By Asher / 最後の更新 2022年05月17日

Windows Server 2016パーティションリサイズについて

Windows Server 2016でのパーティションリサイズとは、パーティションを縮小するまたは拡張することです。Windows Server 2016オペレーティングシステム(OS)がインストールされたら、ハードディスクも分割されます。

しかし、コンピュータを使用し始める場合、C:ドライブまたは他のドライブの容量はプログラムのインストールやファイルの作成の後、小さくなってきます。別の用のための新しいパーティションを作成しようと思うかもしれませんから、パーティションをリサイズしないといけないです。パーティションのリサイズはただプロができる能力だと思うかもしれませんけど、実際には、データ損失なしで数回のクリックでパーティションをリサイズすることができます。

方法1:Server 2016ディスクの管理でパーティションをリサイズ

Windows Server 2016の「ディスクの管理」は、ハードドライブとパーティションまたはボリュームを管理するために設計された組み込みのユーティリティです。パーティションまたはボリュームをリサイズするには、パソコンの管理者としてログインする必要があります。パーティションまたはボリュームを縮小し、新しく作成された未割り当て領域でパーティションを広げるか、新しいパーティションを作成することができます。

手順 1. サーバマネージャ(Server Manager)>ストレージ>ディスクの管理をクリックして「ディスクの管理」を起動します。

手順 2. 「ボリュームの縮小」:縮小したいパーティションを右クリックして「ボリュームの縮小」をクリックします。

ボリュームの縮小

手順 3. この画面で縮小したい値を入力する必要があります。

縮小

手順 4. 「パーティションの拡張」:ディスクの管理で拡張したいパーティションを右クリックして「ボリュームの拡張」をクリックします。

ボリュームの拡張

手順 5. 拡張のダイアログで拡張したい値を入力して「次へ」をクリックして始めます。

Windows Server 2016パーティションリサイズツール「ディスクの管理」には制限があります。例えば、縮小できるパーティションまたはボリュームのサイズはただ空き領域の半分容量ですし、右側に未割り当て領域が隣接しているパーティションまたはボリュームだけを拡張できます。幸いなことに、AOMEI Partition Assistantでは以上の制限を解消することができます!

方法2:AOMEI Partition AssistantでServer 2016パーティションをリサイズ

AOMEI Partition Assistant ServerはServer 2016でパーティションを拡張できる強力な第三者ソフトウェアです。簡潔明瞭なメインインターフェイスでパーティションを楽にリサイズし、移動することができます。このソフトはWindows Server 2016だけでなく、Windows Server 2022、2019、2003、2008(R2)、2012(R2)やWindows PCシステムなどのほとんどのWindows OSをサポートできます。

Serverの無料デモ版ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Serverのデモ版をダウンロードして起動し、縮小したいパーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」をクリックします。

パーティションをリサイズ

手順 2. この画面では、スライダーバーをドラッグして未割り当て領域を作ることができます。また縮小したい具体的な値を入力できます。そして「はい」をクリックして続行します。もしパーティションを縮小したいだけなら、「適用」をクリックするまではもう結構です。

手順 3. 未割り当て領域が作成されたから、今はこのハードディスクで任意のパーティションを拡張できるようになります。拡張したいパーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。未割り当て領域が拡張するパーティションに隣接していない場合は、パーティションを移動して隣接させることができます。

手順 4. 「パーティションを移動、リサイズします」のダイアログで、スライダーバーを右側へドラッグしてパーティションを拡張します。あるいは拡張したい具体的な値を入力してパーティションを拡張することができます。そして「はい」をクリックして続行します。

拡張

手順 5. もしすべてがうまく設定されたら、「適用」をクリックしてプロセスを始めます。プロセス後、HDDの変化はすぐ分かります。

適用

後書き

この記事では、Windows Server 2016のパーティションサイズを調整する2つの方法について説明します。1つはディスクの管理を使用する方法、もう1つはサードパーティのツールを使用する方法です。Windowsの内蔵パーティションツールを使用すると、いくつかの制限があり、データも失われるかもしれません。でも、AOMEI Partition Assistant Serverを使用すると、操作が簡単であるだけでなく、データが失われることもありません。さらに、AOMEI Partition Assistant Serverは他の便利な機能を備えています。例えば、SSDへのOS移動、ディスククローン、Windows to Go Creator、ブータブルCDの作成など。とにかく、自分のニーズに応じて適切な方法を選んでください。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。