ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月04日

Windows Server 2019/2016/2012/2008/2003で、Cドライブを拡張/縮小する方法が知らない時、この記事を従って、Cドライブサイズの変更を行います。

Windows Server 2019でCドライブのサイズを変更する?

通常、CドライブはOSがインストールされているシステムドライブです。他のパーティションに十分なスペースが残っている間、Cドライブがほぼいっぱいになっていることを見つけることは珍しくありません。

Cドライブが低容量になったら、PCが重くなります。もし、Cドライブのサイズは多すぎなら、他のパーティションはデータを格納する十分な領域がありません。だから、時々Windows ServerでCドライブのサイズを変更する必要があります。

Windows Server 2019でディスクの管理でCドライブのサイズを変更

Windows Server 2019/2016/2012/2008/2006/2003などのディスクの管理でどうすればCドライブを拡張または縮小するんですか?まず、Windows+ Rを押して、「diskmgmt.msc」と入力してEnterを押して「ディスク管理」に入る必要があります。

パーティションを削除してCドライブを拡張するには

ヒント:この方法はデータが失いますから、大切なデータを前にバックアップしてください。

1. DドライブがCドライブのすぐ後ろの場合は、Dドライブを右クリックして「ボリュームの削除」を選択し、「はい」をクリックします。

2. Cドライブを右クリックして「ボリュームの拡張」をクリックします。

ヒント:Cドライブのすぐ後ろに連続した未割り当て領域がある場合は、未割り当て領域をCドライブに直接拡張できます。

Cドライブを縮小するには

1. Cドライブを右クリックして「ボリュームの縮小」を選択します。

2. ポップアップウィンドウで、縮小するスペースの量を入力して「縮小」ボタンをクリックします。

3. 少し後で、Cドライブの後ろ、未割り当て領域が出てきます。未割り当て領域を新しいパーティションを作成することができます。

AOMEI Partition Assistant ServerでCドライブのサイズを変更

推奨ソフトAOMEI Partition Assistant Serverは、Windows Server 2019、Windows Server 2016など、さまざまなエディションのWindows Serverと互換性があるプロなパーティション管理ソフトです。また、別のパーティションから空き容量を割り当てることによってCドライブ容量を増やすことを可能にし、移動不能ファイルの制限を超えてCドライブを縮小することもできます。さらに、データを損失することなくダイナミックディスクをベーシックディスクに変換したり、新しいハードドライブにWindows Serverをクローンするなど、他にも多くの優れた機能があります。最も重要なことは、ディスクの管理の使い方よりもっと簡単で、初心者さえ操作出来ます。こちらからダウンロード

空き領域を割り当ててCドライブの容量を増やすには

手順 1. メインインターフェイスで、Dドライブを右クリックして「空き領域を割り当てる」を選択します。

Cドライブのサイズを変更

手順 2. このポップアップウィンドウで、割り当てたいサイズを選択して、ターゲットドライブとしてCドライブを選択してから「はい」をクリックします。

空き領域を割り当てる

手順 3. 操作を確認した後、「適用」と「続行」をクリックして完了します。

適用

ヒント:もし、未割り当て領域がある場合は、未割り当て領域をCドライブに直接結合できます。

Cドライブの容量を縮小するには

手順 1. Cドライブを右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択します。

Cドライブを縮小

手順 2. ポップアップダイアログで、スライドバーを左にドラッグしてCドライブを縮小します。そして「はい」をクリックします。

縮小

手順 3. 最後に「「適用」と「続行」をクリックして完了します。

ヒント:Cドライブを縮小すると、未割り当て領域ができます。他のパーティションに追加することも、新しいパーティションを作成することもできます。または、ITサービスプロバイダーや企業である場合は、台数無制限のPCやサーバー向けAOMEI Partition Assistant Unlimited版をお勧めします。