用

ヒント:もし、未割り当て領域がある場合は、未割り当て領域をCドライブに直接結合できます。

Cドライブの容量を縮小するには

手順 1. Cドライブを右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択します。

Cドライブを縮小

手順 2. ポップアップダイアログで、スライドバーを左にドラッグしてCドライブを縮小します。そして「はい」をクリックします。

Cドライブを縮小

手順 3. 最後に「適用」と「続行」をクリックして完了します。

まとめ

Windows Server 2019でCドライブを拡張するか縮小するかにかかわらず、AOMEI Partition Assistant Serverは大いに役立ちます。実際、データを失うことなくダイナミックディスクをベーシックに変換したり、アプリケーションをあるドライブから別のドライブに移動したり、Windows Serverを新しいハードドライブにクローンしたりするなど、他にも多くの優れた機能が備わっています。

1つの企業内の無制限のサーバーまたはWindows PCでこれらの機能を体験するには、AOMEI Partition Assistant Unlimitedを試すことができます。